« 寝台特急「出雲」 | トップページ | 琵琶湖の鮒寿司 »

2006年3月19日 (日)

養蜂 蜜蜂がやってきた

IMG_3505syukusyou イカリソウ(錨草)

 花の形が錨そっくり、庭の隅にもう一輪だけ咲いていた。

 白やピンクが普通というが、我が家のは紫色である。

 

 

 昨日は夕方から雨という予報だったので、早朝からハダニ退治の消毒の準備をして午前中までに、茶園の薬剤散布を終えた。ゴアテックスの雨具にゴム手袋、マスクして地下足袋はいての完全防着である。IMG_3480syukusyou

 4駆軽トラに500Lポリタンク、動力ポンプ、100mホース、噴霧器を積み込み、途中の給水ステーションで500Lの水を供給し、急斜面の農道を登った。100mホースの半分をまず茶園の斜面下まで伸ばし、再び斜面の上に伸ばす。それから配管して、ポンプのエンジンを始動し、薬剤をタンクに投入して準備完了。

 3mの竿の噴霧器で両側2列づず、4列を同時に噴霧する。噴霧圧力が強いと、後もう少しを残したところでタンクが空になる。弱いと残ってしまう。この辺のさじ加減が難しい。

 1時間半ほどで散布を終え、ホースを巻き上げて終了、帰宅してからタンクや機械、ホースを水洗して倉庫に収納して終わった。

 一週間前から注文していた蜜蜂の群れと養蜂器具一式が届いたとの連絡があったので、近くの養蜂会社へ受け取りに行った。

 社長さんから一通りの説明を受け、蜂が飛び出さないように出入り口の隙間を封印して車に積んだ。帰ったら置き場にセットして、直ぐ出入り口の蓋を開けて蜂が出入りできるようにしなさいとの指示通り、庭に箱を置いて、釘を抜いて蓋を引き上げたら、ワッとたくさんの蜂が飛んで出てきて、あっという間に頬と両手、頭を刺された。

 後でマニアル見たら、巣箱を移動した時は、蜜蜂が興奮してるので、静置してしばらく落ち着かせてから隙間の蓋を開けることと書いてあった。

 防具の網を被って、ゴム手袋して、そっと上蓋を開けた。お腹が空いているので濃い砂糖水を餌箱に供給するためである。箱の中は蜜蜂が黒い塊になっていた。また、ワ~と飛び出したが、大丈夫と思ったら、今度は足首のストッキングの上から刺された。

 今朝は晴天、よく晴れていた。蜜蜂達は盛んに箱から出入りして飛び回り、庭の満開の紫スモモや菜の花に群がって蜜を集めていた。でも午後3時頃を過ぎると、蜂は活動を止めて、ほとんど箱の中に入っているようであった。syukusyou

 今日は獲れたてのキラキラした丸鯖、カレイの縁側、生藻海雲(モズク)の料理である。

 しめ鯖とカレイの縁側のお刺身、生藻海雲(モズク)の酢物、茹でほうれん草、鯖のアラのお吸い物である。新しい鯖が容易に手に入るのは幸せである。

 時々カレイやひらめの縁側だけを売っている。食べきれないほど入っていたが700円くらい。写真はその半分である。

 さっと、火で炙って塩かけて食べても美味しそうである。 IMG_3514syukusyou IMG_3516syukusyou IMG_3517syukusyou IMG_3518syukusyou                                                 

|

« 寝台特急「出雲」 | トップページ | 琵琶湖の鮒寿司 »

コメント

今日、藤枝の国道一号谷稲葉インター北、東国寺そばの枝垂桜を見に行ってきました。とても蜂が多かったのですがこの養蜂所の蜂かな?

投稿: イーサン | 2006年3月19日 (日) 20時11分

イーサン様
静岡県は山も深く、蜜柑の花など、花が豊富なためか、養蜂が盛んですね。私が購入したのは岡部に近い藤枝市仮宿の養蜂家です。

投稿: ナベショー | 2006年3月19日 (日) 21時09分

鯖はどう料理しても」美味しい魚ですが、それにしても豪快なアラ汁ですね。大阪の取材で『船場汁』を覚えてから丸ごと買った時は作ります。最近は丸ごと売っている魚が少ないです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年3月20日 (月) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9160922

この記事へのトラックバック一覧です: 養蜂 蜜蜂がやってきた:

« 寝台特急「出雲」 | トップページ | 琵琶湖の鮒寿司 »