« 時間こそが最良の薬 | トップページ | ブログ 今日が最後にならぬことを祈りつつ »

2006年7月 9日 (日)

愛用のマクロレンズ

Img_6812syukusyou_1 ヘメロカリス

 今日も飽きずにヘメロカリスです。

 まだ梅雨の涼しい気候が続いているのに、野や庭の花は確実に夏の花に移りつつある。

 やがて梅雨が空けて、カ~と照りつける猛暑の夏が間もなくやってくる。

 この花の写真を撮る交換レンズ:キャノンEFマクロ100はナベショーが花の写真を撮り始めた15年前から活躍している。

 しかし、先日、遂に、オート/マニアル切り替えスイッチが物理的に壊れてしまった。

 部品材料のプラスチックスの劣化が原因、いかに耐久性のあるポリカーボネート樹脂とは言え、15年というのは寿命かな?

 幸いにもカメラのキタムラへ行き、数日で修理出来た、、、、 修理代 6、200円なり。

 でも「このレンズはデジタル対応の新しいタイプに変わっています。部品も少なくなっているので、次回の修理には応じかねるケースもあることをご承知ください」と。

 ギョッ! 陳列ケースのマクロ100を見ると、キャノン イオス キッス デジタルの新モデルの本体価格とあまり変わらない。 

 15年前もそんなに高かったかな~?

 思い出したよ! 懐かしいなあ~ 

 健康のためにウオーキングを始めて、野山に咲く美しい花に感動し、写真を撮りたいなと思ったのがきっかけである。

 真面目で仕事一筋のナベショーの最初の遊び、道楽が花の写真であった。

 当時、バブル崩壊の直後、勤務してた会社の業績予想がどんどん悪くなって行き、年末一時金が何とか支給されるのは、今年限りになるかも知れんなあ~、、、という雰囲気が社内を漂っていた。

 ならば、こんな趣味に金を使えるのもこれが最後かとばかりに、年末一時金が振り込まれて直ぐに、出張のついでに大阪の「カメラの難波」へ行った。 

 単身赴任先の生活を真面目にエンジョイするための必要経費である、、といえば妻を説得しきれるだろう。

  当時新発売、世界最小最軽量一眼レフカメラ キャノンイオスキッス本体と花と女性のポートレート写真専用交換レンズマクロ100、 三脚、ソフトフィルター、リモートスイッチ、外付けストロボなど一式を店員さんに見繕ってもらった。

 かなりのデイスカウント価格だったが、14万円くらいだったか、、、、

 花の写真に夢中になり、恥知らずにも出来損ないの写真を大きく引き伸ばして額に入れ、あつかましくも岩国の綺麗なママさんのお店の壁に幾つも飾った。

 あるとき、おねえさん達、、、

 ナベショーさん、あの写真売れたわよ!

 お~、 いくらで?

 20、000円

 よくやった、よくやった! さあ出せ!

 駄目よ、、あたし達が売ってあげたんだから! 

 そっ! それはないだろう?

 ねえ ねえ ナベちゃん 美味しいもの食べようよ?

 ママさんと彼女達との楽しいお食事になってしまうのが常だった。

 彼女達、お店に来る小金持ちの酔っ払いのオジサン達に、初期のへたくそな写真を幾つも売りさばいてくれたものです。。

 たしか、○○医院の待合室の壁にも、飾ってあったよな~  今でも、、、

 ナベショーの腰、昨夜もベットでの寝起き、、、地獄だった。

 水分、取りすぎたせいか、夜中のトイレ 2回、、、、トホホ

 昼間、座っている時、立っている時はそれほど痛くないのにベットでの寝起きになると一転して地獄の苦しみ、、、どうして?

 もし、ベットから転がり落ちたら、断末魔の叫びと共に気絶し、即、救急車だろうな~

 ず~と考えていた、、、、、

 尾骶骨を支点にして、体の腰椎から背骨が連続的に斜めに移行、立ち上がっていくため、損傷箇所の脊椎にもろに斜めからの力が加わるためである、、という結論に達した。

 うまく表現、説明できないなあ~

 立ったり、座っている時は、体重は全体の脊椎で水平に支えているため、損傷箇所に体重がもろにかかることは無い。

 まあ、仮説はともかく、今夜は居間のリクライニングチェアーで寝てみよう。Img_6848syukusyou

 モンタは熟睡、、、うらやましい

 

 

|

« 時間こそが最良の薬 | トップページ | ブログ 今日が最後にならぬことを祈りつつ »

コメント

私、21歳の時に、バスの昇降口にポールに掴まって立っていたの。まだドアが閉まり切らないのに発車・・・振り落とされた。
アバラ骨3本、腰椎骨亀裂・・・全治1カ月、実際は2カ月かかったの。
上半身ギブス。思い出しました。若いからトイレだって人手なんか借りたくないのに・・・。
結婚して後、子供2人。骨盤が小さくて難産。流産も2回、手術・輸血、いろいろ。
交通事故(自損)1回、これは肩の骨折。貰い事故1回、鞭打ち症。
S字結腸の手術と、癒着のため再手術・・・病院の馴染みなんて為りたくて為ったのじゃないけれど、何度の入退院をしたやら。
鬱病もあった・・・怪我や骨折と違い、先が見えなくて辛かった。
考えると、直る時期が予測出来る痛みや苦しみは、まだしも楽です。
もうしばらくの我慢。
私、ナベショー様の腰の痛みを思いながら、欝に為りそうな自分を励ましています。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年7月 9日 (日) 20時51分

写真が1枚でも売れるということはプロとみなされる、と聞いたことがあります。これから「わたしはプロです」と自覚なさっていいと思います。(個展をやってみましょう!)

バラ色さま
とても多難な人生を歩いていらしたのですねー。それで人の痛みがよおくおわかりになるのでしょう!

投稿: なぎさ | 2006年7月 9日 (日) 21時25分

ばら色さま
ばら色さまの事故、手術、病気暦に比べれば、ナベショーの腰なんて軽いもんですね。
でも、ほんとにたいへんなところを通ってこられたのですね。
辛かったことでしょう。

なぎささま
おねえさん達は「お店によく来るプロのカメラマンの花の写真なんです!安くしとくんで買いんさい」と言ってナベショーの稚拙な写真をお客に売りつけてたんだけど、、、ちょっとねえ~

投稿: ナベショー | 2006年7月 9日 (日) 22時52分

ナベショー様、腰が痛いのはさぞかしおつらいこととお察しします。数ヶ月前、大学生の妹がぎっくり腰。それはそれは大変だったことが記憶に新しいです。
今は無理せず無理せずでご養生をなさってくださいね!

今更・・・でございますが、ナベショー様のお庭のヤマモモ、まだまだ間に合うようでしたら、ぜひクール便(着払い)でいただきたいです。でも、ナベショー様の腰がこのようなことになってしまった今では、奥様の手を煩わせてしまうかしら・・・?と悩むこと数日。ヤマモモを知らない私には、あまりに魅力的なお話だったもので、ずうずうしくもコメント書かせていただきました。
もちろん「腰」が一番大事ですので、今回は無理だったら、また来年~、と気長に楽しみにしておりますので、どうぞ遠慮なく言ってくださいませ。
よろしくお願いします。

投稿: riezon | 2006年7月 9日 (日) 23時48分

riezonさま
おはようございます。
昨夜は豪華な「リクライニング、王様の椅子」で眠ったため、腰の痛みをまったく感じず、一昨日の夜がうそのようです。
庭のヤマモモ、、だいぶ少なくなってきましたが、まだ残っていますよ!
お送りしますので、メールにてご連絡ください。

投稿: ナベショー | 2006年7月10日 (月) 08時03分

ナベショー様
「王様の椅子」良かったです(^-^)。
ヤマモモどうもありがとうございます。早速メールさせていただきたいと思います。

投稿: riezon | 2006年7月10日 (月) 23時41分

riezonさま
早くしないと、残り少なくなったヤマモモの最後の実が地面に落ちて、虫がくってしまうよ~

投稿: ナベショー | 2006年7月11日 (火) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/10857687

この記事へのトラックバック一覧です: 愛用のマクロレンズ:

« 時間こそが最良の薬 | トップページ | ブログ 今日が最後にならぬことを祈りつつ »