« 羅臼昆布で料理 | トップページ | 映画 日本沈没 »

2006年9月26日 (火)

羅臼昆布でオデン

Img_9686syukusyou ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

 北アメリカ原産 明治初期に日本に渡来、アメリカヤマゴボウともいう

 花は白い

 夏の終わり頃から葡萄の房のような赤黒い実をつける

 名前がゴボウだから、根っこがゴボウに似て、食べられるのかな?

 ず~と晴天が続いていたが、今日は低気圧の接近のため雨予報

 庭の半分、駐車スペースが背丈ほどの草に生っていたので、草刈機で刈り、芝生も刈った。

 後半は雨が本降りとなったが、昼前に濡れながら作業完了

 やっと庭全体の草刈、草引きが終わった

 バッタやコオロギ、カマキリがあわてて逃げ出す

 夜には、松虫のチンチロリンの鳴き声が聞こえていたけど、これからはどうであろうか?

 今日は羅臼昆布を使ったオデンを作った。

 一枚、約50Grの昆布をハサミで切って、水ですこし戻して切り、くるくると巻いて、干ぴょうで縛った。

 羅臼昆布を使って、出汁を取るだけでなく、昆布自身を美味しく食べるためである。

 昆布以外の材料から化学調味料が出てこないように、練り製品は静岡名産イワシのクロハンペン3枚だけにした

 材料は昆布の他には、クロハンペン、大根、冬瓜、コンニャク、飛龍頭(ガンモドキ)だけである。

 調味料は濃い口醤油、味醂少々のみ

 一時間ほどコトコト煮ると、大根が琥珀色の半透明になったので、鍋を火から下ろした頃に、妻が帰宅した。Img_9708syukusyou_1

 少し冷まして、味がしっかり材料に馴染んでからお皿に盛りつけた。

 羅臼昆布は驚くほど柔らかく煮えているにもかかわらず身崩れしない。

 厚みは1mm以上もあるのに、柔らかくて、ビックリするほど美味しい。

 大根、コンニャク、冬瓜、、、昆布の出汁の美味しさが良く浸み込んでいる。

 妻曰く、薄味だけれど、上品でしっかりしたコクのある味付け、、これは料亭の味よ、、、

 正直言って、今までのオデンは昆布を出汁に使うことはあっても、量が少し、ほとんどは安易に化学調味料を使っていた。

 なかなか、味が決まらなくて、醤油、味醂、お酒、挙句は砂糖、、また化学調味料を少し、、、

 だんだん味が濃くなって、甘くなっていく

 昆布、特上の羅臼昆布で本格的に出汁をとって料理することはほとんど無かった。

 しかし、これほどまでに美味しい料理の味付けが出来るとは認識新たにした。

 明日の朝、昼も、たっぷりと食べられるImg_9666syukusyou

 モンタはヨガの修行中!

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 羅臼昆布で料理 | トップページ | 映画 日本沈没 »

コメント

「これは料亭の味よ。」といつも奥様にほめられてますねー。

わかったぞ、あたしも、夫がインスタントラーメンを作ってくれたら「あら、これはこれは本格的なお味ねー!」と言ってうんと感動してみせようかな。

ぶたもおだてりゃ・・・。失礼! ほんとにおいしそうなオデンですこと。

投稿: なぎさ | 2006年9月26日 (火) 22時55分

おでんの季節到来。
羅臼昆布のおでん、上品な味わいでしょうね。酒もすすみそう。
静岡名産イワシのクロハンペン、最近ブームでしょうか。先日愛知県内のスーパでも売っていました(今まであまり見た記憶がないだけかもしれませんが)。

投稿: ぞう | 2006年9月27日 (水) 03時48分

なぎささま
子供は誉めて育てましょう、って言いますね。
ナベショーは子供か、、、?

夫様にはたくさんお小遣いを持たせ、男の料理教室へ通わせ、たまには高級料亭へ食べに行って、、、、
夫様が作ってくれた料理をうんと誉めて、、
でもね~
インスタントラーメンを誉めたら、、、、あなたのラーメンは世界一、、なんてず~と言い続けなきゃなりませんぞ!!

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 09時24分

ぞうさま
静岡名物イワシのクロハンペン、、、おでん以外に山葵醤油で、天婦羅に、炙って醤油で、、素朴な庶民の味、栄養満点ですね。

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 09時31分

昨日は紫蘇の実の佃煮作りましたが、拙いHPですが佃煮UPしました(笑)
それと、ヤマゴボウ・・・根、食べない方がよさそうですm(__)m、わがやの兎の飼育方法の本にアメリカ山ごぼう(多分同じ種類と思われます)ですが、与えてはいけない、植物分類に入ってて、実と根が有害とかかれてあります・・・思い出したので、お知らせしておきますねo(^-^)o

投稿: ふうか | 2006年9月27日 (水) 10時24分

ふうかさま
HP開設おめでとう
何故か、クリックしてもアクセス出来ないよ?
URLがわかれば、訪問できるのですが、、、
紫蘇の実の佃煮、、お味のほうは?
ヤマゴボウ 有毒なのにゴボウとは紛らわしい名前をつけたんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 10時56分

http://www.geocities.jp/lapinmam/
なにせ機械オンチ
HP開設は娘作ですo(^-^)o
これでいいと思うのですが??
どうでしょうか?

投稿: ふうか | 2006年9月27日 (水) 13時54分

私もヤマゴボウの根は食べられないと聞かされています。
夫が、料亭の味を作るようになったらどうしましょう。
私は、かつて取材で日本中の一流料亭やレストランを歩きましたから、接待で宴席が続く夫も「あなたの行った店ほどの所は歩いてません」と、はなから“あなた作る人、私食べる人”を貫いています。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月27日 (水) 14時44分

羅臼と言えば・・・・、昆布とキンキですよね~!

昨年行きました~!ガヤ(蝦夷メバル)をいっぱい釣りましたよ~。羅臼港の堤防から・・・!

遅ればせながら・・・マグロ君のブログにリンクを貼らせて頂ました・・・!よろしかったですか?

投稿: マグロ君 | 2006年9月27日 (水) 16時07分

ふうかさま
Ok OK アクセス出来ました
とても美しく可愛いHPですね!
青紫蘇の佃煮 美味しそうです。
お茶漬けが何杯も、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 19時51分

ばら色さま
ゴボウに似てないのに、どうして山牛蒡なんでしょう
料理は食べるのもいいですが、作るほうが幾倍も創造的で楽しいのにね。
ナベショーは、ほとんど接待するほうでしたから、自腹で飲む時は、気の置けない仲間と、安くて美味しい小料理屋や居酒屋で、うんと旨い物食べてました。
だから、ナベショーの料理のほとんどは居酒屋料理なんです。

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 19時58分

マグロさま
マグロ様はお仕事で北海道をはじめ、魚の旨いところへ、しばしば行かれるのですね。
そういう出張もいいですね~
ブログ人気ランキング上位のマグロさまのブログに貼っていただけるとは光栄です。

投稿: ナベショー | 2006年9月27日 (水) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12050646

この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼昆布でオデン:

« 羅臼昆布で料理 | トップページ | 映画 日本沈没 »