« 手作りメンマで中華ソバ | トップページ | 青春18キップの旅 小諸 懐古園 »

2006年9月 5日 (火)

青春18キップの旅 松本から篠ノ井へ

Img_8963syukusyou 松本城

 青春18キップの有効期限は9月10日まで、、

 腰椎の骨折回復具合との相談だが、医者から2、ヶ月経ち日常生活にボツボツ戻してもいいでしょう、、との判断

 荷物はカメラと本、洗面具のみの軽装備で出発

 9月5日の旅程

 西焼津7:26→冨士8:22 身延線8:43→甲府11:16 中央線11:49→松本13:56 松本城見学  松本16:13篠ノ井線→篠ノ井17:25 宿泊

Img_8928syukusyou 冨士駅から身延線で甲府へ

身延線の山梨側からの富士山、、、

 いつも南側、静岡県側からの冨士山に見慣れているので、山頂が尖がった冨士は、オヤッ、、と思う

 富士川に沿って汽車は走る

 やがて身延山地の1500~1800mの尾根が連なるImg_8931syukusyou

 いつもは静岡の安倍川沿いからよく登る1719mの十枚山や安倍峠の特徴的な山並みが見える

 見覚えのある山々を車窓から楽しんでいるうちに身延山を過ぎて、甲府盆地に入っていく

甲府では、駅を出てデパートでお昼のお弁当と甲府ワインを買って、中央線の松本行きに乗る  Img_8939syukusyou_3 Img_8935syukusyou_1 

 

  

 3種おこわご飯弁当と赤ワインを楽しみながら、左側の車窓からは南アルプスの、薬師、烏帽子、観音岳、、やがて甲斐駒ケ岳が見えてくる

 4年前の夏に長女、次男と夫婦4人で歩いた鳳凰三山の尾根である

 松本駅には14時前に到着、、

 2時間しかないので、駅前からタクシーで松本城へ、、

 姫路城と同じく、火災からも守られ、多くのかたの尽力で昔のままの美しい天守閣が保存されてきた。Img_8956syukusyou Img_8958syukusyou

 

 

 急な木の階段を上り、天守閣の木造骨格を中から見ることが出来た。

 松本城の次には日本最古の擬西洋風学校建築である「開智学校」を見学、明治初期の頃、地方が如何に学校教育に力を注いでいたか!Img_8965syuksuyou Img_8967syukusyou Img_8969syukusyou_1

 この建物を建てた大工は、当時日本の各地で立てられていた外国人が設計した洋風建築を見学して、この学校を設計建築したという。

 美しい木造建物で、内部の教室、部屋、設備、、も荘厳な重みを感じさせる

 

 松本駅から16時13分 篠ノ井線に乗った

 篠ノ井の手前、おばすて駅Img_8981syukusyou Img_8990syukusyouを過ぎると、右手下方に、蛇行した千曲川と上田、

 小諸方面の美しい盆地が広がってくる

 美しく色づきかけた林檎園と葡萄畑

 会社勤めをしてた頃、、新潟県の妙高の麓、新井市に工場があった。

 出張で、名古屋から夜遅く出る夜行寝台列車「金星」、中央線を北上し、夜明け頃に篠ノ井付近

 山の中腹を走る篠ノ井線、、

 まだ薄暗い夜明け、ピンクの朝焼けの空、盆地の町の明かり、眼下に蛇行したキラキラ光る千曲川

 名古屋でおそくまで飲みすぎて、夜行列車ではよく眠れず、霞がかかった頭と目、

 でも、そんな朦朧とした意識だったけど、いつもこの光景を美しい、、と思った。

 やがて今日の宿泊地 篠ノ井には17:25に到着した。 

よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 手作りメンマで中華ソバ | トップページ | 青春18キップの旅 小諸 懐古園 »

コメント

おはようございます。
何とか18きっぷの季節に間に合って良かったですね。
身延線・中央東線・篠ノ井線。車窓がふんだんに楽しめるコースですね。最近、山並みを眺めるのが好きなぞうです。

投稿: ぞう | 2006年9月 7日 (木) 05時06分

お帰りなさい。
何事も無く、ご無事に旅を楽しまれたご様子で、よかったです。
私達も明日から、小渕~野辺山~八ヶ岳にドライヴです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月 7日 (木) 07時32分

こんにちは。

ここ数日、お天気も崩れることはなかったみたいですし、旅を楽しまれたようで良かったですね。

松本城は、渋さが美しいですね。
姫路城の艶やかな美しさも好きですけど、この渋さも好きです。

お城や神社仏閣などを見学すると、日本の木造建築の美しさ・精巧さを感じることができて、いつも感動してしまいます。
私もまた、余裕ができたら松本城に行こうと思います。

投稿: noriko | 2006年9月 7日 (木) 09時54分

ぞうさま
何とかぎりぎりで間に合いました!
車窓から景色みてるだけでも、時間を忘れます
今度は、10月1~20日の鉄道の日記念キップです。

投稿: ナベショー | 2006年9月 7日 (木) 14時33分

ばら色さま
とっても美しいところ、、でもちょっと天気が心配、、
東京から中央高速を走れば、八ヶ岳付近は近いのですね

投稿: ナベショー | 2006年9月 7日 (木) 14時37分

norikoさま
何とか傘持たずにもちました
松本城も街の通りも美しいです
日本の古い木造建築、ほんとに渋くて美しいですね。
大好きです!

投稿: ナベショー | 2006年9月 7日 (木) 14時41分

お城の階段をのぼるときいつも思うのですが、お姫様たちも、あのような階段を上がったり、下がったり、したんでしょうか? たいへんな労働だったことでしょうね。

投稿: なぎさ | 2006年9月 7日 (木) 21時25分

なぎささま
ナベショーもおなじことを思いました。
日常は天守閣ではないところの御殿に住まわれていたのでは、、、
着物の裾をもって、あの階段上り下りできませんね
それに、トイレや台所もあったかな~
天守閣は城が落ちる時の最後の砦、、だったのでは?

投稿: ナベショー | 2006年9月 7日 (木) 22時51分

階段というより、あれはハシゴというべきものですからねー。けれど普段は姫さまも軽快ないでたちだったかも知れませんね。忍者みたいな格好だったりしたかも。

数年前、松山城を見学しましたが、シロアリの被害で大変だとききました。火災もシロアリもお城のためには大敵ですね。

投稿: なぎさ | 2006年9月 9日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11788459

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18キップの旅 松本から篠ノ井へ:

« 手作りメンマで中華ソバ | トップページ | 青春18キップの旅 小諸 懐古園 »