« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

メダイの料理

Img_8686syukusyou フヨウ(芙蓉)

 この花をブログに載せ忘れては片手落ちだね!

 ムクゲ、アオイ、モミジアオイ、トロロアオイ、オクラ、ハイビスカス、、、アオイ科の花はたくさんあるけど、 最も代表なのがフヨウ

 淡いピンク色の一重の花 フワッとした柔らかい感じ、、

 ず~と昔、TVドラマのヒロインに「芙蓉さん」って名前の女性がいた。

 美しい方、、、男運が悪く、苦労を重ねる薄幸の可哀想な人だった。

 なぜか、ナベショーはそれだけしか覚えていない。

 八月も今日で終わり、、、

 庭にツクツクボウシの鳴き声、、、Img_8754syukusyou       

 ひときわ、鳴き終えると、ションベン引っかけて、飛んでいく!

 今年は、鳴き始めるのが遅いようだ

 子供の頃、ツクツクボウシが鳴き始めると、夏休みも残り少ない

 さあ、宿題がまだまだたくさん残ってる、、、

 あせる、、あせる 、、

 ツクツクボウシ♪ ツクツクボウシ♪

 この間、小さいうちに退治したはずの紫赤色のグロテスクな毛虫

 生き延びて大きくなったのがいたよImg_8755syukusyou

 一つの枝を食べつくし、隣の枝へ移動中の毛虫

 ここまで大きくなると、数日で木の葉を食べつくして丸坊主にしてしまう、、、

 一番 性質の悪い毛虫 5~6センチはある

 今日も、庭の草取り、、、腰に負担がかからぬように、、、

 今日は妻と焼津の魚市場へ

 メダイが安かった   一番小さいのでも、1.7Kg (1300円)Img_8764syukusyou Img_8765syukusyou

 大きいのは3~5kgのもある。

 妻と二人だけなので、小さいのを一匹買って2枚におろし、

 片身だけ、お刺身と煮付けにして、残りの片身は薄く塩して冷蔵庫へ

 明日は ムニエルか天婦羅だね

 Img_8766syukusyou 夕飯は メダイのお刺身、煮付け、アラのお吸い物、茄子とカボチャの煮物

 煮付けも刺身もちょっと淡白、、、もう一つだね~

 と、妻と顔見合す、、

 3Kg級以上の脂が乗ったのでないとだめか?

 アラのお吸い物とアラの塩焼きが一番美味しかった

 こんなこと言ったら叱られるな、、、

 天婦羅やムニエル、照り焼きなんかが美味しいかもね!

 しかし、一匹丸ごと買って料理すれば、

 後二回の主料理(ムニエル、天婦羅)に使えるから、

 一回が400円少々、、、一匹丸ごと、贅沢なようで安いもんだよね!Img_8746syukusyou

モンタ 外ばかりで遊んでる

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

ちらし寿司、されどちらし寿司

Img_8681syukusyou オミナエシ(女郎花)

 秋の七草の一つ

 オミナ は 女

 エシ  は 圧

 美女を圧倒する美しさを意味するそうです

 万葉集にも歌われた日本古来からの花

 確かに、今ほど園芸種の美しい花の少なかった昔、黄色鮮やかなオミナエシの花は、美しく、ひときわ目立ったに違いない

 蜂やチョウが、絶えず飛んできて蜜を吸っていた。

 オミナエシの咲いている畑を世話している老夫婦がいた。

 1Kmほど離れた住宅地の方、この100坪ばかりの畑を30年前から借りて、野菜、花、果樹を作っているという。

 桃、蜜柑、柿などの果樹もある

 トラノオらしき苗を植えたのだが、違うかな~、、、と

 よく見ると、似てはいるがトラノオではない。

 ナベショーの庭に、たくさん増えているので一株引いてきて差し上げた。

 代わりに、オミナエシの苗を数株いただいた

 お宅はどこですか 

 そのバイパス国道1号線を越えたとこの川の側の角の家ですよ

 ああ、広い庭の、花に詳しい娘さんの家ですね

 ええ、今はハワイにいて、庭の世話を私がやってます

 庭好きですね~ いろんな自然の雑木や果樹がたくさん植わってる

 私達も自然の雑木の庭が好きで、30年間、自分で手入れしてきました、、

 庭や花について同じような趣味、好みの方

 違いと言えば、この方々がご夫婦で庭をやっているのに対し、

 ナベショーのところは、妻がやらないことかな?

 義母が昨日からグループホームズに入居した

 新しい環境に慣れて、馴染んでくれると良いのだが、、、

 近くにたくさんの知り合いや友人がいて、よく訪ねてくれるそうだし、

 既にこのグループホームズに 知り合いの方も入っている

 こちらの家では、誰一人知り合いがいないし、ナベショーに気兼ねしてたようだし、、

 一週間に一日は妻が行って、自分の家に里帰りするし、

 だから、返って良いかも知れない。

 今日は、妻が15人分のちらし寿司を作った

 寿司ご飯の合わせ酢の、酢と砂糖、ご飯 の量の割合が、いろいろ、、、

 阿倍野の辻 調のレシピーが極端に砂糖が多くて、びっくりするほど甘い

 お寿司屋さんをやっている知人の息子さんのレシピー、、、、これも辻調くらい甘い

 ロスの寿司職人、次女のレシピー

 知人のおばあさんの美味しいちらし寿司のレシピー

 ネットで調べたレシピー

 まあ、、全部 異なる

 鯖寿司の場合は、しめ鯖がしっかり塩がきいてるので、寿司ご飯は甘くする

 ちらし寿司の場合は、

 あまり酢っぱく無い程度の甘すぎない配合、、、で、

 中に入れる椎茸や干ぴょう、人参は少し甘すぎるぐらいの味付けで煮るのが良いのでは、、、とImg_8736syuku

 干ぴょう、椎茸、人参を基本の具にして、上に鰻、卵焼き、青紫蘇、紅生姜、海苔を散らした。

 ベリーグッド!!

 悩んだだけはある、、、美味しい 

 後は、これに入れるもの、、鰻、穴子、しめ鯖、しめ鰯、しめサンマ、海老、蟹、筍などの山菜、、、

 などで甘さ加減を調節、、、

 当分、自信がつくまで、いろんなちらし寿司を作って食べることになる

 ちらし寿司、されど、ちらし寿司、、、極めるには奥が深い!!Img_8697syukusyou

 モンタはこの部屋の隅のコーナーが気に入ったみたい、、

 このだらしない格好で、身体を丸めて熟睡

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

何をいらいら腹立てる、、

Img_8361syukusyou_1 センニチコウ

 農家の庭先、、昔 よく咲いていた

 だんだん、最近は見られなくなった

 可愛くて、美しい花

 夏の切花として、よく花瓶にさしていた

 最近の腹が立つこと

 スーパーやドラッグストアーで順番待つ時

 自分の前のオバちゃん、、レジのオバちゃんと顔見知りらしい

 レジのオバちゃんは手元を見て手を動かすかわりに、客と口をぺちゃくちゃ、、、

 遅い、遅い、なにモタモタしてるんだ!

 隣の列はどんどん進んでるぞ!

 やっと終わった!

 半分、切れかかったナベショーに

 ニコニコ いらっしゃいませ!

 何がいらっしゃいませだ! さんざん待たせていらいらさせたくせに!

 この店の従業員教育は、いったいどうなってんだ!

 最近の電気炊飯器

 明日の朝の予約設定

 今朝、ナヌ! スイッチ入ってない!

 こういうこと  これで3回目

 炊飯にしてスイッチ ON

 なかなか、コトコト音立てて炊きださない

 暖かいだけ!

 遂に切れた

 早炊き設定にして ON

 やっと、コトコト 音立てて湯気が上がってきた

 え~い 今朝はソーメン!!

 十数年、使った炊飯器 失敗したことなし

 ダイヤルをぐるりと回して8時間後 スイッチ オン  カチャ

 直ぐ炊きたいときは、スイッチ カチャと押すだけ!

 1合飯なら20分でOK

 シンプル イズ ベスト!

 最近の扇風機

 これもわかんないなあ~

 なに?

 「マイナスイオン 発生」 健康に良い?

 何だ~これ?

 「マイナスイオン」って 陰イオンなら知ってるけど、マイナスイオンってなんだ?

 こういう化学的、物理的根拠のない偽化学でもっともらしく消費者をだますとはけしからん!

 でも、鰯の頭も何とか、、、の毒にも薬にもならない「マイナスイオン」なので、腹を立てるほうが大人気ないのかな~

 大手電機メーカーには化学専門の人はいないようだ!

 酸性食品 アルカリ食品 これもわけがわからんものの一つ

 食酢は酸性  寿司や酢豚は酸性食品か?

 血液サラサラ、、、いったい血液の粘性がいくら変化するってんだ!

 定量的に表現しろよ!

 イメージだけで善良な消費者を惑わすなってんだ!

 まあ、スーパーのレジのオバハンのせいでいらいら腹を立ててるわけじゃないのだが、、、

 Img_8665syukusyou_1 Img_8667syukusyou_1 小さな蜘蛛の集団                                            

 近づくと、一瞬にしてぱっと広がる

 これは子供の蜘蛛なのか、こういう集団で生活する小さい蜘蛛なのか?

 しばらく、観察してみよう

 庭にいる小さな生き物

 蝶、蜘蛛、毛虫、ミミズ、蟻、蜂、、、、、Img_8626syukusyou_1

 モンタ 玄関のそとから、家の中をそっとうかがう

 誰かいないの~

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

まさかの「坂」

Img_8372syuku 人参の花

 ぱっと見て、この花が何かわかる人は少ないだろうな~

 ナベショーだって、花の下の茎、葉っぱ、何が植わってたかを知ってるから人参の花ってわかるけど、、、

 ちょっと変わった花だね!

 23日の毎日新聞夕刊に面白い記事が載っていた

毎日新聞専門編集委員の近藤勝重氏のコラムの内容

 人生には「上り坂」、「下り坂」の他に「まさか」の坂がある、、、という淀川キリスト教病院の名誉ホスピス長柏木哲夫氏の著書「人生の実力」に書かれていたのの引用である。

 家のことを顧みずに働き続けた定年亭主が、妻を慰労しようと温泉にでも連れて行こうと思った矢先に癌になった(亭主が、、だろうな)、、、という例をあげての命名だそうです。

 昨年の厚生労働省の統計では、日本人の死者は108万人、うち癌で亡くなった人は32万人、男性は60歳代、女性は50歳代が一番多いという。

 柏木氏がホスピスでお世話する患者さんの平均年齢は63歳で、過去10年変わっていない。

 とすると人生80年のうち「まさか」の坂は男性にとって60歳台にあることになる。

 ストレス→自律神経の不調→免疫力の低下→癌発病

 という経過の場合、その期間は5~10年、

 男性の60歳代が癌年齢なら、ストレスに曝される50歳代の坂

 急な坂を登りつめ、尾根伝いの緩やかな坂に達し、一息入れて周りの山々を見渡し、頂上(人生の終焉)を見上げる。

 さあ、もう一息、、、もうひと頑張り、、、ボチボチいくか、、、、、ってのが60歳

 ナベショーの50歳代は、仕事も適当に楽しみ、もっぱら単身赴任生活をエンジョイしてたから

 ストレスは無かったね

 今回の、木から落ちて腰椎圧迫骨折、、、これは全く想定外、「まさか」の坂だね。

 いな、落とし穴 だよ

 今日も午前中は庭の草引き、、 午後は読書(高村 薫 の照柿)とお昼ね、、、、

 今日も可愛い蝶の写真を!Img_8633syukusyou Img_8644syukusyou Img_8647syukusyou Img_8650syukusyou Img_8588syukusyou

 クロアゲハ ツマグロヒョウモン、アゲハ、

 セセリチョウ、シジミチョウ

 

今日も無花果を無傷で2個収穫Img_8652syukusyou Img_8653syukusyou                                     

 完全に熟れる一日前に採る、、、、、、4勝一敗

 この一週間、ず~と、ヒヨの先を越して、未熟なうちに先にとる、、

 そうすると、ヒヨトリは諦めて、こなくなる

 来週くらいになると本格的な収穫期になり、一日5~10個くらいづつ収穫できる。

 だから、今、あえて少し未熟な状態で採ってしまう、、、

 今のところ、ナベショーの作戦通り、、、

 豚バラブロック肉を塩胡椒し、しばらく寝かせてから燻製炉で焼き豚にした。

 これを薄く切って、野菜炒め、、、

 ピーマン、キャベツ、ニンニクの茎、長芋、エノキ茸、人参、モロヘイヤ、ニンニク、生姜、

 ごま油とラー油、醤油、味醂で味付け、、片栗粉を酒で溶いて加えてトロミをつける

 お好みソースをかけても美味しい Img_8618syukusyou Img_8658syukusyou

 

 ばら肉の焼き豚は冷蔵庫で長期間保存できるし、

 炒め物、煮物、ラーメン、いろんなのに重宝であるImg_8627syukusyou

玄関のガラス扉の向こうから、入れて~ と待ってるモンタ

勝手に外へ出て行ったのに、、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

チキンカツの思い出 「風車」

Img_8490syukusyou ノカンゾウ

 これだけ一度に咲くと、迫力がある

 蝶が飛んでくるのも納得!

 野に咲く野草だけど、庭でも立派に通用する

 もう一月近く 毎朝、毎朝、新しい花が開いて、夕には萎んでしまう。

 秋には、もっとたくさんの株を植えよう。

 今日も庭の草取り、、鎌を持ち、しゃがんで、一本一本、地面に固く根を張った草を引いていく

 今日、終えたところに除草剤「シマジン」を蒔いて、水をかけておく

 何とか、今週中には、庭の草取りを完了させたいもの、、、

 9月には、やはり草ぼうぼうの畑も待っている、、、

 サツマイモ、牛蒡、カボチャ、長芋を収穫して秋野菜の種まき、苗の植え付け、、、

 茶畑を久しぶり見に行ったら、わずか一ヶ月半で茶樹も見えないくらい雑草が覆い繁ってる、、

 来年からは、やはり除草剤を散布しなきゃだめかな~

 9月には草を取って、肥料蒔いて、10月には秋番茶を刈って、工場で製茶して、

 10月末には来春の八十八夜のために整枝もせにゃならん。 

 それらの合間を見て鈍行列車の旅もしたいし、、、

 青春18キップは9月10日まで、

 鉄道の日記念は10月1日~20日まで

 腰椎圧迫骨折の回復と相談しながら、、、、

 軽い作業から優先順位つけて、、、

 義母が、グループホームズに入居することになり、今日、ベットや荷物をクロネコに持っていってもらった

 妻と義母は今日から静岡の家に滞在し、義母は火曜日から入居する予定

 さあ、、新しい環境に慣れてくれるか、、

 今日も可愛い庭のチョウチョを紹介しましょうImg_8472syukusyou Img_8517syukusyou

 

 アカタテハとモンキチョウ、、、この庭に住み着いているみたい

 今日の夕食Img_8617syukusyou                           

 豪華 チキンカツ

 鶏の腿肉一枚を揚げる

 下の黄色いのは?

 とぎ卵が残ったので、卵焼きにしたの、、

 チキンカツ、、、これには思い入れがある

 大昔、学生時代、家庭教師のアルバイトのため、週二回、夕方に池田から大阪梅田に出てきた時、阪急百貨店の二階レストラン「風車」で160円のチキンカツ定食をよく食べた。

 大きくて、安くて、豪華で、美味しくて、、、、

 お金が無い時は、ガード下の奥のカレー屋で50円のカレーだった。

 隣のヤツには牛が3っ、俺のは1っこしかない、、、とぼやきながら、、、

 阪急八番街にも「風車」はあった

 でも40年後の今、阪急百貨店の二階、、「風車」は無くなっていた、、Img_8409syukusyou

 カーテン越しに、モンタも外に出たいよ~、、、

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

今日も毛虫、、

Img_8377syukusyouイヌ タデ

 タデの種類もたくさんあるが、よく見ると、なかなか風情もあり、美しい花である

 今日も庭の草引きしながら、果樹の毛虫退治したり、蝶の写真撮ったり、、、

 昨夜からお泊りしてる孫たちは妻とパン作り、

 モンタは、ナベショーと一緒に庭に出て、好きなようにふるまってる、、、

 それほど日が照らず、涼しい、、、と思ったが、、、

 お昼前と夕方、、二回、シャワーして着替えた。

 毛虫の毛が背中に入ったのか、身体がチク、チク、、

 なんとなく気になったためであるが、、、

 

 昨日に引き続き、今日退治した毛虫を紹介しましょう、、、Img_8461syukusyou Img_8467syukusyou                   

 スモモの木、一枚の葉っぱにかたまってるときに、退治すればいいが、数日経つと、右の写真のように3センチくらいに成長して枝全体に広がる

 それでも見落とすと、10センチ位になって、木全体が丸坊主になる

 赤黒い、なんとも気味悪い毛虫、、、毎年発生する。Img_8500syukusyou Img_8513syukusyou

 

 これは電気虫と呼んでいる

 一枚の葉っぱに行儀よくかたまっている

 この一枚だけ食われた葉っぱを見つけ出して、取り除かないと、

 直ぐ、大きくなって、木全体に広がる、、

 葉っぱと同じ色をしてるので、気がつかない。

 手や身体に触れただけで、電気ショックのように、ビリビリ、ピリピリっと衝撃が走り、

 いつまでもビリビリ痛む 

 単身赴任の昨年までは、昨日紹介した毛虫もこれらも、、週末に帰った時に見つけ損なうと、

 翌週に帰って来た時、果樹は見事に丸坊主にさていた

 さて、モンタはナベショーが外にいる間、ず~といっしょに庭にいた

 家の中にいるときとは、表情と体つきがこれほど異なるのか、、と

 凛々しいお姿でございますImg_8557syukustou Img_8562syukusyou 屋根のヒヨを警戒してるのです!

Img_8558syukusyou Img_8559syukusyou Img_8572syukusyou Img_8581syukusyou

 美しい蝶とお花の写真も紹介しましょうImg_8487syukusyou Img_8470syukusyou Img_8494syukusyou_1 Img_8473syukusyou Img_8475syukusyou        

 ノカンゾーとモンキアゲハ  かなり羽が痛んでいる

 ツマグロヒョウモンの雄と雌

 草の中にはバッタもいる

 モンキチョウ

 チョウチョの楽園 草ひき出来ないなあ~ 

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

毛虫、毛虫、毛虫、、、、、

Img_8351syukusyou ノケイトウ

観賞用の鶏頭より、上品な花だと思う

種子を薬用に栽培してたのが、野に逃げ出したらしい

種子は高血圧、かゆみ、鼻血の薬となる(永田芳男 山渓)

 腰を痛めて、ほぼ1ヶ月半、振り返ってみると一週間ごとに症状に変化がある。

 最初の一週間は、ベットに寝込んだが最後、痛くて起き上がることも、寝返りうつことも、たいへんだった。

 時にはぎっくり腰のように腰から腿にかけて鈍痛がある日もあった。

  次第に、その痛みは薄らいでくるにつれて、今度は腰から背中にかけての筋肉や筋の痛みが出てきた。

 日によりその症状があるとき、無い時、、いろいろだった。

 先週くらいからは、筋肉痛のような痛みが主であった。

 腰椎が骨折によって変形しているため、周辺の筋肉と筋に、今までと異なる力がかかっていることによる軽い炎症の痛みであろう。

ベットに仰向けに寝ると、腰の筋肉が引っ張られて痛みが生ずる。

 外科用のインドメタシン製剤の塗り薬を塗布すると、かなり痛みがとれることがわかった。

 リハビリのためにも、今日は午前中、芝生の草引きをやった。

 座ったり、寝そべって、鎌の先で草をとる作業なので、腰には全く影響は無い。

 今週、来週は庭の草取りを、無理の無い程度にやってみよう。

 庭の木が、かなり毛虫にやられている。

 キンチョールで噴霧が届く範囲を消毒した。Img_8416syukusyou Img_8434syukusyouImg_8433syukusyou                             

 

 アンズの木はほぼ全滅、、、

 数日まえに見たときは、少し毛虫がいるな~という程度だったのに、、、、

 来年は花が咲いて実が収穫できるだろうか?Img_8436syukusyou Img_8445syukusyou Img_8441syukusyou

 ユスランメには、同じ毛虫がついている

 ツツジには別の虫  どのツツジもかなり食われて葉が無いのもある

 柿の葉にも小さな蓑虫がぶら下がり、葉が食べられている

 キンチョールを噴霧して、殺した。

 ナベショーの戦い

 ヒヨトリ、スズメバチ、毛虫、青虫、野菜の病気、、、、、

 そのうち、ハクビシン、カラスも、、、

 これらの毛虫、、、大きい噴霧器で殺虫剤を噴霧したいのだが、

 蜜蜂に影響あっては困るし、、、

 蜜柑や果樹の花の頃、時々、巣箱の前で数百匹の蜜蜂が死んでいることがあるんです

 今夕の料理Img_8451syukusyou

 ひき肉と野菜たっぷりのカレー風味のミートソースをご飯と茹でキャベツ、鰈のムニエルにかけたの

 皿数が少なくていいね

Img_8457syukusyou モンタはどうして普通の姿で寝られないんだろう

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

アシナガバチ 退治

Img_8340sykusyou ハナニラと蟷螂

 ニラの花が咲き始めた

 1メートル四方くらいにかたまって、数十本の茎が伸び、その先端に白い可愛い花が集合して咲く

 偶然、蟷螂が花にとまっていた

 まだ、赤ちゃんのよう緑色の可愛い蟷螂だった

 今日は朝から蜜蜂の箱を開けて、検査をする

 長袖のシャツを着るので、汗びっしょりになる、、

 作業が終わってほっと一息、、、

 なんと、なんと アシナガバチのでっかい巣

 蜜蜂の箱に覆いかぶさるようなローズマリー の枝に、、、、、Img_8296syukusyou_1 100匹はいるぞ~Img_8302syukusyou_1

 

 注意深く、蜜蜂にかからぬようにキンチョールをシュー! と一噴き、、一目散、、

 可哀想だが、、、、かんにんや!Img_8312syukusyou             

 毎日、数回は蜜蜂の箱を観察に行くから、

 そのうち襲われて刺されていたろう

 危ない、危ない、、

 これだけ大きなアシナガバチの巣ははじめてである

 子供の頃は、この蜂の子を餌にして、川へ魚釣りによく行った

 横のオリーブの木を見ると、、、ヒヨトリではないか!Img_8406syukusyou Img_8407syukusyou

 

 一匹だけ?

 否、屋根の上のTVアンテナにも一匹、、、ピー ピーと鳴いてござる

 狙ってるのは無花果か、葡萄か??

 明日の朝のための偵察だなImg_8320syukusyou

 目星をつけたのは、、これっ!!

 ほんとは明日 一日置いておくと柔らかくて美味しいのだが、、、

 収穫してしまう

 これで3勝一敗

 今日の夕食料理

 先日、買って3枚におろして、焼いておいた鯖で、焼き鯖寿司を作った

 竹のすだれの上のラップフィルムを広げ、寿司飯の固まりを載せて、山椒の実(醤油煮)をぱらぱらと散らし、焼き鯖を載せて4~5回ぐるぐると巻いて押さえて出来上がり

 冷蔵庫で数時間寝かせて、包丁で切る、、、

 ラップフィルムを巻いたままで切ると崩れない、、、

 でも、手順間違えて、ラップフィルムを取り除いてから切ったので、グチャグチャに崩れてしまった!Img_8410syukusyou Img_8411syukusyou

 

 

 味はよし、とっても美味しいけど、これではね~

 妻が作ったちらし寿司のほうが、綺麗に出来て、美味しかった。Img_8413syukuyou

 ちらし寿司に焼き鯖の身をほぐして、たくさん入れたらおいしいだろうな~

 アナゴちらし寿司、鰻ちらし寿司、鯖焼きちらし寿司、山菜ちらし寿司、しめ鯖のちらし寿司、、、、何でもありだな!

Img_8323syukusyou モンタの最低の寝姿、、、、

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

蝶の写真

Img_8118syukusyou アゲハチョウ

 大学の時の研究室の助教授のA先生は、島根大の教授になって赴任され、以来ず~と、最後の退官されるまで単身赴任だった。

 赴任される時に、ニコン一眼レフのカメラを餞別として、みんなで贈った。

 10年前、先生の退官記念パーテイーの時、全員に記念品の写真集をいただいた。

 そして、びっくり!!

 その写真集のタイトルは「ヴィーナスの可憐な舞姫たち」

 日本に生息する多くの蝶の写真集(80ページ)であるが、、、、

 羽を広げた美しい蝶、

 その幼虫

 その孵化する前のサナギ

 それぞれを、マクロレンズで撮影した美しいカラーのアップ写真なのである

 一つ、一つの蝶の写真を眺めながら、さらに驚いたこと、、、

 全く、羽が傷ついていない、完全な蝶なのだ!!

 もう一つ、、、こんなにアップで撮るのに、数十センチの距離まで近づいているはず、、

 蝶が逃げないでじっとモデルさんやってるはずが無い、、、?????

 どうやって????

 写真集の最後のページ、、ごあいさつ に 種明かしが書いてあった

 「松江郊外の古びた官舎の広い庭には、様々な雑草や雑木が生え、何種類かの蝶の幼虫が生息していた。近くの野山にも関西では見かけがたい蝶が豊富だった。

 長年忘れていた蝶の飼育をすることも楽しみだった。

 、、、、、、、 

 孵化した蝶の撮影には手こずりました。

 蝶を何とか静かにさせようと4年間あれこれ模索しているうちに、暗いところでは飛べないという習性を逆用することを思いつきました。

 そしてやっと室内の蛍光灯下で羽化直後の蝶の美しい写真が短時間で撮れるようになりました。

 撮影後は逃がしてやります。」

 なるほど~!!!

 我が家の庭も、いよいよ草ぼうぼうの末期状態、、、

 しばらく、庭にいると、なんと、たくさんの蝶が飛んでくるではないか!!

 今まで、こんなにたくさんの蝶がいたとは気がつかなかった。

 アゲハチョウ、キアゲハ、クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、、、他にも小さなシジミチョウやセセリチョウまで入れると10匹くらいのチョウが花の蜜を吸ってたり、柚子、蜜柑の木に卵を産みにきている。

 ナベショーがいままで蝶をゆっくり見る気持ちの余裕がなかったのだろうか?

 それとも 自然が美しくなり、最近、チョウも増えてきたのであろうか?Img_8225syukusyou Img_8233syukusyou

Img_8240syukusyou Img_8246syuklu Img_8254syukusyou Img_8266syukusyou

 

 

 これらは、真昼間の太陽がさんさんと照りつける午後の撮影、、 

 キアゲハ、アゲハ、ツマグロヒョウモン(雌)

 最初の冒頭のアゲハの写真のみ、夕方の撮影である、、

 今晩は長男家族が来たので夕食を一緒に食べる

 昨日の鰹を、冷凍庫から出して、解凍し、タタキにして盛り付けた。Img_8276syukusyou

 ニンニク、生姜、玉ネギスライス、青紫蘇などの薬味を添えて

 大皿に、、

 何と、写真はピンボケ、、

 3枚とったのに、、、 全部、、

 こりゃどうしたことか?

 蝶のように動き回らず、静止してるのに、、、

 こんなにたくさんのタタキを盛ったの久しぶりだったので、気持ちが高ぶって、手が震えていたのか?

 ナベショーも、もう年かなあ~

 デザートには、庭の葡萄 デラウエアーImg_8270sykusyou  

 まだ、少し収穫は早いが、数房採った。

 美味しく甘くなっている

 ヒヨトリの襲撃まえに、食べてしまわないと、、、

 これで3勝1敗、、

Img_8274syukusyou  モンタのドアップの顔

 カメラを向けると、フラッシュの光がまぶしいので、反射的に目を細める

 食欲もだいぶでてきて、動きがきびきびしてきた。

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

鰹 1本丸ごと料理

Img_7419syuku エンジェルトランペット

 最近、畑の隅、家の庭など、この一見奇妙な花を見かけるようになった。

 冬には、株の根元から枝を切っておくと、春には新しく伸びて、2mくらいになり、黄色や白のトランペットのような花をつける。

 夏も盛り、だんだん咲いている花が少なくなる

 山ではクサギが唯一咲き、平地ではサルスベリ、ヒマワリ、タカサゴユリ、、、、

 8月も末になれば、秋の野草が咲き始める、

 蜜蜂にとっては、集める蜜が少なくなり、残暑も厳しく、辛い時期でもある

 今日は久しぶりに焼津へ魚を見に行った。

 鰹の手ごろな大きさのが1本 1300円 家族が少なくなって以来、1本丸ごと買うことは久しくない、、、

 えいっと1本(3.4Kg)丸ごと衝動買い

 気が大きくなって、生鯖2本で330円、

 ついでに最近では珍しい高級魚 の真鰯 10匹 655円

 Img_8187syukusyou_1 Img_8189syukusyou これくらいの魚でないと、出刃包丁で下ろした 気にならないね

 久しく、やっていなかったので、2枚におろしたら、骨側にいっぱい身がついちゃった、、、Img_8195syukusyou Img_8196syukusyou

 骨の回りについた身を削いだら、こんなに取れた、、 これはお昼ご飯のおかず

 骨と頭のアラを焼いたら、こんなに、お皿いっぱい、、

 手で骨から身を全部外したら、お皿いっぱいになったよ

 牛蒡、人参、山芋、油揚げと一緒に炊き込みご飯 にした

 夕飯はこの炊き込みご飯で十分である

 、、、で、鰹の身のほうは?

 Img_8193syukusyou

 三枚おろしで骨を外した身は、中骨と血合いを取って、背側と腹側 それぞれ2本ずつ 4本に切り分けた。

 金串を刺して、火で表面をじりじりと炙って出来上がり

 それぞれをサランラップで包んで冷凍庫に入れた 

 夕方帰宅した妻が、今晩の夕食は鰹のアラ焼きの炊き込みご飯だけ?

 と、不服そうなので、一本だけ取り出し、タタキにした   そうだよな~

 お汁は無いの?  注文が多いけど、まあね~

 干し小貝とキクラゲ、青海苔の中華スープ(味醂、醤油で味付け)を追加した。 Img_8220syukusyou

というわけで、今晩の夕飯は、このようになった

この炊き込みご飯が美味しいんだね~ 

3杯もお代わりした

今日買った生鯖は一匹は3枚におろして塩焼きに、、

明日にでも、若狭の焼き鯖寿司に (ノルエーの鯖じゃないからね)

もう一本は煮付けて冷蔵庫に

真鰯は2枚におろし、塩をたっぷり振って冷蔵庫へ、、、これは1週間後に酢漬けの瓶詰に、、Img_8200syukusyou Img_8202syukusyou Img_8199syukusyou

久しぶりで、たくさんの魚を料理した

 ちょっとしたストレス解消だね

 家族が少ないので、ボチボチ数日かかって、食べることになる

Img_8204syukusyou Img_8207syukusyou

 モンタはだんだん元気になった 

 外へでて、いつも遊んでいる

 ああ、、、ヤマモモの木の下で、ウンチしてるぞ!

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

ツマグロヒョウモン

Img_8161syukusyou ツマグロヒョウモン

 妻、すなわち雌が色黒なので、ツマクロ、この名前なのだと、最近まで思ってた、、

 違うんだ、、、

 羽の先、端(はじ)が黒いからこの名前、、、

今日の毎日新聞 夕刊の第一面

 生き物、気象に異変 亜熱帯化する列島 という見出しで「ツマグロヒョウモン」の写真が載った。

 東京医科歯科大の藤田紘一郎名誉教授(熱帯医学)の話

 東京都八王子市の高尾山(599m)では3年前から毎年、アジアやアフリカの熱帯、亜熱帯地域に分布する「ツマグロヒョウモン」という蝶が見られるようになった。

 ナベショーは、この記事におやっと思った

 その「ツマグロヒョウモン」は、静岡の我が家の庭に、ず~と前からよく飛んでくる。

 アジア、アフリカの亜熱帯の蝶とは知らなかったよ

 と言うのは、40~50年前、丹波の綾部で過ごしたナベショーは中学生の頃の蝶に凝っていた。

 この丹波の山奥の自宅近く(亜熱帯どころか涼しいところですよ)で、この「ツマグロヒョウモン」はよく飛んでいた

 特徴ある美しい蝶だったので、いくつか標本にしたことがある。

 当時、ナベショーが持っていた日本蝶類図鑑にも載っていた。

 だから、この新聞記事の記述では、日本が亜熱帯化したために、アジア、アフリカの熱帯、亜熱帯に分布する蝶が、最近、温暖化のために日本に住み着いて、高尾山でも見られるようになったという意味に誤解される。

 ちゃんと調べてみると、日本では、1980年代までは近畿地方以西に分布、

 1990年代になると関東南、富山、新潟平野部へと分布が広がって、2002年には北関東でも見られるようになったという。

 だから、この新聞記事の表現ってむつかしいな~

 だから、この藤田教授は東京の方なので、、熱帯地方の蝶であるツマグロヒョウモンが、関西以西には昔から分布してたことをご存じなかったのではなかろうか。

 今日の夕食Img_8170syukusyou_1  

鰯のすり身に牛蒡、人参のささぎりを混ぜて油で揚げる

山芋の細切りとおろしたのに大きめの茹シラスと青紫蘇を混ぜたのを油で揚げる

これらを二つきりにしたピーマンに詰めて揚げる

茄子の二つ切りを揚げる

美味しいけど、カロリー高いな!

 実は、これに、トーモロコシ1本、500mlのカンビール1本

 それに、このお皿にのってるのの2倍くらい、、、

 動かないで静かにしてる人は、もっとカロリーの低いのを食べないと、、、、

Img_8174syukusyou モンタがあまり食べないからね~

 それでもいつもの半分くらいは食べるようになった

 これはしんどいから目をつぶってるのではなく、外で遊び疲れて、眠いから目をつぶってるんです、、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

スズメバチ

Img_8079syukusyou テッポウユリ? それともタカサゴユリ?

 我が家の横を走る国道1号線、藤枝バイパスの法面にたくさんの白いユリが満開、、

 近くの家々の庭、道の側道沿、、このユリがいたるところに咲いている

 ぴゅっと横に長く伸びてトランペットのような形

 中には一つにいくつもの花が咲いている大株もある

Img_8089syukusyou  これは国道1号線沿いの土手に咲くユリの群れである

 誰かが球根を植えたのか、自然にどこかから種が飛んできて生えて増えたのか、、、

 東名高速道路でも、こうした道路沿いの土手に咲いているのをよく見かける 

 今日は蜜蜂の巣箱にスズメバチ捕獲器を取り付けた。Img_8112syuku Img_8114syuku

 

 初秋から10月にかけて、スズメバチ(クマバチともいう)が蜜蜂を襲う

 初めは1~2匹で偵察にやってきて、その後大挙して大群が襲う

 わずか数時間で蜜も幼虫も蜜蜂も全部、食べつくされて、

 巣箱の前に死骸の山が築かれて全滅するという

 以前、TVでやってた

 日本蜜蜂の場合、スズメバチが偵察にやってくると、

 蜜蜂(働き蜂)達は、蓄えた蜜を大急ぎでたくさん食べて、

 羽を激しく動かし、蜜を熱エネルギーに変えて体温が上昇するのを待つ

 そして、数千匹の働き蜂は一斉にスズメバチに襲い掛かかる

 まるで、野球ボールのようにスズメバチを芯にして団子状の固まりとなる

 スズメバチは蜜蜂団子の中で、熱に耐えれなくて死んでしまう

 蜜蜂の耐えられる温度はスズメバチより数度高いことを利用した必殺の戦法である

 その温度差、わずか数度、、、

 蜜蜂にとっても、ぎりぎりの命をかけた戦いなのである

  ただ、これは日本在来の日本蜜蜂の場合で、一般の養蜂家が飼育する西洋蜜蜂には、このようなスズメバチとの戦いの知恵はない

 まさか、ナベショーが補注網を持って、一日中、スズメバチ退治の番をしてるわけにはいかない、

 と言うことで、写真にあるような捕獲器を巣門のまえに仕掛けた。

 スズメバチはこの箱に入って巣門にたどり着くのに、習性で上へ上へと移動し、遂に元へ戻れなくなってしまう

 蜜蜂は体が小さいので、格子をすり抜けて、袋小路からでられなくなることは無い。

 スズメバチに刺されると、子供や老人は死ぬ場合もあるという

 その巣は直径30センチ、、大きいのは50センチ以上

 成蜂 2~3000匹、幼虫2000匹の恐ろしい大群となる

 兵庫県の箕面市にモミジや猿で有名な箕面公園がある

 その公園の裏山を川に沿って数キロメートル奥へ入ると、勝尾寺という有名なお寺がある。

 何年前だったろうか?

 20年前、 30年、、40年前、、、??

 幼稚園の遠足で、大勢の園児が箕面の勝尾寺へ行って、スズメバチの大群に襲われた

 その時、列の先頭で引率していた園長先生は襲ってくるスズメバチの前に立ちはだかった

 仁王立の園長先生を無数のスズメバチが攻撃する間に、

 園児達は、他の先生の誘導で無事避難できた

 しかし、園長先生はスズメバチに数百箇所刺されて死亡された

 その園長先生は、戦争の時、南方戦線で、伍長として、兵隊達の先頭に立って戦って、

 奇跡的に生還されたかただったという

 園長先生の犠牲の死によって、多くの園児が誰一人刺されることなく命が助かったのである。  

 当時の新聞に大きく報道されたのを、覚えている

 今朝は無花果、ヒヨトリにやられた、、Img_8102syukuImg_8111syuku この敵ながら天晴れ、見事な食べっぷり!!!

 だから、明日収穫予定のもの、2個 夕方早めに収穫した

 ざまあ見ろ、、

 昨日と合わせて、今日のところは2勝一敗 

 ヒヨとナベショーとの暑い夏の戦いは、正に今、始まったところである~

 葡萄(デラウエア)は今日お試しで一房採ったImg_8105syukusyou

 美味しいが、もう少し色ついたほうが甘い

 袋かけと防鳥網、、何処まで効果があるか、、

 今のところは、まだ収穫にはちょっと早い

 あと、4~5日かな?

 と、ヒヨトリも考えてる、、

Img_8135syukusyou  モンタは、少しずつ元気になってきたが、まだ食欲がイマイチ、、

 いつもは、朝、夕、合わせてカリカリを小さなカップ2杯食べるのに、朝の一杯さえも半分残す、、、

 動作も緩慢、、、

 まあ、、明日は元気になろう、、、

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

蜜蜂飼うにもいろいろあるんだな~

Img_8068syuku ナンバンキセル

 南蛮煙管と書きます

 この名前は、全体の形がマドロスパイプ、南蛮から渡来した煙管に由来する

 ススキ、サトウキビ、生姜などの根に奇生して、養分を取っている。

 だから、緑の葉は完全に退化している

 だから、地面からいきなりひょろひょろと土筆のように20センチくらい伸びて、先端に花がついている

 この南蛮煙管は農家の茗荷畑の中でに見つけた

 茗荷の根に寄生しているのである。

 もう直ぐ、お月見の季節、、

 ススキを見つけたら、その株の根元を探してください

 南蛮煙管が見つかるかも知れませんよ

 今日は、養蜂の講座、、養蜂家の先生のところで

 「8~9月の養蜂」のレクチャー

 生徒は3人、いずれも昨年から今年の春に趣味で養蜂をはじめたものばかりである。

 他の二人は、この春、市街地の住宅地、隣家に接する自宅の庭で、仕事で留守中に分蜂騒ぎを起こした

 つまり、新女王が誕生すると、旧女王とその群れが巣を出て行く、、

 その時、新しい住家が見つけるまで、近くの木の枝に固まりになって騒ぐ、、

 奥さんが、びっくり、あわてて蜂に刺されてしまった

 以来、奥様の許可が得られず、自宅の庭で飼えなくなった

 それで他人の山に置かしてもらい世話をしかけたのだが、、、、

 今度は、他の養蜂家の蜂場既得権があって、新参者は入れさせてもらえない、、、

 猛烈な拒絶に会った!

 また、別の場所を探さないといけない、、、

 何や、かんやで、十分世話できなくて、女王がいなくなったり、、

 まだ、一度も蜜を採取できないそうだ

 ナベショーは、自宅の庭に蜜蜂箱を置けるので、

 縄張りも既得権も、何も無いので苦労はない。

 川の水利権、川や海の漁業権、というのは知っていたが、

 養蜂にも蜂場権があるとは知らなかった、

 たとえ、自分の土地であっても、自宅以外の自分の畑、山に蜜蜂の箱を置くことは、

 すでに、そのエリアの蜂場権を持っている人の許可が得られないと、出来ないのである。

 また、蜜蜂を飼うと、県知事に届けを提出することが、養蜂振興法という法律で義務つけられている

 いや~

 趣味で蜜蜂を飼うにしても、いろいろあるもんですね~

 昨年秋、妻と中山道の宿場巡りの旅をしたとき、

 定年退職して4年になる群馬、高崎のご夫婦と同宿した

 農業をしながら蜜蜂を自宅庭で飼い始めて、今は4群に増えた。

 夫婦で世話し、可愛くて、可愛くて、何升も蜂蜜を採取し、料理、デザート、、、食べきれない、、と

 そのお話を聞くうちに、ナベショーも蜜蜂を飼いたくなって、

 妻の反対を押し切って、今春から飼い始めたのである。

 まだ、半年に満たない

 一年を通して、季節季節の飼育の仕方、ポイントを教えてもらっているところである。

 それでも、春から今までに3回採蜜し、既に10Kg以上の蜂蜜を収穫した

 毎日、贅沢にもたくさん食べられるのは幸せである。Img_8096syukusyou

 今夕の料理

 、、、というほどでもない

 カレイの切り身の煮付けに野菜の煮物

 カレイが脂も良くのっていて、とろけるほどに美味しい。Img_8097syukusyou

モンタはまだ本調子ではなく、食欲が無い、、、

熱が下がってるみたいだが、、

顔も冴えね~な~!

カリカリもたくさん残す、、、

まあ、薬も飲ませているから、明日には、もう少し元気になろう

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

クサギの花とアゲハ蝶

Img_8048syuku クサギ

 花自身は美しく、香りも悪くは無い、、 

 しかし、葉に特異な臭気がある

 ねっとりと鼻の奥の粘膜に吸着するような、、、、

 漢方薬で、葉をちぎって食酢に漬けておき、葉を取り出しておできにあてがうと腫れが引くとされる

 秋に熟する果実は紺色、江戸時代には染色に利用していた

 芽、葉は茹でて和え物、油いため、佃煮に、、花は茹でて酢物にする (山野草 カラー百花 主婦の友社)

 こういう癖のある臭いの葉は天婦羅にしたら、意外と美味しいかも、、、、

 ドクダミの天婦羅みたいに、、、

 今まで、食したことが無かったが、トライしてみる価値はある。

 高さ数mの落葉樹、、山道の岸などに咲いている

 道を歩いていて、異様な臭いに周囲を見渡し、頭上を見上げてクサギにきずく、、

 先日、車で通り過ぎたら、クサギが咲き始めていたので、たぶん、アゲハ蝶もたくさん集まっているだろうと

 カメラを用意して行ってみた。

 期待どおり、クロアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハなど、数十匹のアゲハ蝶

 道端の5~6本のクサギに乱舞していた。

 でも、なかなか、花に群がるアゲハ蝶、、、という写真は撮らせてくれない。

Img_8059syuku Img_8036syuku

Img_8058syuku Img_8055syuku

 

 最後の写真は 蜜を吸う、モンキアゲハである

 ほんとは5~6匹が写っているシャッターチャンスを狙ったが、駄目だった、、、

 今の時期、花が木一杯に満開で咲いているのは、このクサギとサルスベリ(百日紅)くらい、、、

 あとは庭の花壇で咲いているのはフヨウ、エンゼルトランペット、朝顔、鉄砲ユリ、ノウゼンカズラ、

 我が家の蜜蜂も、これらの花から蜜を集めてるんだろうな~

 クサギの花の蜜、、、やっぱり この特有の香りがするんだろうか?

 中学生の頃、蝶の採集に夢中になった

 春から晩秋まで、ほとんどの週末は補虫網を持って、野山を駆け巡った、、

 クサギの木の下で待っているだけで、アゲハ蝶がたくさん飛んできたものである、、

 数十匹のアゲハ蝶の乱舞、、、久しぶりに見た

 少しずつ昔の自然が帰って来ているのだろうか?Img_7721syukusyou     

 お昼の料理

 小さなスルメ烏賊があったので、開いて醤油タレを漬けて焼いた。

 素麺にスルメ烏賊、茗荷、青紫蘇、ネギ、、最後に真ん中にトロロ芋を

載せて素麺出汁をかけた。

 天婦羅、鰻の蒲焼、焼き鳥、マグロの剥き身でも美味しいかも、、

 Img_8014syuku

   モンタ 、、、薬が効いているのか昨日より元気だが、食欲はなし、

   動きも鈍い、、、

   明日になればもう少し元気になるだろう 

    よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング                                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

シニアーライフの腕時計

Img_7983syuku_1 サルスベリ

 あちらこちら、家の庭のサルスベリが満開!

 白、ピンク、ムラサキ、ウスムラサキ、赤、、、いろんな色

 昔、子供の頃はサルスベリの花といえば、濃い赤ピンクだけと思い込んでいた、、

 花が咲いた後には、実がなり、冬になると、丸い茶色の実が弾けて、種が飛ぶ、、、

 寒さにやられて枯れたような細い枝、少し先端を折ってみて、はじめて生きていることがわかる

 昨日はナベショーの地球儀の置き時計を紹介した

 今日は、会社人間の頃の腕時計を捨てて、定年退職と同時に買った腕時計、、、を紹介しましょう。

 前々から欲しかった

 10年ほど前だったか、高度計測、気圧、気温、方位、、それにGPSのついた腕時計がカシオから発売された

 値段は5万円以上

 注文が殺到して、いつも品切れという、、、、、これがず~と欲しかった

 定年退職と同時に、大阪駅北のヨドバシカメラへ買いに行った。

 え~、 あのGPS付デジタル腕時計は、もう販売してないんですか?

 GPS内臓、、、ちょっと機能が複雑すぎまして、、、、

 今は販売してませんが、GPSだけが付いていないのがこれです

 それがこれである  カシオ PROTREK デジタル ソーラー 腕時計  2万円と少々Img_8003syukusyou Img_8004syuku

 

最初は 曜日 時、分、秒、ストップウオッチ 年 月 日 、

 次はコンパスと方位Img_8006 Img_8007syuku

 

気圧と気圧の変化、気温

 さらに高度計測と高度変化Img_8008 Img_8010

 

 

 年、月 日 曜日

 さらにアラーム、時報

 定年退職後の、登山、旅行、農作業、遊び、、などシニアーライフにふさわしい時計である

 今までのセイコーの金属バンドのビジネスアナログ時計、、何故か、間もなく電池が切れて止まった

 しかし、次男の結婚式のときは、花婿の父、モーニング姿でちょっとこの腕時計は、、、、、

 仕方なくズボンのバンドにくっつけたが、、

 定年退職一年たって、この時計は我がシニアーライフに完全に定着した

 今日の夕食料理Img_8030syukus                        

 昨日のTV番組でやっていたのをアレンジした 

 いや、、ナベショーではなく妻がであるが、、、

 鶏の腿肉を塩胡椒しニンニクと共にサラダオイルで、

 まず皮の側をこんがりとぱりぱりになるまで焼いた後、肉側も焼く

 フライパンの後の油でネギ、椎茸、梨を炒め、軽く塩胡椒する

 バターを溶かし、アンズジャム、塩、を加えてバターソースを作り、切り分けた鶏肉ソテーの上や野菜の上にたっぷりとかける    

 この梨のソテーもなかなか美味しい

 TYでは腿肉の代わりに胸肉、

 アンズジャムの代わりに、温州みかんの絞り汁

 梨の代わりに温州みかんであったが、いろんなバリエーションが可能ですねImg_8022syuku

 朝からモンタが元気なく、ぐったりしてへばっているので動物病院へ連れて行った。

 熱がかなり高い  40度 

 で、猫の平熱は?

 風邪かもしれないと、、

 抗生物質と風邪の薬の注射、3日分の薬をもらって帰った。

 注射が効いたのか、夜になって少し元気が出てきた。

 まずは、安心!

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

地球儀の時計

Img_7679syukusyou ノゲイトウ

 古い時代に入ってきた帰化植物の一つ、(1000年以上前)

 熱帯アメリカ、インドなど熱帯地方には広く野生している

 (山野草カラー百科 主婦の友)

 ほんのりと薄いピンク色、、、なんとなくお色気を感じさせる、、、

 種子は漢方薬、青葙子と呼ばれ、目耳の強壮剤

 目が充血した時に、種子を煎じて飲むと効くという

 今日は陽射しも強く、かなりの暑さ、、、

 家のなかでは、扇風機の風で我慢してたけど、とうとう午後には窓を閉め切ってエアコンのスイッチを入れた。

 ナベショーは計算が不得手である

 典型的なアナログ人間、、、

 数字と計算が出来なくて、よく会社で仕事が務ったと不思議に思われる、、、

 でも会社では、ナベショー以外は、計算が出来すぎる方ばかりだったので、困らなかった。

 外国との時差の計算、、、、え~と日本時間に16時間足したのが、昨日の、、、、、なんていちいち言われても、頭の中がこんがらかってしまう。

 日本の夕方が、ヨーロッパの朝、、と言うのは、会社時代に夕方を待ちかねて、現地と交信した、、、

 だから、これだけは体が覚えている。

 ハワイとロスに長女と次女がいるので、いつも電話する時、

 え~と、え~と、今電話したら夜中か~、、いや~ 夜明け? わからなくなる、

 数ヶ月前、そういうナベショーにとって、素晴らしい時計をいただいた、、

 一年前にいた姫路の防火協会からの感謝状と一緒にいただいた記念品、、、Img_8002syukusyou

 [UNIVERSAL CLOCK] 地球儀の時計である

 日本時間、午後3時、地球儀をぐるっと回転して長女のいる「ハワイ」に設定すると、

 赤いランプがチカチカ光って前日の「22時」が表示される

 日本時間午後4時22分、地球儀を回転させて、次女がいるロスアンジェルスに合わすと、ロスは「23時22分」

 おお、、もう遅いなあ、、

 日本時間午後4時24分、ヨーロッパのパリに合わすと

 朝の「8時24分」

 そのほかにも、気温表示もあるし、いろんな機能がついていて、可愛くて便利な時計である

 いろんな記念品や引き出物をいただくことがあったが、これほど役に立っているものは無い、、

 庭の無花果、、、葉はよく繁っているので、良くみてみたら、2個採り頃、、、いや、ちょっと早いかな?

 この迷い、、、今までどれだけヒヨトリにやられたか、、

 危ない、危ない、、近くの電線、屋根にヒヨトリはいないか?

 明日早朝に、おそらくヒヨトリも同じように狙っているに違いない、、、

 というわけで、少し早い気はするが、今年初の無花果の収穫、Img_8020syuku Img_8021syuku

 ヒヨとのバトル、、まずは一勝ゼロ敗

 葡萄もかなりムラサキになってきた

 袋もかけたし、防鳥網で覆ったし、、、さあ、どうなるか?  Img_7999syukusyou

 モンタは外から帰ってくると、コックリコックリ薄目で寝てばかりいる 

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

蜂蜜を採ったよ

Img_7980syuku  ホトトギス

 野生のホトトギスの他に園芸種もたくさんある。

 秋の典型的な山野草、、

 この花の何処が野鳥のホトトギスに似てるのだろうか?

 山の沢沿いの湿地で良く見かける

 この写真のホトトギスは園芸種である

 今朝は6時から蜂蜜の採取をおこなった

 3週間前より、2段の蜜蜂箱の上段と下段の間に仕切りを入れて、

 女王蜂が上段の箱に上がって来れないようにしてた

 上段の幼虫が成虫になった後の空の巣胞のほとんどは貯蜜胞になって、ずっしり重い。

 今日は上段の巣脾枠4枚を取り出し、ぎっしりくっついている蜂を振るって落とし、

 さらに刷毛でやさしく撫ぜて落とした。

 遠心分離機に2枚ずつ入れて、回転させ、蜜を分離した

 空になった巣脾枠は元の蜂箱の戻し、砂糖1Kgを水500mlに溶かした砂糖湯を餌箱に入れた

 驚くなかれ、、、この砂糖水がたったの一日で無くなり、餌箱は空っぽになってしまう

 口の中で消化してブドウ糖に転化させて貯蔵し、幼虫の餌にするのである。

 さあ、蜂蜜をステンレスのメッシュの金網漏斗でろ過して、ガラス瓶に詰めた。Img_7963syukusyou_1

 お~!!!

 200Grずつガラス瓶に充填して19個

 何と3.8Kg

 ナベショーが腰の骨を折って寝込んでいる間も、蜜蜂は働いて、こんなに蜜を集めてたんだ、、

 蜜の味は?

 春 5月に採取した蜂蜜とは、かなり味が異なる

 春の蜜は、花の香りがするさっぱりした甘さであった。

 春の花は蓮華、菜の花、桜、、、、

 この初夏から夏の花は、、、、蜜柑、栗、柿、様々な庭の花、、、

 今回の蜜は、いままで馴染みのない濃厚な甘さで色も濃い。

 いままで、蜂蜜はみな同じような味だと思っていたが、花によって、季節によって、ずいぶんと甘さの質が異なるのだな~

 浜松の次男夫婦が休暇で伊豆高原へ旅行して、夕方、立ち寄った。

 先日のお客さん用料理にと買ってきて、使わなかった鶏の手羽先2パック、他残り物のスルメイカが冷凍庫に、、

 後は茄子、ピーマン等 

 急ごしらえの料理だったが、何とか食卓テーブルをにぎやかに飾ることが出来た、、、

 後は、楽しい話題が何よりのご馳走!!! Img_7996syuku_2 Img_7995syuuku Img_7993syukusyou Img_7994syuku  

 鶏の手羽先 名古屋風

 スルメイカのリングのムニエル、茄子焼き

 茄子とピーマン焼き/生姜醤油

 豚薄切りの生姜焼き

 ついつい美味しくてビールも進む、、、Img_7956syukusyou

 モンタ、、、やはり外へでてるときは、目つきまで変わるんだね、、

 家のなかでは、無防備のでれ~とした格好、、、

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

高校野球の選手

Img_7826sykusyou イヌタデ

 もうお盆、、野には、もう秋の花が咲き始めた。

 タデ、、、あまり目立たない花だが、畑や道端など、何処にでも生えている、、、

 今日は日中 32度、陽射しの強い、よく晴れた日だった。

 空も青く、山は良い天気だろう、

 富士山も凄い人だったらしい

 お客さん達は、朝食の後、妻が静岡駅まで車で送っていった。

 夕方、携帯があった

 レンタカーで日本平へドライブして、海岸 海を目指して走ってるそうだ! 

 瀬戸内海の静かな海ではなく、外海の巨大な土用波が押し寄せる太平洋の海が見れるといいな!

 清水や三保、それから静岡市内の駅北の呉服町や両替町、七間通りなどの素敵な街、駿府公園など、あと二日間で十分観光出来れば、、、

 静岡市の中心街は周辺への大型店進出を制限してきたため、美しい町並み、ファッショナブルなおしゃれな町、多くの人達が楽しめる町、、が生きている。

 週末は当然、ウイークデイも若い人、中年、家族連れ、、多くの人でにぎあっている。

 世界大道芸人大会などのイベントも定着している。

 ナベショーも時々、おしゃれなお店が並ぶ通りを歩き、映画を見て、食事して、ショッピングするのが楽しい街である

 他の地方都市のほとんどが、周辺のHCやモールの大型店にお客が獲られて、ほとんど死んだ町、寂れたシャッター通りに成り果ててしまっているのと、大きな違いである。

 ナベショーが単身赴任してた姫路市も例外ではなく、世界遺産の姫路城があるにもかかわらず、姫路駅からお城までの通りは、日曜日でさえ、半分以上はシャッターが降りて、人もチラホラ、、もう救いようがないほどの酷い状態であった。

午後に高校野球を見ていた。

 地元 静岡商業と、ナベショーの故郷 福知山成美高校の対戦

 ナベショーはどちらが勝っても良かったのだが、心情的には故郷の京都代表だ!

 成美高校が圧倒的勝利をおさめた。

 福知山成美高校は、昔の福知山商業高校、、、綾部の隣の市にある高校、、である、

 選手の名前を見て、気になった、、、、

 地元の、福知山、綾部、舞鶴、峰山、、丹波にしては彼らの苗字に馴染みがないなあ~

 丹波なら、大槻、片山、四方、塩見、渡邊、出口、、、、、、、一人くらいいてもよい、、、

 あのような苗字、、丹波にあったかな~、、、選手達全員がそうなので、、、、、

 気になって故郷の妹に聞いてみた、、

 150人ほどの野球部員のほとんどが、大阪、兵庫など他府県出身の野球留学だって、、、

 全寮制、、、

 今回の甲子園、、出場選手20人のうち地元出身の選手はわずかに補欠2名だそう、、、、

 今の高校野球、、、各県からの出場チームは、地元出身の選手はほとんどいないのが現実らしい、、、

 そういうことは前々から聞いて、知ってたが、今回の福知山成美高校の選手の苗字を見て、実感しましたよ!

 今日は妻は静岡、、一人で夕食を作るImg_7941syukusyou

 安い魚だった、、、グチに似てるがよくわからない。

 大きなトロ箱に百匹以上氷水に浸ってる、、

 1kg 300円  ホント? 

 大きそうなのを2匹買ったが、176円

 身が柔らかいのが欠点、、、で 安いのだそうだ

 塩焼きも美味しかったし、片身をムニエルにしたがなかなかの美味だった

 身は柔らかいが、小麦粉をまぶした表面の皮がしっかりと香ばしく焼きあがって美味しい

 大きな烏賊の同を輪切りにして、これもムニエルにした

 少し塩ふって、カレー粉を少し混ぜた小麦粉をまぶして、フライパンでサラダオイルとバターでこんがりと焼く

 鯵のムニエルも美味しいが、この安い魚はそれ以上だった Img_7919syukusyou_1

 家の中では、デレ~だが、そとでは凛々しいモンタ君

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

若いお客様達

Img_7894shuku_1 オオマツヨイグサ(大待宵草)

 一般には月見草の名で親しまれている

 夕方から咲き始め、朝日が照りだすとすぼんでしまう

 だんだん少なくなり、山間部や海辺で稀に見られる程度に減少している。

 この花の写真を撮るのはたいへんだ、、

 夜は暗いし、日の出前の明け方しかチャンスはない

 クリーム色の花は美しい。

 このマツヨイグサの仲間では最も花が大きい。

 今日、午後2時、富士登山を無事終えた姫路からの若い男女のお客さんO君、Mさん、Kさんの3名をお迎えした。

 山の写真を見せてもらったが、前日に雹に降られたり、ご来光がみれなかったとはいえ、展望もよく、

 まあまあの天気だと思う。

 富士山にかかる虹、山頂から外界の灯、、山の景色、青空、雲、、、、美しい

 でも寒かったらしい

 昨夜はほとんど眠っていない

 O君が高山病で少ししんどかったという、、、でもYさんもKさんも元気いっぱい

 ゆっくりお風呂に入っていただき、汗を流し、ビールで乾杯!!!

 久しぶりのナベショーのお客様料理

 静岡のご馳走Img_7935syuku Img_7934syuku Img_7932syuku Syuku  

 

 

 マグロのお刺身:ミナミマグロの中トロ、トンボマグロの中トロ

 桜海老の天婦羅:桜海老、さくらえびと新牛蒡、青紫蘇

 茄子とピーマン焼き/土生姜

 野菜の煮物 :カボチャ、茄子、茗荷、ピーマン、冬瓜、油揚げ

 この他、枝豆と黒はんぺん

 富士山の話、山登りの話、いろんな話、、、尽きなかった

 9月には南アルプス 北岳登山を計画中という

 羨ましい、、Img_7927syuku

 モンタは家の中と外では、顔つき、姿勢、、全く違うね!

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

ムラサキシキブ

Img_7818syuku ムラサキシキブ

 花の後には、秋になると紫色の丸い小さな実がたくさんなる

 花も美しいけど、実も宝石のよう、、

 1.5~2mくらいの落葉低木、庭に一本は欲しい木

 しかし、ちょっと油断すると、葉先の芽を毛虫に食われてしまう、、

 小枝を挿しておくと、直ぐ根が出て、容易に増やせる

 今日は天気予報どおり、午後から曇って、雷雲、、、

 東京では雷雨のため、山の手線が止まったという

 本来なら、今日は、一年前まで勤務してた姫路の工場の若い娘さんと彼女の友達 3人が来て、共に富士登山、、、

 もちろん、山の経験者であるナベショーが案内人

 静岡駅からの5合目富士宮口までの直行バスの予約、

 9合目の山小屋の予約、、

 準備万端だったのに、、、腰椎圧迫骨折のため、ナベショーは断念、、、

 彼女達だけで登ることになった

 山登りにはまって半年間、関西の登山の会に入り、大山や六甲、氷ノ山、大峰山など関西の山々を

 毎週のごとく登って経験と体力をつけているから、大丈夫であろう。

 昨夜、会社の勤務を終えた後、新幹線で静岡駅へ

 今朝、静岡駅 8時25分の富士宮口5合目行き直行バスに乗ったはず、、

 17時過ぎに携帯メールを入れた、、

 やはり、雷雨、雹にあって、寒かったが、、丁度9合目の山小屋に到着したところ、

 高山病も大丈夫だったという、、、、安心、安心!!

 明日は晴れることだろう、、

 明日早朝 山頂でご来光を見て、御殿場口に下山して、ナベショーの家に一泊する予定、

 登山の汗を流し、マグロ、桜海老、黒はんぺんなど静岡のご馳走、、

 たくさんの山の土産話

 懐かしい楽しいひと時に、、、

 庭も畑も茶園も、、、草ぼうぼう、、、なのだけは残念、、

 妻は、昨日のアップルパイの余勢で、今日はパンを焼いた。

 バターロールの生地でウインナーソーセージやハムを巻いたパン

 バターロールの生地の上に、玉ネギとジャガイモと合挽肉のコロッケの中身ととろけるチーズ

 を載せて、さらにパン生地でサンドウイッチにして焼いたパイモドキパンImg_7875syuku Img_7881syku Img_7884syku

  

 

 「なかなか美味しい、ついつい食べすぎそうになるね!

 こんなの何時覚えたの?」

 「あなたが覚えていないだけ、、、、!

 子供が幼稚園くらいの時から、よく社宅で焼いてました!!」

 「ハイ! ソウデシタカ!」Img_7868syuku         

 モンタ、、、 そういうことなんだって!

 モンタは昼寝中 聞いてませんよ

 モンタの大あくび!

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

手作りジャムでアップルパイ

Img_7759syukusyou ノカンゾウ

 カンゾウの中では、このノカンゾウが一番素朴で美しい。

 園芸種のヘメロカリスは花も大きく、もっと豪華で、色も白、黄色、、、たくさんある。

 ヤブカンゾウは花が八重、、

 このノカンゾウが一重で、シンプルで良い。

 咲く時期も遅い、

 次々と花が開いて、翌朝にはすぼむ、、

 綺麗だからといって、生花に生けると、翌朝、萎んでいるのであわててしまう、、、

 先日、庭の林檎がたくさん落ちたので、ナベショーが全部、ジャムにした。

 それを使って、午後に妻がアップルパイを作った。

 Img_7686syuku

 昨夜、小麦粉とバターと氷水を混ぜて、薄く延ばし、またたたんで薄く延ばし、、、、でパイの生地を作って冷蔵庫に保存してた。

 今日は孫たちがお泊りにくるので、そのおやつである。

 丸い型の中に、生地を型に合わせて入れて、アップルジャムを敷き詰め、さらに上に生地を乗せて、、、

 オーブンで焼いて出来上がり、、、

 いや、ナベショーが作ったのではなく、妻が作っているのを見てただけ、、、

 ジャムの種類、パイの生地、ジャム以外に挟むもの、いろんなバリエーションが出来そうだ

 焼きあがったアップルパイ、、、

 切り分ける前の写真を撮りたかったが、既に遅し、、、

 まだ、暖かいのを切り分けて、まずは紅茶を入れてアフタヌーンテイーImg_7858syukusyou

 美味しい、

 このようなパイにすると、少々の果実ジャムはどんどん食べてしまう

 しかし、カロリーは高いね!

 今夕は孫達が好きな餃子、、

 キャベツ、ニラに塩を振って揉んで絞り、豚牛合挽きを入れ、ニンニク少々、生姜少々、ごま油、少々の醤油を入れてよく混ぜた。

 孫たちも一緒に、70個 皮に中身を包んだ。

 焼き餃子、水餃子、、、ご飯もたくさん食べて、大満足だった。Img_7862syuku Img_7863syukusyou Img_7865syuku  

 キュウリ、大根を適当に切って、包丁の背でたたき潰し、塩振って、、

 醤油、ラー油、ごま油、ニンニク、七味唐辛子などなど加えた即席中華風漬物、、、、これも簡単で美味しい 

Img_7746syukusyou

 モンタのヒゲ、、こんなに長~いとは思わなかった

 先日、人気blogランキング カテゴリーを引越ししました。

 「文化、生活」の一般 です。

 今までの「日記、雑談 」その他 は凄かったけど、今度のは おとなしいブログばかりだよ?

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

妻は忙し、、主人在宅ストレス症候群

Img_7778syukusyou ヘクソカズラ

 直径1センチ足らずの小さな花、、、可愛いのに、名前がね~

 誰が名づけたのか、、、

 何にでも絡みつく蔓性の植物、秋になると光沢のある茶色い実がなる。

 茎や葉を傷つけると、名前のとおりの悪臭がする、、、

 一度、話の種にお試しあれ、、

 この小さな花は、悪童共に踏みつけられないよう、悪臭を発して身を守っているのです。

 なんと、けなげな、、、 

 秋から冬にかけてなる茶色い実は、小鳥達の餌、、

 子供の頃は、野鳥を捕まえるワナに、このヘクソカズラの実のついた蔓を取って来て餌として仕掛けた。

 花は臭くとも、小鳥が実を食べて、種を運んでくれるのである。

 この一ヶ月、ほとんど家の中で、リグライニングシートに横になり、

 新聞、本を読みながら、いつの間にか眠ってしまい、起きてはパソコン、メールやブログをやり、、、、

 長く椅子に座ってると、腰が痛くなりそうなので、また、リグライニングシートに横になって本を読む、、、

 定年退職した夫が、家の中でず~とブラブラしてると、妻は「主人在宅ストレス症候群」という病気になるのだそうだ、、

 妻はたいへんだね

 「空巣症候群」という病気もあるそうだし、女性特有の更年期障害もある

 腰を怪我するまでは、畑や庭、お茶でほとんど昼間は家に居なかったけど、、、

 この一ヶ月は、ず~と居る

 でも、妻は出歩いてばかりで、あまり家に居ないみたいだ

 日曜日の午後から火曜日までは、義母と一緒に静岡の義母の家に行くし、、

 義母がデイケアーに行ってる日中は、市のカルチャー講座で「中国薬膳料理」「健康体操」「心理カウンセラー講座」「着物のりホーム」、、数えてみたら4つも行ってる。

 ナベショーの要らなくなって捨てるかと言っていた十数着のスーツと100本ほどの素敵なネクタイ、、

 如何にばらして料理するか、、

 「着物のりホーム」教室での課題、、、張り切って燃えている!

 だから、お昼の料理はナベショーが作って一人で食べるか、妻のと二人分を作る。

 もちろん、夕食も一人の時は自分で作るし、

 この時はうんと豪華なのを作る、、缶ビールの晩酌付き、

 夕方、遅くなりそう、、、と携帯がはいると、ナベショーがデイケアーから帰ってくる義母を迎えて、3人分の夕食をつくる。

 今晩は、妻が新しい生鯖を1本買ってきて、全部料理を作ってくれた、、、

 それが当然!、、とは言わないけど、、、、

 その間にナベショーは、ゆっくり、ブラブラと静かな散歩がてらに、妻から頼まれた義母の紙オムツ

 買いに近くのドラッグストアーへ、、

 まだ、腰が十分治っていないので、長く立ってると、腰がなんとなくだる重い感じがしてくることもある、、、

 まあ、料理の出来る夫を持つ妻は幸せだね!

 そういえば、単身赴任中、帰省した時の週末土、日はナベショーが豪華な料理を作って家族にふるまうことが多かった。

 、、、 と言うことは、18年間の単身赴任中、妻の料理をほとんど食べてなかったことになるのか、、、

今晩の料理  Img_7829syuku Img_7830syukusyou

Img_7831syukusyou Img_7833syukusyou

 生鯖の煮付け、、、よく脂の乗った鯖、子供の頃からの大好物

 ママカリの酢漬けのキュウリ揉み

 大根葉の炒め物

 鯖の頭のお吸い物Img_7836syuysyou

 モンタのお昼寝  

 いつの間にか外を散歩してきて、帰ってくると丸くなって昼寝、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

金目鯛の煮付け 

Img_7797syukusyou シュウカイドウ

 昔、故郷の田舎、家の庭の土塀の隅の日陰の湿ったところに咲いていた。

 ベコニアに似た花と葉、、地味だけど、風情のある花です。

 草ぼうぼうの庭、今年も草の陰にひっそり咲いているのをみつけた。

 台風も予想通り、東に進路を変えて、伊豆半島の沖、さらに房総半島沖に逃げた。

 数年前の台風も、全部同じような進路だった。

 日本列島を覆う高気圧が強い時は、こういうコースをとる。

 台風の進路の東側は風も雨も激しいが、西側、左側は弱い

 だから、昨夜、夜明け頃、強い雨が一時降っていたが、風もなく、朝にはおさまっていた。

 一昨年は、九州沖を西北西に進んでいた大型台風が、突然、90度進路を変えて、九州、四国、中国、兵庫、、を襲った。

 しかも、次々と4個もである。

 こういう日本列島上陸、横断する場合は、進路の右手にあたる側の被害は甚大である。

 この時、ナベショーは姫路の工場に勤務していた。

 強風で飛ばされ、青空の見える屋根、ブルーシートで配電盤を覆って雨を凌ぎ、成形機械を止めることなく、全員が力を合わせて、フル操業を維持し、昼夜製品を出荷した。

 周囲の木々、海岸に近い山々、すべて塩害で緑の葉が枯れた、、

 葉が無くなった桜の木、晩秋に満開、花見、となって、新緑となった、

 ナベショーの会社人生の最後を飾る凄い体験だった。

 今年の台風のこれからのコースは如何に?

 可哀想な虫たちImg_7784syukusyou Img_7801syukusyou 、、、、、ジョロ蜘蛛の巣は無残に壊れ、 ツマグロヒョウモン蝶は濡れた羽を休め、、

 今晩は、金目鯛の煮付け、、、

 昨日、お刺身で食べたが、今晩は骨と頭がついたもう一つの片身、、

 妻が張り切って、「これはあたしがやる!!」Img_7806syukusyou Img_7807syukusyou

 

 

 さあ!! 煮魚も野菜の煮物も出来たから、写真を撮って!!

 毎夕食前のセレモニーが終わって、夕食のスタート!

 この頭にもたくさんの身がついてるし、目玉の回りのプルプルしたところが美味しい、、

 残った煮汁(煮汁を多めにする、、、)で豆腐やネギを煮ると、もう一度美味しく楽しめる、、、、Img_7808syukusyou_1

 カボチャと茄子、長インゲン、茗荷の煮物、、 

 この煮物は我が家の夏の定番料理

 この旬の野菜の煮物も美味しかった、、

 茗荷がないと、この煮物の美味しさは半減!

Img_7742syukusyou モンタもよくみると、良い顔してる!!

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

旨さ最高 金目鯛 

Img_7667syuku_1 モミジアオイ

 近所の家の庭に咲いていた。

 アオイ科の花はアオイ、フヨウ、みな華麗な姿、ハイビスカスも同じ、、

 葉がモミジのような形である。

 一ヶ月ぶりに車で畑を見に行った。Img_7725syukusyou

もう、草ですっかり覆われて酷いもの、、、

多くの人から、腰が治るまで、半年間は草なんかほっときなさい、、ときついお叱りを受けてる、、、トホホ、、

 何とか、草の中から野菜を収穫、、、Img_7727syukusyou

牛蒡の初収穫、、キュウリはそこそこ立派、、

茄子は酷い

ミニトマトは生り続けてる

 妻が静岡から昼前に藤枝に帰って来るとの携帯、、

 妻の妹が、さいたま市から一泊二日で義母の世話に月二回静岡へやってくる。

 義母をグループホームへ入居させる計画が進んでおり、もう半年前から見学したり、調べたり、姉妹でいろいろ研究してる

 が、踏ん切りつかない

 決断、、いろいろ迷うけれど、まあ 1~2ヶ月お試しでやってみれば、、、?

 不都合が起きたら、帰ってきたらいいのだから、、、とアドバイスしている、、

 何か買ってくるものある?、、と携帯

 そうだなあ、、魚市場 久しく行ってないので、何か美味しそうな魚 見てきたら?

 台風の影響で海が荒れて、魚の種類は少なかったらしい

 久しぶり金目鯛を買ってきたImg_7728syukusyou 、、、よしよしよくやった!!

 35センチ、、小ぶりで900Gr、、1400円

 夫婦二人で食べるには、これでも大きい。

 以前は2~3Kgの大きいのを一匹買って、家族で刺身、煮付け、焼き物、吸い物、、のフルコースを楽しんだ

  ナベショーが金目鯛を食べだしたのは、この数年である

 目がギョロとして緋鯉みたい、、、何となく手が出なかった、、

 漁獲は静岡、高知、千葉がほとんどで、ほぼ全部関東地方で消費されるという、、

 鯛と名がつくが、鯛の種類ではない

 一匹の干物も美味しい

 なぜか、こんなに美味しい魚なのに、関東でしか食べない、、

 水深200~800mの深海に生息し、駿河湾、相模湾、伊豆七島、房総半島勝浦沖

 などが産地

 数年前、金目鯛に水銀が含まれる、、、妊婦は食べないように、、という報道があって、価格が半分になったことがある。

 この時は、よく買ったね~

 それでも誰が、毎日、毎日、一匹づつ食べ続ける人がいようか?

 ナベショーは、やはり関西人なので、金魚か緋鯉みたいなの、気味が悪くて、買って料理するにはなんとなく抵抗があった。

 「ナベショーさん、ほんとに美味しい魚だよ、だまされたと思って、、、」、との魚市場のおねえさんの勧めで、2、6Kgのずっしり重い大物一匹丸ごと買った。

 さばいて、フルコースの料理を味わって、びっくり、、、、

 刺身は綺麗な桜色、キラキラ光って、脂肪も乗り、アラ(クエ)の刺身に似て実に旨い、、、

 煮付け 、こんな旨いもの、何故、今まで食べなかったのだろう?

 関西のNo1が瀬戸内のメバルなら、関東のNo1は金目鯛!!

 切り身の照り焼き、、旨いね~

 アラで作るお吸い物、、、、これまた、最高、、、

 冬に食べるしゃぶしゃぶ、や鍋物、、、なんと贅沢な、、、

 二枚におろして、今日はお刺身とお吸い物

 水道水の落ちる下で鱗を取ると、鱗があちこち飛び散らなくて良いよ

 たまには、こういう魚をさばかなきゃ、ナベショーの出刃と柳刃包丁が泣くよ!

 明日は骨、頭つきの片身で煮付けであるImg_7732syukusyou Img_7737syukusyou

Img_7738syukusyou Img_7739syukusyou

 

  

 今日、畑で収穫した新牛蒡でキンピラも作った。Img_7751syukusyou

モンタ、、今日は良い顔してる 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

今年もヒヨドリとのバトル開始

Img_7612syukusyou ノカンゾウ

 ヤブカンゾウの雄しべが花弁化して八重なのに対し、ノカンゾウは雄しべもはっきりいていて一重である。

 春に地面から出た若芽の和え物が美味しい。

 これでナベショーの身近なカンゾウの類は全部紹介できた。

 幾種類かの園芸種であるヘメロカリス、野のヤブカンゾウ、そしてこのノカンゾウである。

 ニッコウキスゲやユウスゲなども同じ種類、、、まだ写真に撮ったことがない。Img_7688syku

 庭の葡萄、デラウエア とんとここ数年、口に入ったことがない。

 実が生り出して数年、一時は100個くらいの房の収穫が出来た。

 ところが、何時の頃かヒヨドリに目をつけられた。

 早朝 まだ薄暗い時、二階のトイレの窓から見ると、数匹のヒヨドリが群れてにぎやかく突っついてるではないか!

 木の下には、熟れた葡萄の皮が無残にも食い散らされている。

 毎朝、毎朝、襲撃は繰り返され、とうとう収穫は皆無、、、

 翌年は防鳥網を張ってみた。

 しかし、ちょっと小さかったのか、わずかな隙間から中に入り、食べ終えて出て行くらしい。

 ある早朝、正に網の中に入り葡萄を食べているのを発見、、、

 わ~ と脅かすと、ヒヨドリは驚いて網にかかってしまった。

 ざま~見ろ!

 見せしめに足を紐で縛り、ぶら下げておいた。

 効果は如何に?

 今度は、側の無花果の実が襲われだした。

 10個のうち、6~7個は鳥が食べる。

 一個、食べるとお腹が一杯になるのか、少しは無傷のを残している

 磁石をたくさんぶら下げる、、

 キラキラのCDをぶら下げる

 お目目の風船、黒いカラスの人形、

 キラキラテープを放射状にお祭りみたいに、、、

 いろいろやってみたが、有効なものはないようだ、、、、、

 早朝から見張って、空気銃で一匹ずつし止めることも考えたが、、、、

 葡萄は今年、棚ではなく小さく枝を纏めることにより、防鳥網がすっぽりかぶるように仕立てた。

 さあ、、、今年はどうなるか?Img_7601syokusyou Img_7682syukusyoiu_1

 金マクワ、、、JAの朝市で買った。

 マスクメロンや夕張メロンなどの甘い高級メロンが多くなったが、この金マクワは子供も頃に良く食べて懐かしい。

 カリカリと歯ざわりもあって新鮮である。種のところが特に美味しくて捨ててはならない。

 柿、林檎、梨、、みな柔らかいのより、かりっとした固いのが好きである、、Img_5978syukusyou_1

 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

鶏の手羽先名古屋風

Img_7606syukusyou サルスベリ

 八月も中旬ともなると、サルスベリの花が咲き始める。

 お寺やお堂の境内のサルスベリの曲がりくねった老木

 あぶら蝉のジージーという鳴き声をBGMにして、咲き乱れる。

 何故か、サルスベリの花とあぶら蝉の鳴き声とは対なのである。

 畑の大根、、、ず~と世話できず、草の中にほったらかし、、、Img_7623syukusyoiu

 特に畑の土に石ころがたくさんあるわけじゃないのに、、、、どうしてこういう面白い形になるんだろう?

 他には、とても正視するに耐えられないのもある、、

 見事な大根足、、、そんな立派なのは一本もなし、、

 今日は妻が義母と午後から静岡の家に行った。

 あちこち動き回ったら駄目よ!、、と言って、、

 長椅子に横たわって本読んでたら、直ぐに眠くなっって、気がついたらもう夕方、、

 散歩がてらに近くのスーパーで買い物、、、

 久しぶりに夕食料理をつくるか!Img_7629syukusypu_1 Img_7631syukusyoiu Img_7633syukusyou

 野菜の天婦羅 :  青紫蘇、カボチャ、オクラ、ピーマン、舞茸、茗荷、、  舞茸は美味しいね

 鶏の手羽先名古屋風、、

 これに、枝豆かトウモロコシ、発泡酒一本で十分幸せ、、、、

 この鶏の手羽先名古屋風は正真正銘の名古屋風だよ!

 以前にもブログで紹介したね

 もっとも名古屋コーチン若鶏の手羽ではないけれど、油で素揚げして、味醂/醤油たれを塗って火で軽く炙って(焦げないよう、、)、胡麻を振りかける、、、これ本物!

 材料は安くて、美味しさ抜群!!

 大昔、名古屋駅前の居酒屋の親父さんに厨房で直接教えてもらった!Img_7593syukusyou

 モンタは家の中より、車庫の車の下が涼しいようだ!

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

お墓と散骨

Img_7458syukusyou ミソハギ

 水田わきの溝など湿り気のある場所に群生している。

 農家の庭先で栽培されていることもある。

 8月になり猛暑が続くと、お盆に仏前やお墓に備える花が無くなる。

 昔、故郷の田舎では、お盆のお墓の花は、このミソハギと百日草であった。

 だから、どの農家もお盆の花のために、ミソハギと百日草を庭に植えていた。

 そのためか、このミソハギのことを、盆花(ボンゲ)と呼んでいたが、

 ナベショーも、いまはじめて図鑑で調べて、この盆花がミソハギであることを知った。

 今では、お花屋さんにたくさんの花が並んでいて、盆の花を揃える苦労は無くなった。

 だんだん過疎化して、田舎に年寄りが残されると、お墓の御守が大変になる

 「○○家先祖代々の墓」なら、花は一対で間に合う。

 でも、○○○○何とか居士、、、、元禄○○年、、、なんて一人一人の墓石が独立してる古い家になると、盆のお墓の花だけで、数十対用意しなけりゃならない。

 おまけに、村の共同墓地はちょっと離れた裏山の坂を登ったところにある。

 そこまで膨大なお花束を運び、竹筒を立て直し、花束をさして、水を入れる、、

 この水を運ぶのもたいへんな仕事、、

 八月の暑い炎天下、やぶ蚊に刺されながら、これだけの作業は、老人には大きな負担なのである。

 早くから都会に出てしまった者が、お盆のときだけ故郷へ墓参りに来る、、、

 きちんと美しく掃除が行き届いて、花で飾られているお墓へ、、、

 田舎を守ってきた者、年老いた親、、、、の苦労はわからんだろうな~

 ナベショーの父親は5男だったが、上の兄弟が外へ出てしまってたので、田舎の家とお墓を守ってた。

 父が67歳で亡くなって後は、母が墓を守った、、、

 まあ~、いろんな嫌なことがたくさんあって親戚同士面白くないことも多かった、、、

 今は、両親の墓は近くに嫁いだ妹が守ってくれている。

 だから、ナベショーも大きなことは言えぬ、、、、

 墓があるから、残された子供達が後々苦労する。

 海外や遠くに行ってしまう子供たちが多くなる、、、

 今後、一人っ子や子供のいない夫婦、結婚しない人、、、、

 お墓の考え方も、今後 どんどん変わるだろうな~

 ということで、ナベショーは死んだら葬式はするが、自分のお墓は作らない。

 骨は、、、、、どこか山の大きな石の下にでもこっそり内緒で捨ててくればいいよ、、

 まあ、なんかの機会に集まったら、ナベショーの話題を肴に、ご馳走食べながら酒でも飲んでくれたら十分だよ!

 「お葬式をどうするか]  日本人の宗教と習慣 (ひろさちや著 PHP新書)

 この本は実に面白い  一読の価値は十分ある

 仏教における葬式の起源 葬式の様式、お墓の問題、葬式のあり方など、、、

 本来の仏教だと、今のような仏式の葬式なんてやらんそうだ、、、

 ところで、葬式、、みんな黒い服着てるのに、坊さんは何でけばけばしい派手なカラフルな袈裟着てるんかね~

 釈迦もキリストも葬儀に格別の意義を持たせてはならないと戒めたにも関わらず、日本人は何故葬式に宗教的こだわりを持つようになったか、、、と歴史的な経緯を含めて明快に解説してくれる

 散骨についてこんな話が書いてあった、、

 散骨に関して厚生省に問い合わせると「それはまかりならん、、墓埋法があるからだめだ」とのけんほろろの回答、、

 ところがその後墓地不足が深刻化して、人々の考え方も変わってくると、厚生省も態度が軟化、、

 「墓埋法の定義によれば、遺骨を墓地以外のところに埋葬しなければいいのだから、遺骨を細かく砕いてパ~と山や海にまいてくるのはかまいません」と、、、

 だから、環境への配慮さえすれば、節度をもって遺骨をまくことは違法ではないという解釈がなされるようになったという。

 埋葬がいけないということだから、山野にまいても、それにちょっと土をかけても、穴掘って埋めなければいいわけです、、

 なんだか屁理屈のようだけど、法律って、時代、時代のニーズに合わせた解釈、なんですね。Img_7588syukusyou Img_7589syukusyou Img_7591syukusyou Img_7590syukusyou

 

 夕食は

 桜海老と黒はんぺん、青紫蘇の天婦羅

 JA朝市の朝採りトウモロコシ

 畑のトマト

 焼津名物のマグロと桜海老の佃煮 Img_7562syukusyou

 モンタは直ぐにひっくり返る、、、

 薄目を開けて、チロッと見る、、、あまり良い目つきじゃないね

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

みどりの香り

Img_7429syukusyou ヒマワリ

 暑い、暑い 梅雨があけた!

 ナベショーは家の中で、扇風機の風に当たりながら、終日読書三昧、

 おっ  ナベショーの蜜蜂、暑い中でも、ちゃんと仕事してる!!

 最近、外から帰ってくる蜜蜂が、いっぱい足につけて運んでくる花粉団子は、きっと、ヒマワリとハスの花の花粉に違いない。

 昨日、お茶の葉に含まれる緑の香り、、すなわち「青葉アルコール」の研究の第一人者である山口大学名誉教授の畑中顯和先生から、転居の挨拶の葉書が来た。

 二年前、藤枝茶商組合主催で講演をお願いし、「緑の香り」についての講演をしていただいたのであった。

 その一年前、お茶の香りに興味を持っていたナベショーに、先輩のOさんから先生が昔に書かれた本をいただいた。

 その本に感動して、先生から直接にお話を伺いたいと思った。

 そこで、Oさんに先生のご住所と電話番号を調べてもらった。

 突然に、失礼ではあったが先生に直接お電話をかけて、東京方面に来られる時には、是非、藤枝へお寄りくださり、お茶の香りついてお話を伺いたいと、、。

 そして半年後に、東京での講演の帰りに途中下車してくださることになった。

 ナベショーだけが、お茶の香りのお話を聞くのはもったいない、

 マルミヤ製茶の宮崎社長さんに相談したら、藤枝茶商組合主催の講演会にしましょうと、

 旅費、ホテルへの宿泊、講演謝礼、先生との会食、も組合で持ちましょう、、、と

 先生に講演を依頼した時、「聴講する人達は、お茶の問屋さん、お茶生産農家の方、JAの技師さんなので、難しい化学式を使わないやさしいお話を、、」とお願いした。

 誠に酷なお願いだったけど、、、、、

 講演会は40人ほどの聴講があり、ナベショーの先輩 有機化学に強いOさん、Yさんも東京から応援に駆けつけてくれた。

 樹木に毛虫が多量に発生し、バリバリと葉を食い荒らしだすと、その木の周辺の木が一斉に毛虫の忌避物質である青葉アルコールを作り出すという話は印象的だった。

 また、有名な中国茶では、お茶の害虫のウンカにわざと葉を食べさせて、お茶の香りの成分を作らせるという。

 講演会の翌日は、先生と香りのお茶作りに一生を賭けてきた老茶師K翁を訪問し、幻のお茶を飲ましていただいた。

 その後、日本茶インストラクチャー協会静岡支部主催でも、お茶の香りについての同様の講演をしていただいた。

 「緑の香り 青葉アルコール」は植物自身がリノール酸、リノレン酸から作り出す化学物質で、様々な生理活性を持ち、虫の誘引、逆の忌避作用、殺菌効果、人の心を癒す作用がある。

 フィトンチッド、フェロモン、アレロバシー(植物間情報伝達)、アロマコロジー(フレッシュ感、快適性、免疫増進)の4大特色である。

 森林浴、フィトンチットは樹木が発散させる香気成分のテルペン類や青葉アルコール類の心の癒し効果による、、

 青葉アルコールの発見物語とその生理効果、などを解説された最近の先生の著書「みどりの香り」http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621076485.html

 すこし専門的ではあるが、自然の植物の素晴らしい知恵に驚かされる。

 最近、ナベショーは蜜蜂を飼っていて、蜜蜂の素晴らしく高度な知恵を知るにいたり、植物もしかり、、、

 驚かされるとともに、人間とは何と愚かで面倒な可哀想な生き物であろうか、、としみじみ思うのである。

 先生は38年間、住み慣れた山口市を離れて、東京の娘さん家族と息子さん家族の家にそれぞれ数分の距離のところに家を建てられて落ち着かれたという。

 なおも、ライフワークたる「みどりの香り」の研究に情熱をかたむけながら、奥様との東京での生活を楽しまれるそうである。

 こういう素晴らしい老後の人生、シニアーライフもあるんだね!

 昼は妻と割烹レストランで、ちょっと美味しい昼食を食べた。Img_7583syukusyou_1 Img_7584syukusyou_1 Img_7585syukusyou_1 Img_7586syukusyou_1

 

 だから夕食はダイエット食   茄子焼き、ひじき、マグロのネギとろろ、豆腐白和え、、、Img_7580syukusyou

モンタ、、、ボクを楽しみに見てくださってる方もいらっしゃるんですね~

今後ともごひいきに、、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

腰椎圧迫骨折とは

Img_7460syukusyou センニンソウ(キンポウゲ科)

 つる性の植物で直径3センチほどの十文字の白い花がたくさんついている

 キンポウゲ科の植物とは知らなかった

 牛も馬も食べない毒草なので、絶対に食べたり飲んだりしないように、、、、

 しかし、この葉で扁桃腺炎を治す民間療法が、各地で行われてきたそうです。

 今日は木から落ちて、丁度4週間目、毎週木曜日に整形外科医院に行く

 (自分で車運転して、、、)

 先週行った時は、先生は朝10時半まで留守とのこと、ただいま新幹線で東京から静岡へ向かってられる途中とのことだった。

 先生はサッカーの藤枝東高校出身、大学時代もサッカーでスポーツ医学、整形外科専門という。

 少年サッカー 横浜FCのクラブドクターで、四国愛媛へ遠征試合に付き添い、夜遅く東京まで帰ってきた。

 ネットで横浜FCを検索すると出てきたよ、、、愛媛のチームと試合やってる。

 北海道の札幌にもよく出張されるらしい。

 3人のドクターが担当してるので、遠征毎回ではなく順番らしい。

 さて、先生、今朝はおられた、、まずは腰のレントゲン写真を撮り、骨折した腰椎の前後の長さを測定して、割り算する、、、

 どうですか? 最初の一週間は変形が進行したが、この3週間は変形は止まってますね~

 もう、ベットの寝起きも痛くは無いのですが、やはり警戒しながら、痛くないのを確認しながら、慎重に、恐々動かしています~

 それが良いのですよ  まだ骨は固まっていませんからね~

 どれくらいかかるのでしょうか?

 まあ~3ヶ月 ほぼ完全にもとにもどるのは半年、、というところですか~ 重いもの持つとか、激しい運動するとか、、無理な姿勢とか、、、は避けたほうがいいです。

 あ~、そうですか、、、、  

 (来週12日、勤務してた姫路の工場の若い男女3人を引率して一泊二日の富士登山に行く予定ですが、もう大丈夫でしょうか?、、、、と、ここまで口に出かけて、、、まさか聞けないよね~)

 これからは、毎週ではなく2週間に一度、経過を見せに来るのでいいですよ、お大事に、、、、、

 帰って来て、「腰椎 骨折」をキーワードにしてネットで調べる、、、今頃?

 でてくる でてくる、、、

 ナベショーのは腰椎圧迫骨折という

 植木職人が脚立から落ちたり、工事中の足場から作業者が落ちたり、スポーツのアクシデントで、腰椎が激しいショックで圧迫骨折、、、良くある骨折である。

 女性の年配者は骨粗鬆症で、ちょっと転んだだけで簡単に腰椎圧迫骨折するそうである。

 落馬して腰椎圧迫骨折で動けなくなった若い女性の、入院、ギブス、コルセット、リハビリ、、、の体験日記のHPも載っている。

 一般には、激しい痛みのために全く動けなくて、即入院、ギブス、2~3ヶ月の入院、リハビリ、退院、、、6ヶ月以上、、、この間、以後も、神経を圧迫してヘルニアに似た症状がでる人もあり、、、、

 逆に、動かせないために、筋肉が萎縮、収縮、硬化して痛みがでてくるため、運動して筋肉をほぐすリハビリも必要という、、、

 折れた腰椎のレントゲン写真もたくさん載っているが、まさしく、ナベショーの折れた腰椎の写真、、、そのものである。

 まあ、ナベショーのは、何故か軽い症状、、、

 先週、 京都へ行きたいんですが~ と言った時、

 ほんとは入院、絶対安静、ギブスなんですけどね~ と医者

 (やっぱり、富士登山は止めておいたほうがいいのかなあ~)

 当たり前だ!!

 しかし、今まで痛いの耐えながら、痛くない姿勢でリクライニングシートに横たえたり、身体を静かに軽く動かしていたのが、かえって良かったのではなかろうか。

 最初に総合病院へ行ってたら、即入院、ギブス、絶対安静、、今も入院中だったろうな~

 梅雨明け宣言があったとはいえ、やっとからっとした晴天、、今日は梅干の土用干し、、   

 今年の梅は豊作で形もよし、大きさも特大、りっぱな梅干だ、、Img_7572syukusyou

 こうして三日三晩、干しては梅酢に漬け、繰り返す。

 たくさんの残った赤い梅酢には新生姜を漬ける。

 鯖寿司には真っ赤な紅生姜が欠かせない。

 さらに残った梅酢でキュウリや茄子、茗荷を芝漬けにする。

 最近はお弁当を作ることが少なくなったので、梅干の需要が少なくなった。

 今夕は、昨日のローストビーフを食べた。Img_7576syukusyou Img_7577syukusyou

 少し厚めに切って、オーブンで両面を暖めて、その上に熱いバターソースをかけた。

 バターソースは、バターをたっぷり溶かしておろしニンニク、醤油、味醂で味を整えたもの、、、

 この肉は厚く切ると固いので、両面を少し火をいれて焼いたほうが柔らかくなる。

 バターソースは肉にも、海老や貝のソテーにも、良くあい、美味しい。

 肉料理の他には、ピーマンと茄子を炒めて、味噌、醤油、味醂で味を整えたもの

 このほかに、昨日の焼きアナゴ、キュウリとワカメの酢物

 キュウリ、茄子の糠漬け

 と昨日の料理の残りを使ったあまり手のかからない簡単な料理であった。Img_7574syukusyou

 モンタは一日のうち半分はこういうだらしない状態で寝ている、、、、

 と思いきや、ナベショーがちょっと外へ出た時、ドアが少し空いていると、すかさず外へ飛び出す

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

ショックな出来事!

Img_7427syukusyou ハマユウ

 これは正真正銘のハマユウ(浜木綿)の花、、、

 7月29日(土)のブログで紹介した花、、、可愛い雄しべの様子など、ハマユウにそっくり、、

 花も株の大きさもハマユウよりも一回り大きく、花弁の元の形が異なっていることから、ハマユウの改良種に違いない。

 小学生の頃、和歌山方面を旅行された担任の先生から、生徒達へのお土産にハマユウの種を一個ずつもらった。

 庭に植えたところ芽が出て、大きくなり、数年後には毎年白い花が咲くようになった。

 先週からブログ人気ランキングを始めてみた。

 登録する時、ナベショーのブログのカテゴリーを如何にするか?

 写真、、、? 

 料理、グルメ、、、?

 ペット 、、、?

 確かに、花の写真や料理について毎回載せているが、それぞれを専門とされるプロ、、あるいはセミプロの方のような専門性の高い内容ではなく、素人のお遊び程度だし、、、

 「ナベショーのシニアーライフ」は定年退職後のナベショーが、いろんな人達と関わりながら毎日を趣味や生き甲斐を探しながら過ごす雑談の生活日記みたいなもの、、、、

 となると、

 日記、雑談、というカテゴリーになってしまう。

 さらに、学生、会社員・OL、主婦、子育て、その他、、、、

 結局、 その他 となる。

 、、でカテゴリーは「日記、雑談」 分類は その他、、、、で決まり、

 ナベショーのブログを読み終わり、最後の「よろしかったら人気Blogランキングをクリックしてください」を見て、読者はクリックする、、、、

 クリックすると、ブログランキングの「日記、雑談」、その他のカテゴリーのランク一覧表の画面が出てくる。

 上位1~10には有名ブログが並んでいる。

 全国ブログ人気ナンバーワンの超人気 「きっこのブログ」がトップ、1週間に20万以上クリックされている。

クリックしてない訪問者をカウントしたら、100万以上のアクセス数だろう、、

 スゲ~!!

 「中華的生活 多少銭」 本にもなっているこの有名ブログも、9位にランクで1週間7千以上、、、

 ちなみに 同じく「日記、雑談 学生」のカテゴリーのトップは、あの有名な本にもなった「がんばれ、生協の白石さん」 4万3千以上、、、

 ちなみに「ナベショーのシニアーライフ」は、、、

 毎日、訪問してくださる方の約1/3以上の方がクリックしていただいている

 ただ今、1週間イン250  99位  皆さまのおかげで、正直言って、こんなに行くとは思わなかったよ。

 しかしなあ~

 実はナベショーは驚いた!

 この「日記、雑談の、その他」というカテゴリーのブログのほとんどとは言わぬが、、、、

 相当数のブログが

 ちょっと年寄りには刺激が強すぎる、、、、、、 タイトルも、内容も、、、、

 目のやり場が無くて困ってしまう、、、

 この類のが、こカテゴリー その他 に集中してるようだなあ~

 他のカテゴリーのブログはこんなでは無いのに、、、、、

 「ナベショーのシニアーライフ」、、、他にぴったりのカテゴリーが無いだけに、当分、このまま行くしかないか、、、

 世はまさにブログ文化、、、登録者数 800万人以上だよ!

 昨年の2倍だって!

 そのうち、一億総ブロガーだね!

 パソコンオンチのナベショーさえも、一本指でポチポチやってるんだからね!

 それぞれが、自分の文章で、思い思いに、生き生きと書き綴り、自己表現して発信する、、

 そして、まだお会いしたことの無い方々と、親しく会話する、、、

 また、素晴らしい方々の人生、生き方に触れる、、、

 みんな、内容もレベルが高く、素敵な文章だ! 

 凄いよ!

 今日からココログのアクセス解析の新バージョンがスタートした

 アクセスしてくださる方々のエリア、、、

 東京、千葉、神奈川、北海道、埼玉、静岡、大阪、兵庫、長野、長崎、沖縄、、、東京のアクセス数は別格として、全国の都道府県すべてにわたる、、

 国、言語は イングリッシュ、イタリア、中国、ロシア、コリア、、

 さるじゅさまと二人の娘はわかるけれど、他にも海外から見ておられる人達がおられるんだな~

 アクセスサイトでは、「愛猫 モンタ」の人気が高い

 コメントをいただく方々以外に、ナベショーのまだ知らない多くの方々、日本だけではなく海外からも訪問してくださっていること、、、ほんとに嬉しくて、毎日の生活の励みになる。

 今日はタイトルのごとく ショックなことが一つあった、、、

 側に立った妻が「あんた~、 この頃~、、背丈~ 少し~、低くなったんじゃない~?」

 ドキッ!

 メジャーでさっそく身長を測ってみたら、2センチ短い、、まさか、ほんと?

 このメジャー おかしいんじゃない?

 木から落ちて、腰椎の一つが上下が壊れてそれぞれ1センチほど短くなっているのが、レントゲン写真で観察されたが、、、

 身長が2センチ縮んだとは、つじつまが合う、、やれやれ、、、

 もとに戻るんかいな?

 昨日、妻に買ってきてもらった、オーストラリアビーフの腿赤肉ブロック750Gr(1000円)を凧糸で縛り、塩胡椒して寝かした後、玉ネギ、セロリー、ニンニク、人参と赤ワインたっぷりに一晩つけて置いた。

 公邸料理人 さるじゅさまのブログで紹介された ローストビーフのレシピーである。http://cook-salju.cocolog-nifty.com/blog/

 もっとも、さるじゅ様は肩ロースの最上級のビーフを使ってるが、ナベショーは最も安い腿赤肉ブロック、、、

 オーブン 170度に加熱して、、、

 手で押さえた感触が、さるじゅさま 曰く

 ぷにぷに → ふにゅふにゅ→ むにむに

 ひたすら待つこと 15分間、、、むにむに ?、、、まあいいか!

 冷えてから表面が、まだ生々しいので、直火の炎で炙って少し焦げ身をつけた。Img_7548syukusyou Img_7555syukusyou

 

 

 

 

 

 切って見たが、中も、まだかなり生っぽい、、薄く切ると固さはほとんど気にならないし、丁度良い美味しさ、、、Img_7566syukusyou  

 さるじゅ様のレシピーどおり、マスタードとカラシ、醤油を混ぜたのを薄くスライスしたビーフの片側に塗って、ネギを巻いた。(写真 向こう)

 もう一つは卸しニンニク、生姜と味噌、砂糖を醤油でといて、スライスしたビーフの片側に塗って、青紫蘇の葉を重ねて巻いた。(写真 こちら)

 このローストビーフはかなり生っぽく、焼き具合は、むにむに、、ではなく、ふにゅふにゅ だったなあ。

 サーロインステーキのように脂肪が入ったものや、霜降り肉は、もちろん 美味しい、、

 でも、脂肪を含まない腿赤肉ブロックは価格も安く(量販店では100Gr 100円以下)、ローストビーフや、表面を炙って薄くスライスしてタタキで食べると、柔らかいし、ヘルシーだし、美味しいよ!

 肉を漬けるのに使った赤ワインの残りで乾杯!Img_7556syukusyou

 モンタは好きなように、家の中も、外も、勝手に自由に、、、、 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

鱧料理

Img_7481syukusyou 胡麻の花

 花に産毛のような白い毛が光り、やさしい薄紫の白い花、、、数ある野菜類のなかでは最も美しい花の一つ

 ナベショーも来年は胡麻の種を蒔いてみよう。

 長雨と日照時間不足で野菜の値段が高騰しているという。

 しかし、妻がナベショーの草ぼうぼうの畑へ行けば、トマト、茄子、キュウリ、ピーマンをポリ袋一杯収穫してくる。

 昨年の秋は逆に雨が降らず、冬は豪雪、やはり野菜が高騰したが、大根、キャベツ、小蕪、白菜、、、など秋野菜がたくさん採れて助かった。

 出来るだけ、畑で収穫できる範囲の野菜と季節の山菜、野草料理と庭で採れた果実ジャムや蜂蜜を食べる田舎暮らしのスローライフ

 時々、18キップの遠出の旅やアルプス登山、、時には、ちょっとセンスの良いおしゃれをしてSUV車で町へ出て、話題の映画を見たり、カルチャーや食事を楽しんだり、、、

 でも、先日 こんな話を聞いたよ、、

 大手食品会社の営業部長で、昨年秋に退職した人、、、家でやること無くて、、、

 朝、新聞を2時間かけて隅々まで読んで、今度は近くのコンビニへ行き、別の新聞買ってきて読み、またコンビニで別の新聞買ってきて、、、、一日5回コンビ二へ通った生活、、半年で気が狂いそうになった、、

 やっと、この4月から10万円/月もらう営業の仕事にありついてホットしてる、、、、

 そのうち、また年食って、退職したらどうするんだろう?

 ナベショーだったら、それらの新聞の切り抜きやって、キーワード別に整理して、切り抜きファイル作るね~

 楽しいよ~ 新聞の切り抜き、、、時間忘れてしまうほど、、

会社の時は仕事と趣味を兼ねて、技術や市場などのキーワードで業界新聞の切り抜きやっていた。

 いろんなキーワード  料理、園芸、健康、山登り、心理学、中国問題、北朝鮮問題、イスラエル中東、靖国、老人介護、少子高齢化、年金、、、一年やったら本が書けて、講演できるよ!

 Img_7527syukusyou Img_7537syukusyou

 庭の林檎、ぼとりぼとりと落ちてくる、、、

 もったいないので、皮剥いてジャムにした。

 静岡は暖地なので、リンゴ(冨士)は8月に丁度食べ頃、、

 9月にはいると、肥大化してすぱすぱになって美味しくない。

 今の時期はかりっとした歯ざわり、甘酸っぱい初恋の味と感触、、、

 昔、お盆の頃、青くて堅い甘酸っぱいん林檎(祝い林檎)を皮ごと食べるのが好きだった。

 今日は妻が静岡の駅ビルの食料品売り場でハモとアナゴを買ってきた。

 ハモは残念ながら生ではなく湯引きしてあったが、まあ~仕方が無いか、、、

 夕食はハモ、アナゴ料理Syukusyou_10 Img_7540syukutou Img_7541ykusyou Img_7542syukusyou Img_7543syukusyou

 

 天婦羅:アナゴ、ハモ、茄子、青紫蘇、サツマイモ、長芋、ピーマン

 アナゴとハモの照り焼き

 ハモの湯引き:梅肉で食べる

 ハモのお吸い物

 焼きアナゴ  これは明日のご馳走(アナゴ飯、アナゴ丼、、、)

 久しぶりのハモ、アナゴ料理のフルコース、、

 ナベショーが料理したかったのに、「腰の骨折れた人は安静にしてなさい」、とやらせてもらえない、、トホホ!

 東京でもハモの湯引きしたのはデパートの食品売り場で売っているのでは?

Img_7517syukusyou 外へ飛び出たモンタ、、、

 ガラス扉の向こうから、部屋の中に入れて~ と神妙にこちらを見てる、、、

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »