« 料理ほど創造的なものはない | トップページ | 万作が咲いた »

2006年2月 6日 (月)

名古屋名物 鶏の手羽先

名古屋の美味しいものといえば、きし麺、味噌カツ、味噌煮込みうどん、それに鶏の手羽先の焼いたのである。かれこれ27~8年前、名古屋へ出張するたびに、駅前の堀内ビルの裏の居酒屋で営業所のMさんと手羽先を食べるのが楽しみであった。大きなお皿に一杯に並べた手羽先を無心に食べた。骨のぽりぽりかじって跡形もないくらいであった。

あるとき板前さんに秘伝の作り方をそっと教えてもらったのである。もう時効だと思うので、このブログに公開しましょう。

鶏の手羽先(スーパーで売ってるけど安いんだ)を生のままでサラダ油で素揚げする。こんがりと黄色くなるくらいに揚げるのが良い。みりんと醤油、砂糖で作った甘いタレを刷毛で揚げた手羽先の表面に塗って、オーブンで焦がさないように両面をさっとあぶる。2~3回くらい繰り返してタレを塗ってあぶると美味しくなる。

お皿に受けて熱いうちに手羽先の表面に炒りゴマをパラパラとふりかける。好みによっては七味唐辛子を少々振りかけても良し。

img_2915 お皿に盛り付けて、熱いうちに手でつかんでバリバリと食べると最高である。名古屋コウチンの手羽先が最高ですが、手に入らないのが残念である。

手羽先でなく、鶏のモモ肉の大きめのぶつ切りや豚肉ブロックのぶつ切りを油で素揚げして同じようにやっても美味しいです。

素揚げしないで、ガスオーブンの中で火を中までとおすには、表面が焦げてしまう。まして醤油タレをつけると、中まで火が通らずに表面だけが黒々と焦げてしまう。

しかし、このやり方だと、ほんのりと軽くきつね色に仕上げることが出来る。

ホームパーテイーで、大皿に山盛りに盛って並べると壮観、殺到して真っ先に食べてなくなりますよ。

写真では、イワシのすり身にごぼうのササガキとネギの刻んだのを混ぜて、油で揚げたのを一緒につけています。付け合せの野菜はブロッコリーとパセリ(畑からの収穫)です。IMG_2919

イワシのすり身は他にも鍋料理に入れたり、料理での使い道が多い。

|

« 料理ほど創造的なものはない | トップページ | 万作が咲いた »

コメント

はじめまして。
ブログに足跡を付けて頂きまして
ありがとうございました。

鶏の手羽先料理、私も作ってみます。
実は私自身は、鳥のトラウマがあり
鳥が食べられないのです。(^_^;)
でも、子供達は大好きなので
次回はこれでチャレンジしてみますね。

夫もプランターで野菜作りをしています。
畑ではないのでなかなかうまく行かないのですが
本人はそれでご満悦のようです。(笑)
今はにんじんができているようで
いつでも収穫して良いと聞いています。

これから春になると忙しくなりますね。
お魚の干し物もお作りになるのですね。
いつかやってみたいと思いつつ
未だにやっていないのもイカの一夜干しです。

ダイエットの成功のコツは
間食なしでしょうか?
この数日、仕事がなくて家にいて
ついつい食べる日々です。
来週からはちょっと忙しくなるから
元に戻ると良いなと勝手に祈っています。(笑)

どうかよろしくお願いします。

投稿: 陶片木 | 2006年2月10日 (金) 19時24分

陶片木さま
ナベショーのブログにもお立ち寄りくださりありがとうございます。
ダイエットの成功の秘訣、、、、3食きちっと食べること、総カロリーをきちっと管理すること、毎日10000歩以上歩くこと、これらを守ってもねえ~ 時々の○○会なる飲み会で一ヶ月の努力の成果が元の木阿弥になってしまうのを如何とするか~
これからもよろしくお願いします。
またお立ち寄りください。

投稿: ナベショー | 2006年2月13日 (月) 00時15分

こんにちは。TBありがとうございます。

私も、名古屋の手羽先料理が大好きです。
学生時代に名古屋出身の人と友人になり、手羽先を紹介してくれました。
20代の頃はたくさん食べることができたので、ビールを飲みながら夢中で食べたのを思い出します。

素揚げしてからタレをつけて焼くと、あの味になるんですね〜。
私も、挑戦してみます!

投稿: noriko | 2006年3月 6日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/8538279

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋名物 鶏の手羽先:

« 料理ほど創造的なものはない | トップページ | 万作が咲いた »