« 紫陽花の木の手入れ | トップページ | 定年退職 一年経った »

2006年6月14日 (水)

テイカカヅラ

Img_5994syukusyou テイカカヅラ

 定家葛は万葉集では「いはつな」(石綱)、

 石綱(いはつな)のまたをちかえりあおによし奈良の都を またみなむかな

 奈良の都の荒れたるあとを傷み惜しんで詠んだ歌

 テイカカヅラは大きくなるとその蔓が大木の幹や枝、さらには歌のごとく岩に絡む。

 ナベショーはその花が美しく、香りが良いので、スイカズラと並んで枝を挿し木で庭に植えてフェンスに絡ませた。

 ところが数年後には、庭のフェンスは、太い蔓が幾重にも絡みつき、完全に占領されてしまった。

 とうとう持て余して、この冬には遂に取っ払ってしまった。

 初夏の頃、ジャスミン、スイカズラ、蜜柑、百合などと同じように上品な香りを楽しませてくれる花の一つである。Img_5992syukusyou

 山道の頭上の木の枝からテイカカズラの花が垂れ下がっていた。

 

今日は午前中は畑のジャガイモ(男爵)を収穫した。まあまあの大きさに成長していた。Img_5984syukusyou  

1~2センチの小さいころころも、煮っころがしにすると美味しい。

 

 午後は、数年間放棄された山の茶園の伸び放題の茶樹の枝刈りを行った。地面ぎりぎりまで刈り下げて、来春には機械で新芽を刈れるようにするためである。

 最近はこのような放棄された茶園が多い。梅雨の季節は涼しいので作業が楽である。Img_5988syukusyou

 昨年の夏から冬までは、びっしり這ったシダの根を取る作業を行った。おかげで関節リューマチかと間違えるほど両指の関節が痛くなり、最近やっと治りかけたところである。

 さて、今日ホームセンターで買って来た写真の1、5mくらいの黒い棒は何だとお思いですか?

Img_6005syukusyou  これは山芋(自然薯)を掘る特別製の鉄の鍬である。

 山芋を掘るシーズンは秋だのに、気の早いナベショーは待ちきれずに早々と、、、、と思うでしょう。

 実は、この鍬の柄の尖がった先端で、1m以上の長さの太い竹の節をぶち抜くのが目的である。

 そのような中の節をぶち抜いた竹筒を数本束ねて、重しをつけて川底に沈めておく。

 そうして数週間すると、川の鰻が竹筒の穴の中を寝ぐらにしているのである。

  数年前のTVで、伊豆の何とかいう川でこのような漁法で実際に鰻を獲っているのを見た。

 定年退職したら、是非やってみようと思ったことの一つである。 

 子供の頃、川で捕まえた天然の鰻の蒲焼、その香り、美味しさは今も忘れられない。養殖鰻がほとんどの今、天然鰻の香味を知る人はほとんどいないだろう。

 天然と養殖の鮎の違いと同じである。

 もちろん、秋になれば、特製のこの鉄鍬で山芋(自然薯)掘りに精を出すのは言うまでもない。

 「ナベショーさん  お茶、菜園、蜜蜂、、、次は何やるの?」 って楽しみにしてる人、多いんでねえ~!!!

 今日の夕食料理は、もちろん、メイン料理は「掘りたて新ジャガのころころ煮っころがし」、、、、一品だけじゃ寂しいので、サブ料理として「ロシア産花咲カニ」Img_6017syukusyou_1  Img_6016syukusyou

 こんなに大きく、重くて活きているのが 850円 刺だらけで痛くて料理し難いから安いのか?

 こんなとげとげもナベショーの手にかかれば、何ていうこともない。Img_6021syukusyou

 お食事中のモンタ

 毎日カリカリ、飽きないモンタ(もんだ)

|

« 紫陽花の木の手入れ | トップページ | 定年退職 一年経った »

コメント

花咲蟹は、札幌在任中に、釧路支社から頂いて、良く食べました。
私のランクは国産では、鮮度が良ければ、1=毛蟹、2=越前蟹、3=花咲蟹ときます。
栗蟹、藻屑蟹・・・限無くありますが、蟹は美味しい。
茨城県の那珂川に、いまでも天然鰻を食べさせる人がいます。
ムカゴのような小さなジャガイモ、食べて見たいですね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月14日 (水) 21時39分

ムカゴのような小さいジャガイモ、、、
ごしごしと力入れて洗うと、つるつると簡単に皮が取れる。
味が中までよくしみこんで、美味しい。
さっと油で素揚げしてから煮ると、もっと美味しい。
この季節、時々スーパーに出てることもあります。
やはり蟹は毛蟹が一番ですね。
鰻、、、川の天然鰻がもし獲れたら、ブログに写真載せますね!

投稿: ナベショー | 2006年6月15日 (木) 17時36分

この辺のスーパーやデパ地下で、小さなジャガ芋・・・と言うより、芋に限らず、規格外の大きさの野菜・魚・・・見たことありません。
郊外の直売、道の駅に行けばどうでしょうね。
消費者の意向より、販売者の都合で、商品が選択されているようですね。
食べてみたいですよ。
先日、老舗のお茶屋で、いいお茶が飲みたいと、ナベショー様のブログで得た薀蓄を言ったら「奥さん、素人が何を言ってるの、家は創業×十年、いまさら、講釈されたくない」って、怒られたの。
買う方の気持ち・希望より、売る方の偽プロ意識が罷り通るのが、都会の現状なのかもね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月15日 (木) 20時59分

ナベショー様!鰻はまったく想定外ですよ~!!すごすぎます。地域性もあるのかもしれませんが、それにしても「鰻をとろう」と、しかも”竹”で・・・という方のお話は初めてです。いつかブログに「鰻」が登場する日を楽しみにしております(^-^)。

投稿: riezon | 2006年6月15日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10523354

この記事へのトラックバック一覧です: テイカカヅラ:

« 紫陽花の木の手入れ | トップページ | 定年退職 一年経った »