« はじめまして こんにちは | トップページ | ダイエット »

2006年1月25日 (水)

寒鱈の味噌仕立て鍋

 寒い、寒い、、こんな日は鍋料理にかぎる。 朝、魚市場へ行くと、日本海からの新鮮な真鱈、少し小さめのがあった。一匹700グラム、なんと350円 二匹買って一匹は近くに住む長男の家に届けた。

 1月9日、豪雪の北陸、糸魚川の駅前の小さな旅館に泊まった時、小ぶりの真鱈を身は塩焼き、頭を味噌汁で食べさせてもらった。昆布の出汁にネギの刻んだのをたっぷり薬味に入れた白味噌仕立ての熱いお汁は実に旨い。お代わりして二杯もいただいた。この旅館の女将は京風の料理に自信を持っていた。「美味しいですね。お出汁は?」と聞くと、「昆布の出汁です」と、どんなもんだと言わんばかりである。「いえ、粉末の出汁の素です」と言う答えが返ってきたら困るなあ、、と此方も思いつつ聞いてみたのである。

 煮物、和え物、他の日本海の海の幸、寒ぶり、するめイカ、甘エビの刺身、ほたるいかの塩辛、、美味しかったのは言うまでもないが、真鱈の味噌汁の旨さは格別であった。

 今日、手に入った真鱈は卵巣や白子が入っていないために安いのであるが、味噌鍋には十分である。鍋に昆布を浸して出汁をとり、腹だけ出して肝は大事に残して頭も一緒にぶつ切りにしたのを入れ、ネギ、白菜、豆腐を入れて、煮上がってのを見定めて味噌で味を調え、柚子の皮を薬味に入れれば出来上がり。

是非、お試しあれ!!

|

« はじめまして こんにちは | トップページ | ダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/8334055

この記事へのトラックバック一覧です: 寒鱈の味噌仕立て鍋:

« はじめまして こんにちは | トップページ | ダイエット »