« 美しい花には毒がある | トップページ | 城陽 100景 »

2006年7月27日 (木)

羅臼昆布の佃煮

Img_7254syukusyou カンナ

暑い、暑い、、梅雨はあけたか?

夏といえば、この花  真っ赤な情熱的な夏の花、、カンナである。

熱帯アメリカ原産で、子供の頃には広く栽培され、どの農家の庭先にも赤いカンナがたくさん咲いていた。

 まさに南国イメージである。

 でも、今はカンナを見ることは稀、

 水田の隅、野道の脇、野原の草の中、、、捨てられて野生化したのが群れて咲き、夏だよ~と叫んでいる! Img_7004syukusyou_1 Img_7256syukusyou_1

 先日、妻が義母の退院の快気祝いの品を伊勢丹から贈った。

 携帯で

 ねえ、ねえ うちには何欲しい?

 費用はナベショーの財布ではなく、義母の財布から出るからね!

 そうだなあ、、極上の羅臼昆布と極上のドンコ干し椎茸はどうかねえ~

 昆布の佃煮は我が家の常備食、、、

 いっぱい高価な買い物して送るのは、結構ストレス解消になるらしい。

 今日、伊勢丹から宅配便で羅臼昆布とドンコ干し椎茸が届いた。

 羅臼昆布は幅15センチくらいの立派なもの、ドンコ干し椎茸も大きい。Img_7322syukusyou Img_7326syukusyou Img_7329syukusyou

 さあ昆布を水で戻し、一センチ四角に切って、椎茸も水で戻し、細く切る。

 鍋に入れて戻した出し汁を加えて、酢を一さじ加えて一時間ほどコトコト煮る。Img_7341syukusyou

煮詰まってきたら、醤油と砂糖を適当に加えて、またコトコト、、、

 煮え詰まってきたら、味見して、さらに調味料を足す、、

 山椒の実を加えて、少し味が濃いかな?Img_7345syukusyou

 と感じるくらいで、汁が無くなり、焦げ付く寸前で火を止める。

出来上がり、、

  食事の時、少しのご飯にお茶をかけて、この昆布の佃煮でお茶漬けを食べる、、、、

 もう、病み付きになってしまった!

 市販の昆布の佃煮に比べれば、やはり味が薄いので直ぐに食べてしまう。

 市販の昆布の佃煮も老舗のお店の良いものになると、かなり高価である。

 それに比べれば、最高の材料を使ってるけれど、美味しくてかなり割安だよ! 

 明日 金曜日、まだ完全に腰が回復したわけではないが、京都へ行く予定、、

 80歳を越える絵の好きな従兄が、定年退職後に生き甲斐として、京都府城陽市の景色を絵に描き続け、個展を開く。

 「私の城陽100景 PART 2」 

 ず~と前に50点の絵を描いたとき、『私の城陽50景 PART 1」の個展を開いた。

 死ぬまでに100点の絵を完成させて100景として再度個展を開きたい、、、と。

 そして、遂にラストライフワークの完成に感無量の心境、、、、、、

 期日 28日~30日 午前10時~午後8時

 会場 京都府城陽市 文化パルク城陽 にて

 定年退職後の人生を見事に生きた(過去形にしたらいけないよ、、)大先輩たる従兄の作品、、、何としても見なきゃなるまい。

 ナベショー 、退職後一年目に木から落ちて骨を折るようでは、この先思いやられる。。。

 青春18キップで、ゆっくり、座って、とことこと行ってきます。Img_7330syiukusyou Img_7335syukusyou

モンタは、隙をみては外へ逃げ出す、、、 暑いのに、、

 外へ出ると、まず舗装道路の上でごろごろ寝返りを打つ。

 駐車中の車の下に潜り込んで、こちらを偵察、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 美しい花には毒がある | トップページ | 城陽 100景 »

コメント

また、なんだかコメントが入れにくくなりましたね。いろいろ、変だったら消してくださいね。
京都は新幹線ですぐですが、どうぞお腰を労わりながら、動作を急がず行ってらっしゃいませ。
どうも、ナベショー様は隣に若い女性でも同席しようものなら「腰など平気」のカッコ付けそうで、奥様ならずとも心配。
どうぞ、お従兄様と歓談なさり、ご無事のお帰りを・・・。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年7月27日 (木) 21時17分

ナベショーは見かけ以上にシャイでして、隣に美人の女性でも座れば、もう、、、カッコつけるほど若くはありませ~ん。
ほとんど眠ってるか、本読んでるか、、、どちらかですよ~

投稿: ナベショー | 2006年7月27日 (木) 21時50分

今頃は京都でしょうか?無事に戻られて、個展の感想など書いてくださるのを楽しみにしております^^。
こんぶの佃煮、ごはんがすすみそうですね!確かに、昆布の佃煮もおいしいところのを買うと高いですよね・・・。

投稿: riezon | 2006年7月28日 (金) 21時00分

ナベショーさん、こんばんは。

あ!羅臼昆布だぁ、ナベショーさんのブログで羅臼昆布を見れて嬉しいです。
立派な昆布ですね、「知床からよろしく!」の記事にも少し載せましたが幅が15センチ以上ということは等級で1等昆布かと思います。
かなりの値段だったでしょうね、私達が製品にして業者に出す時点で一度値決めがあるんですが、毎年1等の昆布は正味15㌔で7~8万円ぐらいになるのでそちらで店頭に並ぶようになるとまだするのでは?
等級には二種類あって「走り」と「後どり」にわけられます。
値段は走りのほうが高いです。
昆布料理もお得意なんですね長文になりすみませんでした。

投稿: たけし | 2006年7月29日 (土) 20時20分

riezonさま
無事に帰れました、
突然、背骨の神経がプッツン、、突然、腰から下が全く動かない、、なんて恐怖に怯えながらの旅行でした。
昆布の佃煮、岩海苔の佃煮、野蕗の佃煮、、、ご飯がすすみますよ。

たけしさま
業者への卸値 一等15kG 7~8万円と聞いて、目方は?
正味260Gr 5000円 立派な木箱に入ってました。
阪急食品工業(株)製造、、
たけし様のブログの等級表によると、一等は幅10センチ以上だから、15センチは一等の中でも上級ということになりますね。
それを、昆布の佃煮に、、とはちょっともったいないかな?

投稿: ナベショー | 2006年7月29日 (土) 21時04分

ヒントを得て、こちらは昆布としいたけ、大豆、じゃこを圧力鍋でガン、と煮ました。つくだには今度ヒマな時に作ってみますね~。

ご飯がすすみそうなのもわたくしにとりましては困りものですね。夏バテしそうになくて、いっこうにやせませぬ(^^)

投稿: なぎさ | 2006年7月30日 (日) 08時30分

なぎささま
軽く一杯のご飯、最後に2~3口残して佃煮でお茶漬け、、、
最初一本の缶ビールと最後にお茶漬け、、このささやかな楽しみ 幸せで~す

たけしさま
ちょっと計算してみました。
問屋さんの買値         1Kg  5300円
消費者が小売店で買う値段   100gr 2000円
お茶、一番茶の上級品とよく似た価格ですね。
生産者の苦労、、よくわかります

投稿: ナベショー | 2006年7月30日 (日) 09時04分

ナベショーさん、計算してくれたんですね。
商売店では100gで2000円、やはりいろいろなルートを通るうちに値段にこれだけの差が出るのでしょうね、漁師仲間にはHPなので直販してる人もいますが気持ちが解かります。
漁師が業者に卸す値段では、経費を引くと儲けがあまりでないんですよ。

投稿: たけし | 2006年7月30日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11117261

この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼昆布の佃煮:

« 美しい花には毒がある | トップページ | 城陽 100景 »