« ミヤマキリシマツツジと母の思い出 | トップページ | 製茶機の掃除 »

2006年4月21日 (金)

野菜苗の植え付け

Img_4416syukusyou キランソウ(金瘡小草)

 放射状に地面に張り付いているような姿から「ジゴクノカマノフタ 地獄の釜の蓋」の別名がある。薬草として使われ、地獄の釜に蓋をして病人をこの世に追い返すという意味らしい。中国では慢性気管支炎の薬、日本でも民間薬として「イシャコロシ」と呼ばれる。

 野草に興味を持った頃、面白い名前なので、キランソウの名と共に別名も直ぐに覚えた。

 お茶が始まると、約2週間、5月の中頃まで畑が出来ない。先日から野菜畑を耕し、堆肥を入れて準備していたが、今日は畝をつくり、夏野菜の苗を植えた。

 土の中からオケラが出てきた。Img_4409syukusyou ユーモラスな虫、大きな頭と口で土を掘り返して、必死で潜っていこうとする。

 近くの苗屋さんから茄子5本、トマト6本、きゅうり5本、ピーマン5本、とミツバの苗を買った。

 出来上がった畝の真ん中を掘って豚糞堆肥と化成肥料を蒔き、混ぜてから、土を乗せて、その上に、野菜の苗をポットから抜いてしっかりと埋めた。さらに別の畝には枝豆とほうれん草の種を蒔いた。

 苗の側には支柱を立てて紐で Img_4426syukusyou苗が風で倒れないようにした。水をまいて後は根がはって成長するのを待つばかりである。

 2月に植えつけたジャガイモの芽が出てきたので、芽欠きをして、2~3本にして、化成肥料をやって土寄せを行った。

 スナックエンドウも蔓が延びてきたので、追肥を施し、蔓が蒔きつくための竹の枝を補充した。

 2週間前に植えつけキャベツとブロッコリーも追肥を施し、種を蒔いた小蕪と大根、牛蒡は、びしりと小さな芽が出ていたので、ピンセットで間引いた。長芋も小さな芽を地表に出していた。

 玉ねぎは葉は大きく成長しているが、まだ根元は小さくて玉になっていない。 5~6月頃には玉が成長して、葉が倒れるようになったら収穫するらしい。Img_4420syukusyou

 ここまでやっておけば、まずは一段落、時々様子を見ながらお茶に専念できる。

 畑の全景と我が愛車の4駆軽トラである。

 野菜畑は懇意のお茶問屋さんの土地で、昨年秋から耕して畑になったのはまだ30坪くらいである。全部畑にすれば150坪くらいあるけど広すぎる。

Img_4429syukusyou Img_4430syukusyou                

 さて、今日の夕食は、「五島列島風 筍と焼き鯖の炊き込みご飯」と「かつおのタタキ」、「筍の煮物」「ワケギの球根・味噌」である。 「五島列島風炊き込みご飯」は美味しくてお泊りに来ている孫達も御代わりをした。

Img_4437syukusyou Img_4432syukusyou_1 Img_4433syukusyou_1 Img_4438syukusyou

 昨年植えたワケギがたくさんに分球したので、掘り起こして、らっきょやエシャロッテのように球根に味噌をつけて食べてみた。

 これは、らっきょのように塩漬けや甘酢漬けにしても美味しそうである。

|

« ミヤマキリシマツツジと母の思い出 | トップページ | 製茶機の掃除 »

コメント

キランソウは五島でもポピュラーですよ。でもマムシの習性を知ったからにはうかうか薬草など採りに行かないことにしましょう。マムシが見過ごしてくれるといいのですが、、、。

投稿: なぎさ | 2006年4月22日 (土) 12時20分

あまりに草花のことに疎いので『山野草』(主婦と生活社)と言うホーム園芸の本を買いました。
開く段になって気がついたのは、名前を知らない花を多くの写真から探し出すことの難しさ。
イカリソウとかキンランソウのように、ご紹介済みの花は直ぐに見つけられたのですが・・・。
意味無くボンヤリと「ア、この花キレイ」なんて、ページを捲っています。
索引を見ても、どんな花か見当も付きませんもの。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月22日 (土) 14時40分

たけのこご飯、お孫さんがお代わりしてくれてよかったですね。賑やかな食事の風景が目に浮かぶようです。

これだけの畑の手入れをするのは大変でしょう。これからはお茶のシーズンなんですね。楽しんでがんばってくださいませ。茶畑にマムシはいないんでしょうか?

投稿: なぎさ | 2006年4月22日 (土) 21時43分

ばら色婆ァバ様
外出や散歩の時に、山野草の本で路傍の草花の名前を調べると、どんどん覚えていきますよ。
そして、こんなにあちこちで咲いているのに、どうして今まで気づかなかったのだろう、、て思います。
新しい世界が開けて、楽しいですね。

なぎさ様
マムシはいるかもしれません。時々、朝、農道で車に轢かれたマムシを見ます。夜に出てきて夕涼みをしていて車に轢かれるのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2006年4月23日 (日) 06時24分

どうして今まで気づかなかったのだろう、、。このフレーズ、いただきま~す。

投稿: なぎさ | 2006年4月27日 (木) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9698884

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜苗の植え付け:

« ミヤマキリシマツツジと母の思い出 | トップページ | 製茶機の掃除 »