« 博士の愛した数式 | トップページ | 何と4Kg減量 »

2006年2月 3日 (金)

ヨーグルトの大根サラダ

先日、ジゴロウさんのブログ「俺パソの憂鬱」(http://fuji.daa.jp/)で教わった「大根サラダ」を若干アレンジして作ってみた。

、、、と言うのは畑からとっても甘くて美味しい大根を収穫してきたこと、それから、自家製ヨーグルト(カスピ海ヨーグルト)が炬燵の中で加温しすぎて分離し(トホホ、、、)木綿豆腐のようになってしまったことである。

ジゴロウさんのレシピーでは、大根の短冊切りに辛し明太子とマヨネーズを和えたサラダであり、醤油を少しかけていただく。これは実際に作って食べたが実に美味しい。マヨネーズと醤油は合うのである。土佐の漁師はかつお漁船の上で、かつおのタタキにネギとマヨネーズと醤油で食べる。これは誇張ではなく、美味しい。

img_2879 ナベショーはマヨネーズの代わりに、木綿豆腐のような出来損ないの分離ヨーグルトを使ってみたのである。実際に味わってみると、若干マヨネーズを併用したほうが美味しい。器に盛ってパセリの葉を散らして彩りをつけてみた。季節のフキノトウや浅葱やノビルのみじん切りをのせるのも美味しいと思う。ちょっと醤油を垂らしてみる。大根の甘さと口の中での歯切れよさ、辛し明太子のプチプチした塩味、、さわやかな木綿ヨーグルト、なかなかの美味しさである。是非 お試しあれ、、。

今夕食はこのサラダのほかに、生鱈の切り身を軽く塩を振り、カレー粉入りの小麦粉をまぶして、フライパンで焼いたムニエルである。畑のキャベツとパセリを付け合せた。img_2883

他にアゲとわかめの味噌汁をつけた。少し総カロリーが多かったかな?

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | 何と4Kg減量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/8489052

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーグルトの大根サラダ:

« 博士の愛した数式 | トップページ | 何と4Kg減量 »