« お茶作り余裕編 | トップページ | 今日はのんびり、、、? »

2006年5月13日 (土)

ロイヤルゼリーを食べたことある?

Img_4924syukusyou_1 シャクヤク(芍薬)

 牡丹が何時の頃からか、芍薬に変わってしまった。芍薬に牡丹を接木することが多いので、牡丹の根元から出てくる芍薬の芽を退治しないと、牡丹が消えて芍薬となる。

 この美しい芍薬もそのような履歴をもっている。

 しかし、牡丹に比べて豪華さは無いが、可憐で美しいと思う。

 今日の天気予報、午前中雨の確率90%、午後は100%、、、お茶刈りはやめた。

 その代わり、昨日養蜂家のA社長から連絡があった蜜蜂の採蜜作業の実習に行く。

 蜂箱の蓋を開けて、蜜でずっしり重くなった巣枠をまず振るって蜂達を落とし、静かに引き上げて刷毛で蜂を全部落とす。 Img_4993syukusyou Img_4995syukusyou     

 刷毛でやさしく撫ぜるように蜂を落とさないと、蜂は怒って手を刺す。

 女性を扱うようにしなさい、、と先生はおっしゃる。

 次は、蜜の入っている壷の蓋の頭を湯で温めた包丁で蜜蝋を溶かしながら切りとって、遠心分離機にかける。 

 強く回転させると、蜜と共に蜂の幼虫も飛び出てしまうので、ほどほどの強さでないといけない。

 王台には女王蜂の幼虫を育てるためのロイヤルゼリーが詰まっている。白いどろっとした液体である。Img_4996syukusyou

Img_4997syukusyou_2 働き蜂と同じ幼虫をロイヤルゼリーで最後まで育てられると2~3年長生きし、大きさも4~5倍になる。生長に必要なすべての栄養の元が含まれているのである。

本物のロイヤルゼリーを食べた人はありますか? 

美味しい?、、、、、、けっして美味しいといえるものではなく、お口直しに蜂蜜をなめないと気持ちが悪い。

 市販の数万円もするロイヤルゼリーははるかに安価な蜂蜜で薄めて食べやすいようになっているそうである。

 蜂蜜を採取した巣枠は元の箱に戻して作業は終了である。

 やはり、こうして実習をしないと、本だけを見てでは、とても自分でやれるものではない。

 最初から最後まで、女性を扱うようにやさしく、ゆっくり、丁寧に、、、、、、

 乱暴な扱いをしてしまうと、たちまち刺される。

 絞りたての蜂蜜、、、なんと甘くて美味しいのだろうか!!

 今夕の料理は鯵のムニエル、、、鯵は安いし、ムニエル大好きである。Img_4999 Img_4898syukusyou

食後はお茶6Kgを火入れ再乾燥し、100Gr、20Gr、400Grそれぞれパッキング作業を行った。

 脱酸素剤を入れて、アイロンで口を閉じる。

気持ちよさそうにいつも寝ているのは同居している世界一可愛いナベショーの猫である。 

|

« お茶作り余裕編 | トップページ | 今日はのんびり、、、? »

コメント

本物のロイヤルゼリー、食べました。
三鷹に養蜂家がいて、取材に行ったことがあります。正直、美味しくなかった。蜂蜜はおいしかったけれど・・・。
その養蜂園の周辺は、葡萄・キウイ・梨などの果樹園が多く、キウイのワインはかなり有名です。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年5月14日 (日) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10053645

この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルゼリーを食べたことある?:

« お茶作り余裕編 | トップページ | 今日はのんびり、、、? »