« バラが咲いた | トップページ | オー、マイ、ゴッド!! »

2006年5月 9日 (火)

包丁研ぎは楽しい

Img_4846syukusyou タツナミソウ(立波草)

 小さな花だが、横から花を眺めて波頭に見たててこの名前がついた。野の花の中で、最も可憐で美しい花の一つであると思う。Img_4933syukusyou

 庭に植えたのが、いつの間にか、増えてたくさん咲くようになった。緑と紫が調和して、何と美しいことだろう。

 今日は朝5時に起きて、機材を軽トラに積んで茶畑へ行った。今にも降りそうな曇天であった。

 今日、刈る予定の茶葉の上の雨露を竹箒で払い(これが本との露払い)、葉の表面が乾いてから、機械で刈るのである。

 ところが、半分も露払いしていないのに、霧雨が降ってきた。ああ~ああ~、携帯で茶生産の先生に電話した。彼も茶畑の露払いが終わったところであったが、雨が降ってきたので、茶刈りは中止とのことである。

 しかし、困ったものである。茶摘が出来ないままに梅雨に入ってしまう。茶の新芽は伸びきって開いてしまうと、もう一番茶ではなくなってしまう。

 昼頃に小雨がやんで、少し雲の切れ目から薄い日が差してきたが、午後に茶刈りをすると、製茶開始が夕方になってしまう。残念ながら悔しい。

 午後に、野菜畑へ行っていると先生から電話がかかってきた。「午後、茶を刈って3時頃から蒸すので見においで」と。

 自製、自販で自分の工場を持っているので、今晩遅くなるけれど、揉んでしまうという。

 夕方まで工場で実際に製造の次工程へ移る重要なポイントを細かいところまで、教えていただいた。

 明日の天候はどうであろうか? 確立 半分のようだ。

 今日は、家で包丁類を時間かけて砥石で研いだ。プロの料理人のように、毎日研ぐような丁寧な手入れはしていないので、錆が入ったり、刃が欠けたりしている。Img_4905syukusyou Img_4908syukusyou_1 Img_4914syukusyou_1 

 しかし、これらの包丁類は、それぞれに我が家の数十年の食に関わる思い出が一杯詰まっている。

 調理師の次女がアメリカへ行く時に、家に置いていってくれたものや、亡母が数十年使っていた刺身包丁、単身赴任先で使っていた出刃と刺身包丁もある。

 他にも良く使いこなした手ごろな出刃包丁と柳刃の刺身包丁を数本持っていたが、最近一そろいづつセットで長男と次男の嫁さん達にプレゼントした。(嫌味かなあ~、、、、魚をおろせない人が多いからね~)

 やはり鋼鉄製の刃物は研げば研ぐほど美しく光って良く切れる。しかし。ステンレス製の包丁は、さびないというだけで駄目だねえ~。直ぐ切れなくなるし、いくら研いでも切れるようにならない。

 昨年、ロスへ行った時、料理人の娘の刺身包丁を見て驚いた。まだ数年も使っていないのに、長さが元の2/3くらいに短くなり、鋭く鋭角に尖がっている。(そうそう、サルジュさんの包丁のように)

 毎日研ぐそうである。ナベショーは正直言って、その時、包丁の正しい研ぎ方、持ち方を初めて教わったのである。Img_4957syukusyou

 

 今夕は、昨日三枚におろして塩してあった平鯖の酢で絞めたのを、カルパチオ風に手作りのドレッシングをかけて食べた。山葵醤油やお寿司で食べることが多いが、このような洋風料理も美味しい。キュウリと大根は少し塩を振って軽く絞って盛り合わせた。

 写真の手前に写っているスナックエンドーは、夕方に畑で採った初物である。甘くて濃厚な味で美味しい。パセリ、クレソンも自家製である。

 スーパーに売っているスナックエンドーは、どんな栽培をしたら、あんなに不味くて味がないものになるんだろうか? 

 お茶も同じだけど、概観と経済性のみを追求した日本の農業の結果なのでしょうね。

 

|

« バラが咲いた | トップページ | オー、マイ、ゴッド!! »

コメント

トマトがチョー薄に切れるのが、理想の包丁ですって・・・お皿のトマト、薄いンだもの、流石!
私も一般主婦にしては、持っている包丁の種類が多いかと自負していましたが、負けた(-_-;)
出刃(大・小)牛刃・柳刃・菜切り・冷凍用・チーズ用・パン切り・ぺティナイフ・万能・・・こんな物です。
自分で上手に砥げないので、月に一度回ってくる馴染みの研ぎ屋に出します(いけませんね・・・)
昨日の薔薇には、夫が「ほほぉ」って見とれていました。来年の誕生日には、もしかして・・・。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年5月10日 (水) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/9993833

この記事へのトラックバック一覧です: 包丁研ぎは楽しい:

« バラが咲いた | トップページ | オー、マイ、ゴッド!! »