« 春の山 | トップページ | 納豆の天婦羅 »

2006年3月12日 (日)

孫のためのクッキーづくり

IMG_3345syukusyou 雪やなぎ  

 数十本の大株になり、柳のように枝垂れる雪やなぎは、道行く人が、一時足を止めて見とれるほどである。しかし、よく見ると小さい白い花の集合であり、花が散る時は雪にようである。

 孫が私立から公立幼稚園にかわるため、お別れの記念にクッキーをお世話になった先生やお友達に配るという。

 2個ずつラップして60人分、最低120個のクッキーが必要である。このココログの「美味しいもの専科 by bisdeli 」さんから教えてもらった美味しいアーモンドクッキーを長男の嫁さんに頼まれて、おじいちゃんが作ることになった。

 アーモンドパウダー、小麦粉、グランニュー糖、無塩バター それぞれ600Grを配合、混練する。少しずつちょん切って直径約1cmに丸めてプレートの上に並べる。その上にアーモンドを乗せて200度に余熱したオーブンで160度で9分焼く。冷ました後に溶融チョコレートで二枚を挟んで冷却して出来上がり。7~8分では短くて、冷やした後に真ん中が落ち込む。9分以上では焦げてくる。丁度良いのが8~9分である。

 まあ、化学の実験をしているようなもので、元ケミストとしては料理と同じで手馴れたものである。

 全部で340枚焼いて、チョコレートではさんだので170個のアーモンドチョコクッキーが出来上がった。

 明日、嫁が家に取りに来る。しかし、このクッキーは美味しい。「貴婦人のキッス」という名前のクッキーで、150年まえからイタリアに伝わる有名なクッキーだという。きっと幼稚園のお母さん達の間で評判になるよ!

IMG_3356syukusyou

|

« 春の山 | トップページ | 納豆の天婦羅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9059663

この記事へのトラックバック一覧です: 孫のためのクッキーづくり:

« 春の山 | トップページ | 納豆の天婦羅 »