« 山葵を畑に | トップページ | 野の花 »

2006年4月12日 (水)

蓮華の花

Img_4144syukusyou 蓮華の花

 桜前線が南から西日本、東日本、東北、北海道と北上するのと同じく、蓮華の花の開花も3月から順次、北上する。

 昔は田に種が蒔かれて、花が終わった後にすき込まれて、やがて田植えが始まる。マメ科の植物である蓮華は根に根粒バクテリアが寄生し、大気中の窒素を根に固定するため、稲の生育にとって必要な窒素肥料になるのである。しかし、化学肥料の普及と共に、田んぼ一面蓮華の花という光景は少なくなった。

 今では養蜂業者が農家に蓮華の花を頼んで栽培してもらうそうである。ところが、外来の虫○○ゾウムシが増殖し、せっかくの蓮華の葉も蕾も食べ尽くしてしまう。 今朝のNHK TVでやっていたが、その被害は甚大らしい。

 ところが東日本では蓮華の花の次の蜜源として、これまた外来植物のニセアカシアの花に頼っている。しかし、環境庁が有害外来植物にニセアカシアを指定したため、市の職員が木の幹の皮を剥いで枯らしてしまう対策を行っている。

 ニセアカシアは繁殖力が強いため、川原などの柳の木を中心とする日本の植生がどんどん変わりつつあるらしい。

 いよいよ日本の養蜂業者は困ってしまい、死活問題になっているという。静岡では菜の花、桜、ニセアカシア、蜜柑、、、などが蜜源であるが実際はどうであろうか。

 昨日、昨夜の強い雨も止み、晴れてきた。いよいよ今日は満杯になってきた蜜蜂の巣箱を一個積み上げて二倍にする作業を行った。

 もう、無我夢中で、これで良いのか悪いのか判断できぬまま作業を終えたが、汗ダクダクである。蜂は興奮していつまでもワンワン箱の回りを飛び回っている。まだナベショーを主人として認知してないようである。

 今日は焼津へ魚を買いに行き、昼の料理は妻が作ってくれた。

Img_4131syukusyou 頭に針のある10センチくらいの赤い魚の干物(3匹で140円)の焼いたのと、タバラ蟹と新ジャガ、筍、蕗とネギ、白味噌の味噌汁、、美味しい昼飯であった。

 午後は茶畑の巡回や筍堀りや庭の芝生の草引きで終わってしまった。

 夕食の料理は、飛魚のタタキ、黒メバルの煮付け、芹の胡麻和え、筍の木の芽酢味噌和え、筍と蕗、若布、油揚げの煮物、飛魚のアラのお吸い物である。

Img_syukusyou Img_4156syukusyou Img_4155syukusyou Img_4158 Img_4157syukusyou Img_4159syukusyou Img_4160syukusyou  

 飛魚はかなり大きかったが一匹270円、黒メバルは何と一匹200円、この大きさでですよ!3匹買っても600円なんです。 

 飛魚は焼くと生臭くてぱさぱさして美味しくないが、身はタタキにしてアラはお吸い物でいただくに限る。大きかったので脂も乗っていて美味しかった。

 黒メバルは煮付けだね。 いや~美味しかった。

 最後にお口直し 野蕗の佃煮でほんの少しのお茶漬け食べてフィニッシュ!

 田んぼの芹、筍の木の芽和え、今日は春の旬のお料理づくし、、、こういう料理が食べられるのはつくづく幸福だな~としみじみ感ずる。

 

|

« 山葵を畑に | トップページ | 野の花 »

コメント

本当にナベショー様はお幸せですよ。小さな筍一本¥500、蕗一束¥198、芹小束¥198、眼張一匹¥580、飛び魚・・・もう、書いていくのも寂しい。私がセコクなりそう。木の芽なんて10枚パック入りで¥298ですもの。ナベショー様の献立なら、材料だけで¥3000です。都会に暮らすって、財布ばかりか、根性まで寂しくなりそうです。奥様の味噌汁・美味しそう。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月13日 (木) 13時13分

PS・蓮華草懐かしいです。いつも、懐かしい花・風景の写真で嬉しくなります。林立するマンションの何処かの隅に、残っているかも知れない自然を探してみます。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年4月13日 (木) 16時29分

こんな田舎でも、野蕗、ヨモギ、蕨、芹、ヨメナ、、、など季節の山菜を採って楽しむ人は少なくなりました。否、知らないと言っていいでしょう。
大人は皆、仕事、仕事、お金、お金、、子供は勉強、塾、ゲーム、、、物質的な豊かさを得た代わりに、ほんとに大切なものを全部失ってしまったようです。
「三丁目の夕日」のような時代はもう来ないのでしょうね。
単身赴任で尼崎の町中にすんでいる時、戦災や地震に残った古い下町を通勤で通るのが好きでした。路地裏の家の狭い門前に、どの家もそれぞれ鉢やプランターを階段状に重ねてたくさんの花を咲かせていました。

投稿: ナベショー | 2006年4月14日 (金) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9552047

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮華の花:

« 山葵を畑に | トップページ | 野の花 »