« ゴリの佃煮 | トップページ | 羅臼昆布でオデン »

2006年9月25日 (月)

羅臼昆布で料理

Img_9697syukusyou サクラタデ

 タデの種類は多いけれど、このサクラタデの花が最も大きく、また美しい。

 淡いピンクの花、可憐な花である。

 10年ほど昔、どこかの土手に咲いていたのを一枝取り、挿し木した。

 今では、庭の数m四方がいっぱいになるまでに増えて、美しい可憐な花を咲かせる。

 挿し木苗を沢山作って、もっと庭のあちこちに植えよう

 ご希望の方には、お分けしますよ。

 彼岸花もここ2~3日で咲き終わりそう、、、、

 明日は雨らしいので、カメラもって、ナベショーの畑の近くの水路の土手へ彼岸花を撮りに行った。

 展覧会では無いけれど、彼岸花の群生をご観賞ください。Img_9635syukusyou Img_9636syukusyou Img_9637syukusyou Img_9639syukusyou Img_9640syukusyou Img_9645syukusyou  

 しかし、ナベショーの住んでるところはど田舎でしょう!

 今日は午前中に茶園の草取りの精出したので、午後はちょっと昼寝したら、寝坊してしまった

 妻もいないし、特上の羅臼昆布を使った料理を作った。

 Img_9700syukusyou Img_9701syukusyou

 羅臼昆布で取ったお出汁で百合根と舞茸のお吸い物 、、、美味しい!!!!

 全く、今まで食べてたお吸い物の出汁は何だったのか?  

 一度でも最高のものに出会ってしまった人は不幸である。

 もう、これ以下のものは食べられない、、、

 羅臼昆布を少し水で戻して天婦羅に、、、、1mm以上の厚みがあって美味しいよ

 青紫蘇の実(花が咲き終わって、少しプチプチ、、、)と百合根も一緒に天婦羅に

 百合根は甘くて柔らかく、、今が旬

 毎朝のお味噌汁のお出汁に使った羅臼昆布を冷蔵庫に貯めてあった

 新しい羅臼昆布を半分足して、干し椎茸と山椒の実で毎度の佃煮を作るImg_9704syukusyou

 毎朝のご飯、お茶漬けに欠かせない

 お出汁を取る時、同じ面積の昆布を使っても、厚みがあるので3~5倍の濃厚な美味しいお出汁が取れる。

 佃煮にする時も、普通の昆布は固いので最初に酢を加えて煮るけれど、走りの羅臼昆布は柔らかい

  今まで食べていたぺらぺらの紙みたいな出汁昆布と比べ、羅臼昆布は厚みもあり、、それでいて実に柔らかいのである。Img_9663syukusyou

 モンタのあくび

 幸せな猫、、、、

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ゴリの佃煮 | トップページ | 羅臼昆布でオデン »

コメント

ナベショー様のお料理は、実は私の義父の好きそうなものばかりです^^。義父は、食べるのがあまりに好きで、退職後は自分でもかなりお料理をしているのですが、今度一緒に暮らすかもしれないので、その時は、ナベショー様のメニューを参考にさせてもらおうと思ってます。そうしたら、きっと文句は出ないこと確実ですから^^。
昆布シリーズ、本当においしそうです!

投稿: riezon | 2006年9月25日 (月) 22時05分

彼岸花もこれだけ沢山ありますと、圧倒される美しさですね!こんなにたくさん、初めて見ました。

昆布をてんぷらにする、という手もあるのですね。ワカメは時々しますが、、、。

それにしても器用になんでもされますねー。脱帽です!

投稿: なぎさ | 2006年9月25日 (月) 22時16分

riezonさま
お義父さまと一緒に暮らすようになったら、時々、否、頻繁にお義父さまに毎食事の料理を作っていただいたら、、、
張り切って料理されますよ!
ナベショーの料理は、ほとんど小料理屋、居酒屋料理ばかりです

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 00時08分

なぎささま
ブログに載せる美しいお花は無いか、、といつもキョロキョロしてるので、今年はこんなにたくさんの彼岸花が咲いている場所を発見しました。

妻が「自分の小遣いでお買いになるならどうぞ!」と言われて買った羅臼昆布一年分、、、
お出汁とるだけじゃ、つまらないし、、何かアッと言わせる料理は?、、、、と。

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 00時19分

こんばんは。
彼岸花、圧倒されました…。
昨日、月曜の日課の移動時に大垣から関ヶ原越えの車窓で見てたくさんだなあ、って思っていたのですが、桁外れです。
食べ物、美味しいものを食べてしまうと逆戻り出来ませんね。でも、本物の味を知ることも大切ですが。

投稿: ぞう | 2006年9月26日 (火) 01時09分

やはり彼岸花の赤はきれいですね。
私のブログですが、昨日は訪問者が初めて30人を超えました。(普通は5人位ですが。)彼岸花をタイトルに入れたせいか、彼岸花で検索して入ってくる人が多かったです。写真好きの方には定番のようですね。

投稿: PPP | 2006年9月26日 (火) 05時34分

こんにちわ♪おいしそうな昆布料理ですね~!
羅臼昆布のお吸い物にユリネと舞茸!おいしそう~。
天ぷらや佃煮もおいしそうですね。
昆布料理(出汁用ではなく、料理で)に使う昆布、ボクのお気に入りは北海道の尾札部(おさつべ)の昆布!なかなか市場ではお目にかかれませんが、見つけた際にはぜひお試しを!本当においしい昆布ですよ。

投稿: さるじゅ | 2006年9月26日 (火) 07時19分

ぞうさま
普段、目に入っていても見えない。
彼岸花の群生の美しい写真を撮りたいと思っていたら、直ぐ近くに見つけました。
まだ、凄く田舎ですので、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 08時56分

pppさま
彼岸花はほんとに絵になりますね。
群生の景色も良いし、花一つも美しいし、、、
ブログへのアクセス、、googleやyahooの検索からが多いです。
読者がどんなことに関心を持ってアクセスしてくれたか参考になります。
一度アクセスしてくれた方がリピーターになってくれればいいですね。

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 09時02分

さるじゅさま
美味しい昆布のお出汁を覚えると、もう化学調味料が使えなくなりました。
尾札部昆布、、ネットで調べてみます。
出汁昆布と料理昆布はどのように異なるのでしょうか?

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 09時07分

またまた見事な、彼岸花の群生。
夫と、わざわざ片道40分もかけて見に行ったのは何だったのかしら。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月26日 (火) 15時52分

ばら色さま
すみませ~ん!
こんな群生地は、そうとう未開地の忘れ去られたど田舎でないと残ってませんので、、、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 17時08分

ナベショーさん、遅ればせながらプロフィール
読みました・・・!
姫路にも、いらっしゃったんですね~

マグロ君は姫路から私鉄で30分くらいの
ところ・・、高砂市出身なんですよ~!

どこかですれ違ったかも・・・・!

これからもよろしくお願い致します。

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年9月26日 (火) 17時22分

マグロ君さま
生まれと育ちは京都の丹波、学校は大阪、こてこての関西人ですよ。
転勤ばかりしてたので、静岡出身の妻により静岡人になりました。
姫路は高砂市のお隣ですね。

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 18時14分

ナベショーさん、こんばんは。

早速天然羅臼昆布を料理で使ってもらえ嬉しいです。
さすがナベショーさん、羅臼昆布もこうしていろんな料理に活用されると幸せでしょうね。
わたしもまだまだ勉強せねば、どの魚介類にもいえることなのですが地元羅臼を離れて各地方に出荷されてからが皆さん素晴らしい料理にしているようです。
たとえば羅臼産のタラコも九州で明太子となりあちらの特産物に変身します。
羅臼昆布も沖縄のほうではまたこちらとはちがう素晴らしいものに変わり地元生産者としてこれほど嬉しいことはありません。
どうか羅臼昆布存分にお楽しみください。

投稿: たけし | 2006年9月26日 (火) 20時15分

今日は午後ひとり予定なし・・でしたので
どこかでみたなぁ~~と、取り合えず畑の青紫蘇の穂をはさみでチョンチョン・・・葉ほもう硬いので触らずに・・小枝にして持って入って・・台所で、実をそいで・・・おかげで指はまっちゃちゃ(笑)
どこかでつくだに~~~♪なんて鼻歌♪~(笑)
ここにありました、青しその佃煮
はい
がんばって作りましたよ
近所におすそ分けできました
本物食べたこと無いけど・・まっいいか!です
レシピ参考にさせていただきましたm(__)m
ありがとうです(^_-)
今日のモンタ君ふうかに似てる??(笑)

投稿: ふうか | 2006年9月26日 (火) 20時43分

ふうかさま
青紫蘇の実、、収穫して佃煮にしましたか。
ナベショーも毎日、手で少ししごいて口に入れ、、、、
う~ん 未だかな~ プチンの感触は? 後2,3日か~?
なんて思案してます。
青紫蘇の実の佃煮  美味しいですね!

投稿: ナベショー | 2006年9月26日 (火) 22時21分

たけしさま
おかげさまで、たけし様の天然羅臼昆布を使った美味しい料理を堪能させていただいております。
ロスで料理人してる娘が、来年日本に帰ってくるまでに、少しは残しておいてね、、て言ってますが、早々と食べ尽くしてしまうかも、、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12037650

この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼昆布で料理:

« ゴリの佃煮 | トップページ | 羅臼昆布でオデン »