« 鮭料理(3) | トップページ | 鮭料理(5) »

2006年9月14日 (木)

鮭料理(4)

Img_9226syukusyou 青紫蘇の花

 ひと夏、ずいぶんと料理で楽しませてくれた青紫蘇、、

 だんだん、疲れてきたのか葉が小さくなってきた

 蕾が出来て、白い花が咲き始めてきた

 花の後には、プチ、プチッとする小さな実がなる、

 この実の収穫のタイミングが難しい

 早すぎると、まだ実はふにゃふにゃでプチッの感触が無い

 遅すぎると枯れてきて実が飛び出てしまう

 いずれにしろ、丁度良い時期を見定めて、手でしごくきながら実を収穫、、

 笊にいっぱいの実からゴミや茎を除く、

 まず、半分は塩でしっかりと揉んで、水分を絞って、瓶の中にぎゅうぎゅうに詰めて冷蔵庫で保存する

 いつまでも青々しさを失わず、キュウリやキャベツ、白菜などの塩揉みに少し混ぜて、美味しい即席お漬物

 残りの半分は醤油、少しの味醂を加えて鍋で水分が無くなるまで煮込んで佃煮に、、

 これもガラス瓶にぎゅうぎゅうに詰めて冷蔵庫へ、、

 お茶漬け、お握りに、、ああ! 美味しくてすぐに無くなってしまう

 昼食は鮭チャーハン、、、Img_9274syukusyou

 ピーマン、エノキ、キャベツ、ネギなどのあり合わせの野菜に生生姜、ニンニクを少々、、それに塩鮭の身を小さくぶつ切りにしてチャーハンを作った

 塩胡椒に隠し味の醤油少々、、、出来上がり

 10分もかからない、、早業

 皿に盛って、先日作った紅生姜を刻んで上にぱらぱら

鮭の身に塩味が付いているので、ピシッと味が決まる。

 夕食の料理、、、、も鮭Img_9285syukusyou Img_9286syuksuyou                                        

 鍋に鰹の出汁をたっぷり取り、塩鮭の大きなブロック身、玉ネギ丸ごと一個、

 百合根(スーパーに出てきたんですよ、、、待ってました!)、長芋、冬瓜、を入れて

 薄口醤油(龍野のカネヰ醤油の本醸造)で味付け

 ほぼ煮上がり、冬瓜が透明になってきたら、ブロッコリーを色付けのためにチョコと加えて出来上がり

 百合根は煮すぎると崩れてしまうので、少し後から加えるべきだった。

 全体の味は鰹出汁の薄味だが、百合根や長芋、玉ネギから出る甘味が調和して、

 上品な美味しさに仕上がった。

 鮭には程よい塩味が付いているので、薄味の野菜と調和して美味しくいただける。

 妻が、これは美味しいよ!!!

 静岡 丸子の待月楼(静岡の高級料亭)の料理以上の味、上品だし、、

 それ以上よ!!!

 上手に誉めてくれるね~

 主菜が無くて、日本料理の煮物と、ちょっとおかしいが、絞め鮭のアボガドサラダ

 生の京菜(水菜)の上に、アボガド、酢で絞めた鮭のスライス、本山葵の糸切り、ブロッコリーの生

 をのせただけの簡単なサラダ

 自家製(アンズジャム入り)のピエトロ風フレンチドレッシングをかけていただく

 妻と二人では、これだけで十分満腹してしまった

Img_9299syukusyou  モンタは暑いときはクーラーの下の床の上、

 涼しい時はソファーか暖かい椅子の上、 

 姿が見えないときは、押入れの中か、ベットのシーツの上、

 時々紙袋の中、、、、、、で眠っている

 夜、いくら探しても見つから無い時もある

 ベランダから屋根の上、、、、こちらが気がつかず戸を閉めてカーテンしてしまった

  よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

|

« 鮭料理(3) | トップページ | 鮭料理(5) »

コメント

一匹の鮭で、四日間の変化ある料理。感服です。
我が夫は、同じ素材が続くと、料理が違っていてもそこは気付かず、「今日も同じ物ですか?」と言う人なので、とても真似できませんが、夫婦で同じように料理を楽しめるなんて羨ましい限りです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月14日 (木) 21時18分

紙袋・・・(笑)
いいにおいがしたのかな?カリカリを買って来た紙袋??
ふうかは津山までもいきませんよ。
や○さ○町で~~す(笑)
何も無いんですよ、名所旧跡・・(>_<)

投稿: ふうか | 2006年9月14日 (木) 22時04分

ばら色さま
家族が多い時は一匹でも直ぐ食べてしまいますが、二人だと鮭料理(5)、(6)、(7)、、、、と続けないと食べ切れませ~ん。
今日もね、夕方外から帰ってきた妻が、「今晩の料理は?」
と聞くので、「鮭の入った野菜の煮物とサラダ」って言うと、「野菜の煮物ってそんなに簡単に短時間では出来ませんよ~」という。
でも、30分かからないで出来た。

投稿: ナベショー | 2006年9月14日 (木) 23時18分

ふうかさま
や○さ○町、、広島に勤務してた時、故郷の丹波綾部へ帰るのに中国自動車道でよく通ったよ
氷ノ山へ行く時も通るでしょう?
松茸の産地、、ですね
カリカリの袋はちょっと小さいけど、ショッピングバックの中に入って、顔だけチョイッと出してるんですよ。

投稿: ナベショー | 2006年9月14日 (木) 23時26分

若いときは、料理したけど、最近は食べるの専門になっています、
我がページに訪問ありがとう、
これからが、スズメバチの攻撃本番となります、油断せずに愛蜂達を守ってください、
ランキング、応援して・・またです、

投稿: bee83 | 2006年9月14日 (木) 23時44分

Bee83さま
本番攻撃の前に、、、戦々恐々、、
嵐の前の静けさか、、、
刺されたら死ぬ人もいるんですね

投稿: ナベショー | 2006年9月15日 (金) 08時50分

ナベショーさま、
紫蘇の実、おいしそうです♪、
で、また、質問なのですが、(^^ゞ
漬け頃はこの写真のころくらいでしょうか・・・?

投稿: こつ | 2006年9月16日 (土) 08時52分

こつさま
紫蘇の実の採り頃、、
花が終わって、実になり、口に入れて噛んでみて、
丁度、プチ、プチと心地よい感触が感じられる頃、、、
この頃に収穫して塩漬けしてみてください

投稿: ナベショー | 2006年9月16日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11894228

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭料理(4):

« 鮭料理(3) | トップページ | 鮭料理(5) »