« 子供の食事 | トップページ | 紫陽花の木の手入れ »

2006年6月12日 (月)

イガ栗の赤ちゃん

Img_5928yukusyouこの美しい花はなんだろう?

 長女がイングリッシュガーデンを作るとき、ブルーの花をメインカラーにするんだと言って、アジュガ、ラベンダーサルビア、ラベンダー、アガパンパス 、、、など植えていた。

 サブカラーの花としては、ホタルブクロ、ギボウシ、ドクダミ、ツワブキ、、などをナベショー管理の庭から、株分けして植えていた。

 フン、フンって生返事してるうちに、ハワイへ行ってしまい、こちらが世話することになった。

 ほとんどが宿根草なので春からいろんな新芽が出て、蕾を膨らませて、花が咲き始めてみると、実はほとんどの花の名前がわからない。

 先日買った本を調べても判らないのの一つが、この写真の美しい青い花である。

 梅雨に入り、曇天の今にも泣きそうな空、、、実はこういう梅雨で雨が落ちてこない時が涼しくて、外の農作業ははかどるのである。

 草ぼうぼうの茶園の草刈をして、1~2週間後の2番茶の刈り取りにそなえる。

 気温が高く、湿っているので、2番茶の成長は早い。

 今はまだ3枚ほどしか新しい葉は出ていない。

 5枚くらい出て、ぐ~と茎が伸びた頃を間髪入れずに上3枚を刈り取る。

 このタイミングを逃さないため、1~2日ごとの茶園の観察を怠れない。

 でも、せっかく,その時が来ても、雨が2~3日続くと、葉が成長しすぎて強くなる。

 一番茶では、そのタイミング遅れで、荒茶の相場が半分以下になってしまうから恐ろしい。

 茶園の横は栗園である。

 先日のばら色婆ァバ様のブログに栗の花の写真が載せられていた。

 栗の花はあまり目立たない白い花であるが、あの花のどこがイガイガの栗になるのだろう、、と不思議だった。Img_5913syukusyou

 なるほど、雄花と雌花があって、雌花には、ちゃんとイガイガの赤ちゃんの頭に花弁がついていた。

 大発見!!

 皆さん、、わかりますか~?

 この小さな可愛い雌花が成長してイガ栗になるんですよ。

 直ぐ側の岸の背の高さほどもある草の中に、あの大好きな美しいササユリが2個も咲いていた。

 先日のブログで観賞していただいたが、この花も見てください。 Img_5918syukusyou_1

 ほんとに、ササユリは美しい。

今日の夕食の料理Img_5939syukusyou Img_5941syukusyou Img_5945syukusyou Img_5946syukusyou

 ミナミマグロの尾っぽの部分のブロック(中トロ)が安くて旨い。でも、いつも並んでいるとは限らない。タイミングよく出てきたらさっと買う。(300Gr 1、000円)

 背黒鰯も安い。干物にしたが、数匹を刺身にする。小さなスプーンでこすると、身と骨が簡単に分けられる。

 近くの小川港に揚がったとこのスルメイカ(一匹150円)2匹、一匹は干物、もう一匹はお刺身と烏賊納豆にした。

 マグロの赤身、アボガドとトマトのサラダ(5月29日のriezonさまの料理)、

 後は、定番の新ジャガ焼きをバターで食べる。

 もう、これで500mlの缶ビールを飲めばImg_5951syukusyou ご飯は要らない。

 ナベショーは幸せ、モンタも幸せ、、、、

|

« 子供の食事 | トップページ | 紫陽花の木の手入れ »

コメント

栗の雌花と雄花、イガイガが出来る第一歩、見せて頂き嬉しい。ありがとうございます。
インド鮪もミナミ鮪も本鮪なので、美味しいですよね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月13日 (火) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10497742

この記事へのトラックバック一覧です: イガ栗の赤ちゃん:

« 子供の食事 | トップページ | 紫陽花の木の手入れ »