« カリンのジャム | トップページ | 蓮華の花 »

2006年4月11日 (火)

山葵を畑に

Img_4109syukusyou 山葵

 この3月7日に安倍川奥の山伏岳へ登った時、渓谷沿の登山道に山葵がたくさん生えていた。

 安倍川沿いは昔から山葵栽培が盛んで、山葵田がたくさんある。大雨で渓流が氾濫した時に流されて来たのであろうか?

 葉や茎はそこそこ立派でも、八百屋さんに売っているような立派な根っこは無い。がっかりするほど小さな根が申し訳程度にくっついている。それであっても茎も葉も塩で揉んで三倍酢に漬けると美味しい。

 しかし、何とか売っているような立派な山葵を栽培できないか、、、と、山伏岳から小さな苗を採ってきて、我が野菜畑の側の溝に植えた。

 ここには昔の井戸があって、今も井戸から夏でも冷たい水が溢れて、溝に流れて池に注ぐ。この溝は今はクレソンが増えて溢れるばかりである。

 そのクレソンを半分くらい引き抜いて、そこに山葵を植えつけた。4~5センチの小さな苗が大きくなって茎も葉も増えて、遂に白い花も咲いた。

 肥料も施して大きく育てる、、、どれくらいの期間で収穫できるのだろうか?

 収穫した山葵で本マグロの大トロを食べる、、、、楽しみ、楽しみ!!!

 野菜畑から、数百m奥に車を走らせたところ、山の谷に沿った農家の裏山斜面に美しい枝垂れ桜を発見した。なんと今まで気がつかなかったのだろうか。

Img_4103syukusyou Img_4092syukusyou Img_4098syukusyou_1

 

 

大きな2本の枝垂れ桜とミヤマツツジが屋根に覆いかぶさるように咲いていた。

 きっと、この家の自慢の桜なのだろう。実に見事で立派な桜である。

今日は、JRで東京へ日帰りした。行きは昼前というのに暗くて重い雲で太平洋の灰色の海と空の区別もつかないほどであった。

 会社時代の気の合った先輩、同僚たち4人で東京駅で待ち合わせた。お昼からビールと料理、夕方5時までしゃべっていた。

 定年退職した者ばかりでラフなカジュアルスタイル、、、時々こうして集まって楽しい時を過ごす。ナベショーのブログの読者でもある。ナベショーにこんな才能があるとは知らなかった、、、と。

 こんな才能???、、、ちょっとしたことを、こ~んなに膨らませて書く才能、、だって。

 まあ、会社現役時代だって、社長からナベショーの企画書のグラフは縦軸を1/3 横軸を3倍にしたら丁度良し、、といつも言われてたけどな~。

 今日のJRでの往復、行きは鈍行、帰りは新幹線となったが、先日の18キップの旅とあわせて、遂に 宮本 輝の「にぎやかな天地(上、下)」を読み終えた。

 宮本 輝はナベショーの大好きな作家の一人である。

|

« カリンのジャム | トップページ | 蓮華の花 »

コメント

ナベショーさん、こんばんは。
安倍川沿いの山葵といえば、やはり有東木。山葵発祥の地でもありますね。今年、山葵の花を撮りたかったのですが忘れてしまって時期が過ぎてしまいました。トホホ。

投稿: イーサン | 2006年4月11日 (火) 22時55分

そう、山葵の発祥の地 有東木 ですね。
山葵の花 まだ咲いているのでは、、、
5月中旬、有東木から地蔵峠、尾根伝いの下十枚山への白ヤシロ、ミヤマツツジが綺麗ですね。

投稿: ナベショー | 2006年4月11日 (火) 23時45分

 ナベショーさん。コメントありがとうございました。全くコメントもなく、記録と自己満足のためにブログを開設しておりますが、コメントを頂いて、本当にうれしく思いました。椿は狭い庭に30本ほどあり、毎年楽しみにしております。
 ナベジョーさんのサイトも拝見させて頂きました。定年後の人生、美しい花や木々の写真、備前焼き、ジャム作りなど小生のサイトと一致する点も多く、早速お気に入りに登録しました。時々、小生のサイトも覗いていただけると幸いです。

投稿: フーテンのジョー | 2006年4月12日 (水) 11時24分

ナベショー様にお願いがあります。数年前に、クレソン入りのパンを頂き美味しかった記憶が・・・。沢山のクレソンがあるようなので、お時間のある時に試し作りをしてみて下さい。多分ミキサーにかけて使ったのだと思いますが、手作りパン屋でした。美味しく出来たら、ブログに写真を入れて下さいね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月12日 (水) 17時34分

ばら色婆アバ様
ナベショー、、、、パンは焼いたこと無いんです~が、クレソン入りのパン、一度チャレンジしてみましょう。
、、、でもちょっとプレッシャー感じるなあ~。
クレソン入りお好み焼き、ピッザ、スパゲテイーなら簡単なんですが、、、、

フーテンのジョー様
ほんとに趣味ややっていることの共通点が多いと思いました。
これからもどうぞよろしく、楽しい人生を送りたいですね。

投稿: ナベショー | 2006年4月12日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9539709

この記事へのトラックバック一覧です: 山葵を畑に:

« カリンのジャム | トップページ | 蓮華の花 »