« シャクナゲの花 | トップページ | 兎追いし~、小鮒釣りしかの川 »

2006年4月30日 (日)

今年の新茶は?

Img_4696syukusyou ナガミヒナゲシ

 ヨーロッパ原産の一年草、園芸種のようだけど野草、朝に咲いて夕には散ってしまう。

 野原や道端に咲いている。 ばら色婆ァバさんが昨日に写しておられた花です。

 花の後に出来る実が長い形なのでナガミと呼ぶ。ポピーなど普通のケシの実は丸い。

 今日も一日、家の周囲、庭の草取り、、お茶が遅れているので、このGW中に終わらせよう。今日も茶園を見に行ったが、今週末くらいに、早いところの茶の収穫が出来るか否か、、というところである。

 お茶農家は「今年のGWはどこか遊びで旅行でもするか、、」と半分冗談、半分本気で言っている。

 この付近は全部そういう状態である。茶商は八十八夜に新茶を一斉に売りたいところだが、あいにく売るお茶が十分入手できなくて困っている。

 しかし、今年の寒さと霜の被害による新茶の遅れは全国的である。

 九州や暖かいところで、霜の被害を受けなかったところのお茶が入ってきてはいるが、暖かい地方の平地のお茶は香りもよくなくて美味しくない。

 やはりお茶は朝夕の寒暖差の大きい霧の出る山間冷地のお茶がもっとも品質、香りとも最高なのである。

 では、新茶の収穫が1~2週間遅れるだけで、お茶の美味しさ、品質は例年と変わらないか、、というと、どうもそうではないらしい。これだけイレギュラーな気候にさらされた新茶の香味がどうなるか、、興味あるところである。

 ナベショーの説、持論では、お茶は霜などの被害に曝されると、凍結から自身を守ろうとする自己防衛機能が働き、お茶の新芽の中に香味成分をたくさん蓄えて、濃度を高くする。

 従って、香りに関しては、良いお茶が出来るのではなかろうかと密かに期待している。

 植物も厳しい環境や逆境に置かれると、自己生存機能が働いて、たくさんの花を咲かせ、実を結び、根にはたくさんの薬効成分を生産する。

 人間も甘やかされるとだめだが、逆境の中で育った子供がたくましくなることも事実である。

 自宅近くの空き地に、一面青く見えるところがあった。もしや、、?と近づいて見たらやっぱりそうであった。先日に紹介した帰化植物「マツバウンラン」の群生地であった。Img_4702syukusyou Img_4705syukusyou

 九州に上陸し、西から東に勢力を伸ばして広がっている花であるが、広島で見たのが15年前、この西焼津駅前の芝生で見たのが10年前である。

 今はどこまで広がっているのであろうか? 当然、東京、関東地方を通り越して、東北、北海道まで勢力を伸ばしていることであろう。 

 今夕はヘルシーな野菜料理である。Img_4707syuku Img_4710syukusyou Img_4709

 

 

 トマト、エンドウ、キャベツ、豆腐、鶏肉のサラダ

 洋風野菜スープ(ミネストローネ)、細かく切った野菜と鶏肉を炒めて煮込み、コンソメで味を整えた。

 これだけ和風だが、大根と小蕪の間引きの胡麻和え である。

|

« シャクナゲの花 | トップページ | 兎追いし~、小鮒釣りしかの川 »

コメント

松葉海蘭(マツバウンラン)は、もしかしたら、あそこに咲いているアレ?、って思うのがあります。
俗に紫大根の花と言われている花だと思い込み、それにしては季節的に長く咲いているなぁ、と思っていました。
月に2~3度、一時間も走って、ジャスコ(都内に店舗無し)に行きます。途中の、町田から相模原にかけて路傍に群生しているのが、きっと“マツバウンラン”でしょう。
今夜の豆腐サラダ、美味しそう。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月30日 (日) 21時03分

松葉海蘭  是非、今度確かめてください。
30~50センチくらいの高さで1mmくらいの細い茎が上へス~と伸びて、先端に1~2mmの小さな青紫の花が10個くらい咲いています。
ほんとに可愛い花です。
葉は細くて松葉のようです。
今夜の、、、妻の料理です~。

投稿: ナベショー | 2006年4月30日 (日) 21時23分

おはようございます。
ミネストローネを見て、イタリアをふと思い出し、食べたくなりました。

先日、草花の本のアドバイスありがとうございました。早速本屋でみました。レベルが高そうなので、まずは基本から身に付けていこうと思っています。

投稿: ぞう | 2006年5月 1日 (月) 05時03分

奥様もお料理上手でいらっしゃる。
ン、もしや、ナベショー様は外でも大奮闘・活躍、内でも奥様の楽しみにまで進出して、シニア-ライフを謳歌していらっしゃるのでは?。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年5月 1日 (月) 12時42分

この近所にもマツバウンラン、ナガミヒナゲシが数輪ですが咲いています。
今夜もヘルシーなメニュですね。

投稿: ぼのむ | 2006年5月 1日 (月) 17時19分

ばら色婆ァバさま
妻の楽しみにまで進出、、?
いやいや、妻は今までよくぞここまでナベショーをしつけたか、、、、
妻が外出して、夕方あるいは昼過ぎに帰宅しても、ちゃんとお風呂も沸いて、料理も出来ている。
妻が料理を作った時の皿洗いは、極自然にナベショーがするし、、、。
当然、ナベショーが料理した時は、妻が皿洗いだよ。
ナベショーをほったらかしにして数日不在にしても、ナベショーは、一人でいつもより豪華な食事を楽しんでいるらしいし、、、

投稿: ナベショー | 2006年5月 1日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9833449

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の新茶は?:

« シャクナゲの花 | トップページ | 兎追いし~、小鮒釣りしかの川 »