« 一番忙しい季節 | トップページ | 夏の茶園作業 »

2006年6月29日 (木)

蜜蜂の夏越

Img_6546syuku この花の名前、、、、ここまで出かかって出てこない。

 一度植えると、どんどん増えていく。

 朱色の花、夏らしく、炎天下でたくましく咲いている。燃える炎のように、、、。

 梅雨が明けたのか、昨日に続いて今日も猛暑、、、。

今日もImg_6553syuku 蜜蜂が暑がって、箱の外で羽ばたきながら涼んでいる。たくさんの蜜蜂は並んで羽ばたいて扇風機のように風を起こし、お互いを涼しくしているんだろう。

 ホームセンターで葦のスダレを買ってきて、4本の支柱で支えて、日よけをした。

 これで、直射日光が当たらなくなるので、明日からは箱の外にたくさん出なくなるだろう。

 日陰のある木の下への移動も考えたが、蜂は箱の位置を記憶してるので、一日に50センチくらいしか動かせない。5mも移動するには10日もかかる。

 スダレが一番簡単であった。

 これから迎える暑い夏は蜜蜂にとって試練である。

 花がたくさんある春に集めた蜜を全部絞り獲られて、あとは蜜蜂君 よろしくね、、では、蜜源の少なくなる夏の猛暑を越すのは酷である。

 蜜を全部絞らずに残してたり、砂糖水をやったりして、蜜蜂の生活を保障してやらねばならない。

 蜜蜂は餌が少なくなってくると、弱肉強食で強い蜂が餌を独占して、弱い蜂から飢え死にしていくのではない。

 数万匹の蜂全部が餌の蜜を分け合って食べるため、弱って死ぬ時は全部の蜂が同時に死ぬ。

 ただ、新女王とのただ一回の交尾が終わると、用無しで身体ばかり大きな雄蜂は働き蜂に殺されてしまうとか、、、。雄蜂は針を持たない。

 スズメ蜂など外敵と命がけで戦うのも働き蜂である。

 まあ、役割分担がはっきりしている蜜蜂の群れ、厳しいといえば厳しい世界とは言え、働き蜂の2倍はある大きな雄蜂が、ただ巣の中でうろうろしてるのは、哀れで悲しいものである。

 今日の料理Img_6567syuku   鶏、ジャガイモ、大根、人参、、、のスープ

 夕方、義母を見舞いに行った。もう座って食事をしてた。

 来週頭には退院できるそうである。 

モンタは直ぐに狭いところに入りたがる。ちょっと引き出しの扉が開いていると入ってしまう。                       Img_6533syuku

 紙袋の中にもはいる。姿が見えないとき、押入れのふすまが10センチほど開いていると、必ずその中で寝ている・

|

« 一番忙しい季節 | トップページ | 夏の茶園作業 »

コメント

ナベショーさん、「知床からよろしく!」に訪問有難うございました。
ブログをお読みくださったので俺が寝太郎なのも切揚げたのもご存知かと思います。
いつもなら、今頃爆睡なんですが今年は何か変なんです。
朝、いつもの時間には目が開きそのまま朝をむかえちゃいました(^_^;)
そんなわけでナベショーさんのコメントもいち早く発見!早速遊びに来ました。
蜜蜂って凄い、何だか自然界の厳しさが伝わってきます。
ためになるお話を読ませて貰い有難う御座います。
俺のほうにも是非また遊びに来て下さい。

投稿: たけし | 2006年6月30日 (金) 06時50分

管理社会って大嫌いなのですが、統率も取れない社会はもっと怖いし・・・。
ファッショにならず、秩序ある社会がいいですねぇ。
蜜蜂の生活は、厳しい秩序(役割分担)で成り立っているようですが、ファッショではない(自衛行動はファッショとは言いませんよね)。
でも、雄蜂って、粗大ごみ化した○○のようですね。家の中をウロウロして、女房子供に邪険にされて・・・哀しい立場。
お義母様の病状が回復方向のようで一安心。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月30日 (金) 07時28分

ミツバチのお話、とても興味深いです。なんだかイソップ童話を読んでいるようです。ミツバチさんたちが夏を乗り切れるように応援しています!

投稿: riezon | 2006年6月30日 (金) 21時37分

ミツバチさん、暢気に涼んでいるのではなくて、巣箱の中の温度を下げようと健気に頑張っていたのでは?ご主人様の簾でホッとしてますよ!

投稿: 浦和のGG | 2006年6月30日 (金) 21時56分

赤い花:モントプレチア(ひめひおうぎずいせん)と本に出てます。

投稿: 浦和のGG | 2006年6月30日 (金) 22時06分

たけし様
ナベショーのブログにようこそ!
たけし様はプロの漁師、漁業、ナベショーは素人の
駆け出しのお茶農家、モタモタしながらやってます。
たけし様のブログに、これからも元気をもらいに、遊びにいきますので、よろしく。

投稿: ナベショー | 2006年6月30日 (金) 22時23分

浦和のGG様
モントブレチア、、、だったのか!
モがついた名前、え~モンテクリフト、モンテブレチア、???
検索してもヒットしない
トとテが違っただけで検索できないんですね。

蜜蜂、そうですね。必死で温度を下げようと頑張ってたんだ。

投稿: ナベショー | 2006年6月30日 (金) 22時28分

ばら色婆ァバ様
人間の世界、、蜜蜂の世界に比べると、ほんとに救いようが無いと思うことがあります。
雄蜂って、ほんとに交尾しか役割が無いなんて、ほんとに人間よりも可哀想と思うのか、
それとも、人生たった一回のお役目を果たしたら、後は一生のんびりと食わせてもらい、遊んで暮らせるという結構なお身分なんだ。

投稿: ナベショー | 2006年6月30日 (金) 22時36分

riezon様
ほんとにイソップ物語みたいですね。
飼い主が無知で気がつくのが遅かったり、十分世話できずに蜜蜂の群れを死なせてしまったときは、そうとうなショックで立ち直れないほど落ち込む人もいるそうです。

投稿: ナベショー | 2006年6月30日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10726494

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜蜂の夏越:

« 一番忙しい季節 | トップページ | 夏の茶園作業 »