« 人生のフルコース 村上信夫氏 | トップページ | 胡麻豆腐 »

2006年7月17日 (月)

この一年間の読書

Img_7045syukusyou_1 カワラナデシコ (川原撫子)

 「秋の七草」というので秋に咲く花と思い込んでいたが、花の最盛期は夏だそうで、10月頃まで花が見られる。

 一本植えておくと小さな種が落ちて、周りにたくさんの小さな苗が生える。

 また、枝を切って葉のついた節の部分を挿し木すると簡単に根を出して増やせる。

 たしか、このナデシコは、ず~と前に、郷里の丹波の里にお盆で帰省した際、裏山からの一枝を持ち帰り、挿し木で増やしたものである。

 十分な世話が出来なくとも、乾燥や雨にも耐え、枯れることなく、この暑い真夏にけなげに可憐な美しい花咲かせる。

 日本的な女性を称して大和撫子というが、野に咲くカワラナデシコは、そのようなイメージぴったりの花、、、ササユリと並んでナベショーの好きな花の一つである。

 海岸にはハマナデシコ(フジナデシコ)というのがある。これは以前、 庭にたくさん増えていたが、カワラナデシコほどの奥ゆかしさがなく、いつの間にか少なくなってしまった。

 終日、椅子を倒して横たわり、本を読んでいるけど、単身赴任時代に比べて、この一年間は、ほんとに本を読んでいない。

 新聞の書評を見て、読みたい本をアマゾンで購入し、ぽつぽつ読んだり、青春18の汽車の中で読んだり、、、でも数が知れている。

 退職後のこの一年間に読んだ本

 にぎやかな天地(上、下) 宮本 輝

 亡国のイージス(上、下) 福井 晴敏

 博士の愛した数式     小川洋子

 容疑者Xの献身       東野圭吾

 むこうだんばら亭      乙川優三郎

 天国への100マイル    浅田次郎

 王妃の館(上、下)     浅田次郎

 永遠の仔           天童荒太

 リビエラを撃て        高村 薫

 単身赴任時代は週末の帰省の往復、通勤の電車の往復、眠ってしまうまでの布団の中、週一冊のペースだったが、今は月一冊以下のペースに落ちてしまった。

 一人暮らしはたくさん時間があった、、、、、

 近くに大きい本屋がなくて、注文しても日数がかかる。

 最近はすっかりアマゾンでのネット購入か、大きな本屋へ行った時のまとめ買いになってしまった。

 今まで読んだ本、、、かなり忘れている、、、、もう一度、それらをじっくりと読み返してみるのも良いかな~

 お茶、野菜、ジャムを作り、蜂蜜を採り、料理、旅行、山登りを楽しんで、雨の日は文を書いたり、読書三昧、、、、、無理せずにぼちぼちと、一年間の生活が自然に回っていくようにしよう。

 間違っても二度と木から落ちないように、、、Img_7032syukusou 食べ過ぎないように、、、

妻が作った胡麻豆腐(写真 右) 美味しいものだね。

 

     

|

« 人生のフルコース 村上信夫氏 | トップページ | 胡麻豆腐 »

コメント

こんなに可憐なナデシコの様だ、と言われたら嬉しいでしょうね。
(絶対ありえないけど・・・)
町唯一の本屋が最近店じまいしてしまい、アマゾン頼みの私ですが、
以前、宅配のお兄さん、
「あの〜、ちょっとお伺いしますが、アマゾンって何なんですか?」
きっとピラニアか何かが入ってるんじゃ・・・と思ったのではないでしょうか。
「本やCDなんかの通販なんですよ」と答えたら、
安心した様にニッコリとして帰ってゆきました。
それ以来「アマゾンからで〜す」と自信たっぷり大声で届けてくれるようになりました。

投稿: masako | 2006年7月17日 (月) 18時58分

何かアクシデントが無いと、無理している日常も当たり前に思えて、無理の積み重ねになり、結果は私のように、手術に慣れっこなんて、とんでもないことに・・・。
編集者時代は、身に付けた速読で、日に3冊以上・映画の試写1篇以上、講演・レセプションその他・・・良く続いたと思う日々ですけれど、その反動でしょうか、活字拒否症状で、話題の本以外読まなくなりました。
それも、イケないかなと、床が抜けるほどの本を引っくり返し、分類して、改めて読み直そうと思っているの。空き
池波正太郎や、山本周五郎がたくさん出てきました。
人間、走っている時は周りのことなんか見えませんが、転んでトップ争いから外れると、冷静に先が見えますね。
ナベショー様も、来年の計画を練る『神の与えし深慮の時間』だと思って、新たな作業計画を立て直してくださいね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年7月17日 (月) 20時35分

こんにちわ。
胡麻豆腐、本当においしそうですね。写真をクリックしてジーっと見ていて、衝撃が走りました。
胡麻豆腐の上に乗っている薬味………ネギ?
『ネギかーーー!!』って叫んでしまいました。(笑)
料理の世界に生きて10数年、胡麻豆腐には山葵、割り醤油だけと決め付けてしまっていたボクが恥ずかしくなりました。
冷奴等、豆腐料理には当たり前のようにネギを添えるのに、胡麻豆腐にはそれが思いつかなかったなんて…。
こういう固定概念から抜け出さない限り、新しい自分の世界は見えてこないのかもしれませんね。勉強になりました。

投稿: さるじゅ | 2006年7月18日 (火) 03時29分

ナベショーさまおはようございます。
昨日からずっと雨降りで、雨が好きな私はどこか嬉しいのです。
読書は大好きですがなかなか余裕がなく、手持ちの本を
順繰りに読んでます。お風呂で読むほうが多いかも。
湯に浸かっている時がどうも手持ち無沙汰で・・・。
今回はモンタ君はいませんね、モンタ君を見るのもひそかに日々の楽しみです!

投稿: よず | 2006年7月18日 (火) 08時14分

masakoさま
アマゾンはほんとに便利ですね~
まず、入手したい本は古くても新しくでも、分野を問わずほとんど揃ってるし、数冊纏めると送料はタダ、3~4日で届く、、、
ピラニア、、とはお笑いですね。
もうちょっと宅配のお兄さんをからかったら楽しかったのに、、、

ばら色さま
「神の与えし深慮の時間」と神妙におとなしくしておりますよ~。この一年間はひたすらに定年後の生活設計の確立のために、走ってきたけど、今はじっくり欲張らない無理のない計画に再構築ですね。

さるじゅさま
何も知らない素人とは、おそろしいものですね。
豆腐だからネギは当たり前と思ってた、、、
胡麻豆腐、、作ったのは私だけど、刻みネギのっけたのはあなたよ!と妻。
妻は今日も豆腐屋さんに豆乳を買いに行きました。
胡麻豆腐に懲りだしたよ、、、
木の芽なども良いかも?

よずさま
ず~と雨ですね~
猛暑だったり、大雨だったり、、、
本をお風呂で、、??
のぼせますよ~
新しい本も良いけど、良かった手持ちの本を読み直すのもいいですね。
藤沢周平を読み直そうと思っています。
モンタに言っておきます。
写真になるように、もっと毅然としたいい格好をするようにと、、、

投稿: ナベショー | 2006年7月18日 (火) 12時10分

ナベショーさま、
カワラナデシコって、そんなに強いのですか、(@-@)
それなら、うちでも大丈夫かも?
今度、植えて見ます、♪

ご本の半分は私も読みました、(^-^)
ほんとうに結構、似たような読書傾向なのですね♪
そのうち、ナベショーさまのベストテンを紹介してください、
楽しみにしています、(*^_^*)

投稿: こつ | 2006年7月18日 (火) 18時48分

こつさま
カワラナデシコ とっても丈夫ですよ。
忍耐強く、可憐で美しく、水やり忘れても、、、
読書傾向、、ほんとによく似てますね。
こつ様のブログの本のリスト、、半分はナベショーも読んでいます。

投稿: ナベショー | 2006年7月18日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10980766

この記事へのトラックバック一覧です: この一年間の読書:

« 人生のフルコース 村上信夫氏 | トップページ | 胡麻豆腐 »