« ヤマユリの花 | トップページ | 羅臼昆布の佃煮 »

2006年7月26日 (水)

美しい花には毒がある

Img_7304syukusyou_1 ナツズイセン(夏水仙)

 ヒガンバナ科の植物

 秋のお彼岸の頃、真っ赤な彼岸花が咲くように、梅雨があけて夏の強い日差しが照り始めたら、庭のいつもの場所でナツズイセンが咲く。

 春には水仙のような緑の 細長い葉が出て、やがて枯れてしまう。

 そして暑い夏が近づくと、何も無い地面から、ニョキニョキと太い茎が顔を出し、ぐんぐん伸びて大きくなり、梅雨明けと共に、一斉に開花する。

 美しい花には毒がある、、まさしく黒い球根にはガランタミンというアルカロイドを多量に含む猛毒がある。Img_7305syukusyou

 ヒガンバナ科の植物に含まれるガランタミンは1952年、旧ソ連の化学者によって、小児麻痺の後遺症にもっとも副作用の少ないことが発見された。

 サリドマイドの副作用が大問題になった当時、このガランタミンが注目されていたことを覚えている。

 なお、ヒガンバナに含まれるアルカロイドのリコリンとは同一物質である。

 日本ではその毒性故に忌み嫌われているが欧米では「リコルス」と呼ばれて、ヒガンバナ科の花は人気が高い。

 たしか、、、同じヒガンバナ科の水仙の球根にもリコリンがあった。

 昔、シャンソン歌手の石井好子さんが、家で料理を作ったとき、うっかり台所においてあった水仙の球根を間違えて調理してしまった、、、、

 家族全員中毒で大変なことになったという有名な話がある、、、、

 水仙での中毒は珍しいことではない

 菜園で収穫したニラの葉に水仙の葉が混じって中毒、、、

 水仙を生けた花瓶の水を子供が飲んで中毒、、、

 福寿草、スズラン、キョウチクトウ、キンポウゲ、馬酔木、トリカブト、なども猛毒、、、

 キョウチクトウの小枝で箸を作り、お弁当を食べて中毒、、

 スズランの毒も、同じリコリン、、小児麻痺の特効薬 リコリンはスズランからの抽出により工業的に製造されているとか、、、

 最近 リコリンはアルツハイマーの治療薬としても注目されている

 ああ、、、またまたナベゼミの講義になっちゃった、、、、!!

 ここらで、ちょっと眠気覚ましに、、、、

 先日、桃をたくさんいただいたので、妻が桃シャーベットを作った!

 今日は冷凍庫から取り出して、切り分けて、まずは味見と、アフタヌ~ンテイー!!Img_7318yukusyou_2

 

 ナベショー家の桃シャーベットの作り方

 桃シロップ煮  500Gr

 ヨーグルト     1カップ

 レモン汁      大匙1

 卵白         2個

 砂糖         70Gr

 卵白は泡立ててクリーム状にするために使うという。

 泡立てた卵白に砂糖を少しづつ加えてポッテリさせ、桃シロップ煮を混ぜたヨーグルトの中に加えて、レモン汁を加える。

 全体をパラフィン紙をしいた型の中に入れて冷凍庫で凍らせ、凍ったら型から出して、サクサクと切り分けて、ラップフィルムに一個づつ包んで、冷凍庫に保存する。Img_7311syukusyou

 美味しい

 紅茶に砂糖は要らないね

 冷凍庫で凍らせてあっても、サクサクと切れる、、、シャーベットだから当然だ!!

 こういうのはナベショー 作れないな~

 それでいいんです!

 妻のテリトリーを侵したらいけません。

 美味しい、美味しい、と感激しながら食べるだけで良いのです ハイ!

Img_7166syukusyou

 モンタはどうも玄関のヤマユリの強烈な香りが苦手だな~

 この鋭敏な臭覚が麻痺してしまうよ、、、

 せっかくネズミ捕る感覚が蘇ってきたのに、

 まあ、暑い時はじっとしてるに限る、、、

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ヤマユリの花 | トップページ | 羅臼昆布の佃煮 »

コメント

良かった・・・奥様には、ナベショー様の入り込めない(心優しいナベショー様は、敢えて入り込まない・・・ハイ、承知しております)キッチンが有った。
女性として、奥様の領域を守ることに、声援は惜しみません。
ブログの仲間として、ナベショー様へのエールは惜しみませんが、お母様の介護と腰を痛めた(暴走しがちな)夫の監視で、奥様のストレスも多いと思うの。
それなのに、こんなに素敵なシャーベットを作られる奥様に感動しています。
私、奥様とお友達のなりたい・・・。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年7月26日 (水) 20時42分

奥様のシャーベットステキです!私が想像していた、「桃シャーベット」と全く別物でした^^。切り口も美しくって、まさに女性という感じですね~。
私もこんなステキなアフターヌーンティーに参加してみたいものです。夫と二人の優雅な?はずのティータイムは、あっという間に食べ終わってしまう夫のペースで、ちっとも優雅になりません・・・。

投稿: riezon | 2006年7月27日 (木) 20時51分

え・・・!
うち、ニラのとなり、水仙なんです~、\(◎o◎)/!

投稿: こつ | 2006年7月27日 (木) 22時01分

ばら色さま
妻の機嫌が悪い時は、刺を含んだ言葉をチクチクと投げかけてきますので、じ~と忍の一字で受け止めております。
ケーキ作りや洋裁してるときは機嫌のよい時、、、
今は、ナベショーがほとんど家にいるので、特にこの3週間はストレスが多いようです。
18年間のブランクは大きい、、、

riezonさま
ナベショーも実はこの桃シャーベット(桃アイスクリームって感じですが、、)食べるのはじめてだったんです。
18年間の単身赴任のブランクを埋めるには、このようなアフタヌーンテイーの演出も、時として必要でして、、

投稿: ナベショー | 2006年7月27日 (木) 22時14分

こつさま
ニラと水仙、、平成5年に札幌で実際にあった事件だそうで、、、
でも、アルツハイマーの予防になるらしいので、多少の中毒は我慢して、、いや、、、危ない危ない!!
野菜畑と花畑の近接は避けるほうがいいのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2006年7月27日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11104766

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい花には毒がある:

« ヤマユリの花 | トップページ | 羅臼昆布の佃煮 »