« アボガドのフライ | トップページ | のんびりした一日 »

2006年5月22日 (月)

アボガド料理(2)

Img_5118syuysyou_1 ボンタン(ザボン)の花

 あのでっかいボールのようなボンタン、、分厚い皮の砂糖漬けの菓子、大好きである。

 ボンタンの花も特大、蜜柑や伊予柑、甘夏の花の数倍以上である。

 花の香りが素晴らしい。木の近くに寄ると、フア~と香りが漂ってくる。

 庭のボンタンの木、数年前まで大きな実を数個つけて、お正月頃に緑の実を収穫してた。 グレープフルーツよりはるかに美味しい。

 なのに最近は花は咲けど実は付かず、、、一体どうしたら実をつけるのであろうか??

 何故か悪いことばかり続く時がある。今日はその日であった。

 朝5時起床、、空を見ると生憎の曇り空、、、雨だとお茶作業はお休み。晴れなら山奥の生産農家からお茶葉をいただくことになっている。

 少なくとも午前中は曇りから晴れになるだろうと予想して飛び起きる。

 大急ぎの朝食は熱いご飯に冷たい味噌汁をぶっかけて、、、、のはずが、妻が夕べの冷たい味噌汁をガスレンジで温めている、、、、オ~ノ~!! 

 「余計なことをしてワルカッタワネ~」というすっごく不機嫌な捨てせりふを背にして、軽トラを走らせる。

 20分走って農家のMさん宅に到着、Mさんの先導で急斜面の直角に近いジグザグ道を登る。カーブを回りきれず、バックしてハンドルを切り返して登ろうとしたけど、スリップして軽トラは走れず、、、幾度か試みたが駄目!!! 

 まいったな~、、、と思ってたら、Mさんの声「おみゃ~の車 4駆じゃね~のか?」そうそう、4駆だった。4駆に切り変えたら楽々、スリップせずに登った。

 美しく整備管理された山の中腹の急斜面の茶園、Mさんの奥さんが既に準備OK、奥さんが二人用茶刈り機のエンジンをかけて、Mさん夫婦で茶の畝を一往復した。約10分とかからず、、、茶葉30Kg。今まで自分は一人用刈り機で2時間かかりやっと30kg、、、考えてしまう。

 30Kgの茶葉を積んで工場に帰ってきたら、まだ7時半、、葉を広げて日に干しだしたら、小雨がぽつぽつ、、、今日の天気予報は午前中 晴れ、、午後曇りのち雨だったよ~

 直射日光に茶葉を当てなければ、美味しい香りのお茶は出来ない。これを幾度かトライして、再現性を調べたかったのである。

 とうとう太陽は諦めて、製茶をはじめた。順調に各工程を進んで最後の精揉機(茶葉を針のようなピンとした形に揃える機械)を動かしてまもなく、ガツンガツンという大きな接触音、、もう今日は諦めた。

 機械を止めて、業者を呼んで修理してもらった。おんぼろの中古機械なので何が起こるかわからない。毎日がドラマである。

 今朝の味噌汁から始まって、今日はついていなかった。

 今日の夕食、、家には誰もいない。ナベショーとモンタだけである。

 昨日に続き、アボガド料理Img_5167syukusyou

 アボガドとマグロ剥き身の香味和え

 アボガドのお刺身、

 烏賊納豆

 アボガドの半分を摩り下ろして、マグロの剥き身、玉ねぎスライス、青ジソの細切り、ネギの細切り、、などと混ぜて、少し塩胡椒をして出来上がり。

 後は、何の加工度もない単純無垢のアボガドのお刺身と烏賊納豆を一緒にお皿に盛り付け、青ジソとトマトスライスで彩りとした。山葵醤油で食べると美味しい。

 アボガドは目隠しして山葵醤油で食べると、マグロのトロと間違えたという話があるけど、本とかな? それほどねっとりとした感触が美味しくて日本食に合うということだろう。Img_5173syukusyou

 今晩は誰も居ないので、モンタは我が家の主人、リビングの籐椅子に寝そべって威張っている。

|

« アボガドのフライ | トップページ | のんびりした一日 »

コメント

おや、今日はモンタ君,凛、としてますね。ナイスガイではありませんか。
毎日がドラマ、、こちらも楽しみにして見物させていただきます。いつも豪華キャストですね~。
一人なのにご馳走ですね。こちらは猫ごはんです。おつゆにご飯まぜたやつ。エへ、、。

投稿: なぎさ | 2006年5月23日 (火) 07時51分

モンちゃんは優雅にポーズとっちゃって、素敵!
家の猫は長年 便秘で悩んでたので、なにか良い方法ないかと思ってましたが,マッサージを朝夕5分ほどやるようになったら、奇跡のように毎日快調になりました。妹はゴットハンドかも?なんて言ってますが,便秘にゃんこには、是非試してください。(ニャンコの後ろ足の付け根付近に向かってお腹を10CM位ユックリ、かなり力をいれてマッサージする)

投稿: 東京 白猫 | 2006年5月23日 (火) 11時41分

文旦の花ってこんなにも見事だったのですね。果実もいい香りだけれど花がそんなに芳香を放つとは・・・木の傍に行ってみたいなぁ。
ラッキーが重なることは稀なのに、アンラッキーは重なりますね。何故(?_?)
そんな日は、美味しい物を食べて、一杯飲んで、アメリカンコメディーのDVDなど観て大笑いします。
「アァ、なんて馬鹿な奴」なんて笑ってると、自分のアンラッキーを忘れます。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年5月23日 (火) 15時26分

こういう時は、あれもこれもと作りすぎて、2~3人分、、、で一人で食べてしまう。ビールも500ml一本じゃ足らないだろうと350ml 2本にして、、
ああ苦しい!!動けない。

静岡は、遅れていた柑橘類の花が咲き始めました。ほんとに上品な良い香りが漂っています。

モンタ  気持ち良いときは、ごろごろと言いながら目を細めてじっとしています。マッサージも喜びそう、、。

投稿: ナベショー | 2006年5月23日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10193958

この記事へのトラックバック一覧です: アボガド料理(2):

« アボガドのフライ | トップページ | のんびりした一日 »