« 鶏の手羽先名古屋風 | トップページ | 旨さ最高 金目鯛  »

2006年8月 7日 (月)

今年もヒヨドリとのバトル開始

Img_7612syukusyou ノカンゾウ

 ヤブカンゾウの雄しべが花弁化して八重なのに対し、ノカンゾウは雄しべもはっきりいていて一重である。

 春に地面から出た若芽の和え物が美味しい。

 これでナベショーの身近なカンゾウの類は全部紹介できた。

 幾種類かの園芸種であるヘメロカリス、野のヤブカンゾウ、そしてこのノカンゾウである。

 ニッコウキスゲやユウスゲなども同じ種類、、、まだ写真に撮ったことがない。Img_7688syku

 庭の葡萄、デラウエア とんとここ数年、口に入ったことがない。

 実が生り出して数年、一時は100個くらいの房の収穫が出来た。

 ところが、何時の頃かヒヨドリに目をつけられた。

 早朝 まだ薄暗い時、二階のトイレの窓から見ると、数匹のヒヨドリが群れてにぎやかく突っついてるではないか!

 木の下には、熟れた葡萄の皮が無残にも食い散らされている。

 毎朝、毎朝、襲撃は繰り返され、とうとう収穫は皆無、、、

 翌年は防鳥網を張ってみた。

 しかし、ちょっと小さかったのか、わずかな隙間から中に入り、食べ終えて出て行くらしい。

 ある早朝、正に網の中に入り葡萄を食べているのを発見、、、

 わ~ と脅かすと、ヒヨドリは驚いて網にかかってしまった。

 ざま~見ろ!

 見せしめに足を紐で縛り、ぶら下げておいた。

 効果は如何に?

 今度は、側の無花果の実が襲われだした。

 10個のうち、6~7個は鳥が食べる。

 一個、食べるとお腹が一杯になるのか、少しは無傷のを残している

 磁石をたくさんぶら下げる、、

 キラキラのCDをぶら下げる

 お目目の風船、黒いカラスの人形、

 キラキラテープを放射状にお祭りみたいに、、、

 いろいろやってみたが、有効なものはないようだ、、、、、

 早朝から見張って、空気銃で一匹ずつし止めることも考えたが、、、、

 葡萄は今年、棚ではなく小さく枝を纏めることにより、防鳥網がすっぽりかぶるように仕立てた。

 さあ、、、今年はどうなるか?Img_7601syokusyou Img_7682syukusyoiu_1

 金マクワ、、、JAの朝市で買った。

 マスクメロンや夕張メロンなどの甘い高級メロンが多くなったが、この金マクワは子供も頃に良く食べて懐かしい。

 カリカリと歯ざわりもあって新鮮である。種のところが特に美味しくて捨ててはならない。

 柿、林檎、梨、、みな柔らかいのより、かりっとした固いのが好きである、、Img_5978syukusyou_1

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 鶏の手羽先名古屋風 | トップページ | 旨さ最高 金目鯛  »

コメント

結構、この周辺も野鳥が多いのですが、緑も多いので、ベランダに持ち込んだブルーベリーなども啄ばまれずにすんでいます。
ただ、蝶はそうも行かず、山椒の葉に芋虫?が沢山・・・戦いの日々です。
金マクワ、幼少の頃の記憶にあるような・無いような。
でも、甘いだけの瓜類が多い昨今、食べてみたいなぁ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年8月 7日 (月) 20時50分

やっぱりヒヨドリですか〜。
数年前、うちのブドウをすべて喰い尽くしたのもヒヨの群れです。
袋かけするようになって、被害はなくなりました。
うちは外ネコがウロウロしているので、それも一つの効果かもしれません。
ここはひとつ、モンタさんにお願いしてみては・・・?!

ナベショーさんの食卓に黒はんぺんが登場するたびに、
懐かしい気持ちになります。というのも、
何を隠そう、私、今はなき清水市の出身なのです。
黒はんぺんのフライが給食での定番でした。
他所にはないものだとも、知りませんでした。
今でも時々食べたくなります!

投稿: masako | 2006年8月 7日 (月) 21時05分

ばら色さま
その芋虫、、なんていったら可哀想、、
大事に育てて、さなぎになって、アゲハ蝶の孵化まで見届けられたらいかがでしょう?
その神秘的な美しさの虜になり、芋虫育てるのが趣味になったりして、、、、

masakoさま
昨年は袋の上からずたずたにされました。
モンタ、、ね~
そういう手があったか?
清水ご出身とは、、、
じゃあ 黒はんぺん、、懐かしいですね。

投稿: ナベショー | 2006年8月 7日 (月) 23時59分

こんばんは!
もしかしてそちらは台風真っ最中では?
こちらは連日カンカン照りでして、ちょっと留守していましたら、ツツジなどが枯れていました。

ヒヨとの争奪戦、楽しいですねー、知恵くらべみたいですね。

清水といえばちびまるこちゃん。‘隣の町は大洪水’の巻は傑作でしたねー。

投稿: なぎさ | 2006年8月 8日 (火) 20時44分

なぎささま
ツツジは可哀想でしたね
台風、、ナベショーの家めがけての直進コースです
ただ今、嵐の前の静けさ、、、てとこ
蜜蜂の箱、、飛ばないように屋根にブロックの重しをおきました。
ヒヨとの争奪戦、、、当事者は日々ストレスで頭に血が登る、、、まあ、知恵比べのゲームと割り切らなきゃ、やってられない、、、、しかし悔しいよ!
ちびまるこちゃん、、、静岡弁(清水弁)丸出し、、だよ~!

投稿: ナベショー | 2006年8月 8日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11322900

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もヒヨドリとのバトル開始:

« 鶏の手羽先名古屋風 | トップページ | 旨さ最高 金目鯛  »