« 藤の花 | トップページ | 今年の新茶は? »

2006年4月29日 (土)

シャクナゲの花

Img_4617syukusyou 西洋シャクナゲ

 鮮やかで豪華な花、牡丹が咲き終わった庭で、ひときわ目立っている。ツツジと同じ仲間である。

 花が終わった後、花の下の部分から数本の新芽が放射状に出てくる。その新芽の先端に次の花の蕾がつく。だから一年に10センチ位づつしか大きくならない。

 Img_4619syukusyou 松戸で単身赴任してる時、マブチモーターズ(株)本社のゲストハウスに招かれ、庭園で3mくらいの大きなシャクナゲの木が数本、いっぱい花が咲いているのを見て感動した。

 しかも、そのシャクナゲは日本シャクナゲで薄いピンクの上品な花であった。その周囲にもミヤマツツジの大木が数本、美しい花をつけていた。

 このナベショーのシャクナゲも10年以上経っているが、まだ1mの高さしかならない。

 西洋シャクナゲは紫やいろんな色があって楽しい。

 南アルプスなど登山道で3~4mのシャクナゲの大木に美しい花を付けているのを見るときはうれしくなってしまう。

 今日も蜜蜂の世話と庭の草引き、筍掘り、菜園の大根と小蕪の間引き作業で一日の仕事が終わる。Img_4677sykusyou_1

 蜜蜂はやっとあわてずに落ち着いて蜂を驚かせずに扱えるようになった。箱の中の巣枠を一枚づつ引き上げて、蜂の卵の産卵状態や蜜の貯蔵状態や、女王蜂の様子を観察するのであるが、蜂がぎっしり巣枠に群がって、なおも女王を見つけることが出来ない。

 ひょっとして、以前にあわてて作業してた時、誤って殺してしまったのだろうか?

 山にミョウガ竹がニョキニョキ出ていた。ミョウガというと夏に出てくるのを食べるが、春のミョウガ竹も美味しい。横にセリが大きく伸びていたので採った。

 今日の夕食料理はちょっとにぎやか、、でもこうして旬の食材をふんだんに使えるのはうれしいことである。

Img_4679syukusyou_2 Img_4681syukusyou Img_4689syukusyou

Img_4684syukusyou Img_4687syukusyou Img_4691syukusyou                               

 

 ミョウガ竹は酢味噌をつけて食べると、元から先まで柔らかくて美味しい。天婦羅にしても美味しい。

 定番の筍と新ジャガ、新若布、油揚げの煮物 

 マグロの剥き身、とろろ芋、刻みネギ 山葵と醤油で食べる

 キハダマグロと生シラスのお刺身

 きゅうりと茹で筍の糠漬

 茹セリのすり胡麻和え (写真撮り忘れ、、)  

|

« 藤の花 | トップページ | 今年の新茶は? »

コメント

こんにちわ!
若竹の煮物、素敵ですね!
鮪のお刺身、ツマを添えたり、パセリで青味を置いたり…。
若布と筍を分けて盛り付けたり、天に木の芽を添えたり…。
ナベショーさんのお料理も、本当にプロっぽい♪
以前、養蜂場で蜂蜜をなめさせてもらった時、とってもおいしかったのを思い出しました。
毎日それが出来るなんてうらやましい!

投稿: さるじゅ | 2006年4月30日 (日) 09時38分

藤やシャクナゲなど毎日のお花が楽しみです。
旬の野菜がたくさんあって美味しそうですね。
ナベショーさんの素敵な暮らしぶりが伝わってきます。

投稿: ぼのむ | 2006年4月30日 (日) 14時16分

茗荷竹って、一度は食べてみたいです。
谷中生姜の芽・・・筆生姜の生は齧ったことがありますが、それと茗荷を足して割った感じですか??。
この手の食品には妙に惹かれます。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月30日 (日) 20時35分

さるじゅ様
プロの方にそのように言っていただくとうれしいです。
蜂蜜、、、何とか収穫したいものです。
一升瓶に幾本も採取できるそうですよ。

投稿: ナベショー | 2006年4月30日 (日) 21時35分

ぼのむ様
旬の野菜、、、今が一番いい時ですね。

投稿: ナベショー | 2006年4月30日 (日) 21時37分

ばら色婆ァバ様
食べられたことないんですね。
茗荷竹 一見、姿は谷中生姜に似ています。
でも茗荷竹は茗荷そのものですので、夏に食べる茗荷と同じ味です。
茗荷竹は茗荷の芽が地面から出てくる春しか収穫できないし、お店にも売っていませんね。
料亭などでも料理に出ないのでしょうね。
田舎の人でも、茗荷竹を目ざとく見つけて採取して食べる人は、あまりいないのでは、、、、

投稿: ナベショー | 2006年4月30日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9819717

この記事へのトラックバック一覧です: シャクナゲの花:

« 藤の花 | トップページ | 今年の新茶は? »