« 木瓜(ボケ) | トップページ | 伊豆 城ガ崎海岸 »

2006年3月25日 (土)

木瓜 (2)

syukusyou 木瓜

木瓜の花は一重の単純な花が美しい。

 同じ赤でも黒っぽい濃赤色やピンクに近い赤、同じ枝に薄いピンクや白い花、白と赤の混じった花びらなどもある。

 自然の野生の木瓜もあるが、多くは品種改良されて、八重の大きな花のものが売られている。

 しかし、やはり、野の木瓜に近い単純なのが好きである。

 枝には鋭い針がたくさん並んでいて、手を刺すことがある。

 木の背丈はせいぜい1m前後の潅木だが、春に花が咲いた後に地面から若い枝がどんどん新たに伸びて来て、数年も経つと十数本以上の大株になる。

 適度に古い木と新しい木、古い側枝を剪定しないと、手が付けられないほどのブッシュになってしまう。しかし、そのようなとてつもない大株が花をつけると壮観である。

 広島でのある春の日の山歩き、山の奥の峠の道、半分崩れかけた廃家の踏み込めないほどの荒れ果てた庭に、繁るに繁った超大株の木瓜の赤、ピンク、白混じりの花が見事に満開であった。

 故郷の母が他界してもう6年になる。その母が住んでいた家の敷地の一角に、大きな木瓜の株があった。母が死んだ時、母が育てていた小さな挿し木苗を静岡に移した。もう数十本の大株に育って、美しい花をつけている。

 故郷の家から移したものには、他に、牡丹、深山モミジ、霧島ツツジ、エビネラン、ナンテンなどがある。

 今日は、昨夜作って冷蔵庫で寝かしてあった平鯖のお鮨を一本ずつ、焼津の長男と浜松の次男の家に届けて、残った一本はこちらで食べた。これだけの脂の乗った厚い身の鯖寿司、外で食べたら一本2000円近くするだろうな。

 皆、父に似てグルメだから、美味しい料理の差し入れ甲斐がある。

 気がついたら、もうお腹の中、写真を撮り忘れ、今日は料理の写真はなし、、、、。

 明日から二日間は伊豆高原の旅行、城が崎海岸が楽しみだ。

|

« 木瓜(ボケ) | トップページ | 伊豆 城ガ崎海岸 »

コメント

ナベショーさん、こんばんは。
植物のこと大変勉強になります。私は植物の心得が無い者ですので。旅行楽しんで行ってきて下さい。

投稿: イーサン | 2006年3月25日 (土) 20時58分

鯖鮨、大好き!。自分で作ると酢加減・締め加減が好みに作れ、より美味しいのですが、なかなかいい鯖が・・・。城が崎の吊橋で震えて来て下さい。岩場で波しぶきを被って下さい。いい所です。まだ河津桜は散り残っているでしょうか?。良いご旅行を。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年3月25日 (土) 21時23分

こんにちは 素敵なブログですね わたしはパソコンのビギナーです 誰かがそばでヘルプしてくれないとなんにもできません けれど たゆまざる あゆみ おそるべし かたつむり の精神で前進したいと思っています 

投稿: なぎさ | 2006年3月27日 (月) 11時28分

イーサン様、ばら色様
気のあった仲間との楽しい旅でした。
春の海、ひねもすのたりのたりかな、、、穏やかな海、暖かい日和、たくさん歩いたので汗、ダクダクでしたよ。
なぎさ様、
ナベショーのブログにようこそ!素敵なブログと誉めてくださり、うれしいです。

投稿: ナベショー | 2006年3月28日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9253968

この記事へのトラックバック一覧です: 木瓜 (2):

« 木瓜(ボケ) | トップページ | 伊豆 城ガ崎海岸 »