« 鮭料理(4) | トップページ | 鮭料理 (6 最終回) »

2006年9月15日 (金)

鮭料理(5)

Img_9330syukusyou_3 ハギ

 ピンクのハギに対し、これは白、

 雪がこぼれるように、真っ白なハギ、これも美しい

 公園やお寺の境内、ハギが満開である

 今日、庭にヒガンバナの蕾の付いた茎が十数本、ニョキ、ニョキと地面から伸びてきてた。

 もう数日で秋分の日、お彼岸である。

 空の雲も秋、田の稲も刈りいれを待っている

 その上を赤トンボが沢山飛んでいる

 すっかり、秋だな~Img_9325syukusyou               

 蜜蜂の巣箱はスズメバチ捕獲器を取り付けて、準備万端、 

 はじめての経験だが、スズメバチの来襲に備えて戦々恐々の毎日である

 巣箱の前、周辺を多くの蜜蜂が乱舞いすることがある。

 昨日も、今日も、乱舞いしていた。

 新しい蜜蜂が誕生すると、巣門の前で一斉に飛び回り、巣箱の位置、方角を先輩蜂から教っているという。

 養蜂にとって、今の時期は重要である。

 夏の暑さで蜂が弱り、蜜を出す花も少なく、女王蜂も疲れて産卵が少なくなる。

 それで、気候が涼しくなるにつれて、砂糖水の餌を沢山与え、元気を出して、産卵、子育てするように援助してやる

 今、飛んでいる働き蜂は今年中に全部寿命がきて死んでしまう

 今から、卵を産み、孵化し、大きくなって誕生した働き蜂が、寒い冬を越して、来年の春の蜂になる。

 その蜂が来春、懸命に働いて、蜜を集め、花粉を集め、女王を世話し、育児して群れを大きくするのである。

 巣箱の前で、毎日にように多くの蜂が乱舞いするのは、来年の蜂が生まれている証拠なのである。

 さて,今日も鮭料理、、、、

 鮭といえば、やはりお寿司だね。

 2合のお米で寿司ご飯を作った。

 朝から酢で絞めてあった鮭を薄く切って、竹のスダレの上に広げたラップフィルムの上に

 ご飯と鮭を置いて丸めた。Img_9309syukusyou Img_9310syuksou

 

 余った鮭の半端と青紫蘇で鮭紫蘇チラシ寿司を作り、お昼用とした。

 鮭青紫蘇チラシ寿司、、、美味しいよ

 押し寿司は新聞紙で包んで冷蔵庫で夕方まで寝かせて馴染ませた。

 夜は、お寿司  ラップフィルムで包んだまま、刺身包丁で切り分けると、形が崩れない。Img_9344syukusyou

 夕方、外から帰ってきた妻、、

 へ~、お寿司も作れるじゃん!

 あったり前だのクラッカーだ!

 今まで、寿司ご飯は妻のテリトリーだった

 鮭は4本に切り分けた身をさらに薄く半分にすると、丁度お寿司に良い大きさになるね。

 これから、鯖もますます美味しくなるし、サンマも新しいのがお寿司に出来る

 Img_9322syukusyou

 庭で草取りをしてると、モンタはず~と側でうろうろしてた

 外がいいのかと思うと、家の中に入ると、ソファーで寝てばかり、、、

 よろしかったらクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 鮭料理(4) | トップページ | 鮭料理 (6 最終回) »

コメント

ナベショー様の鮭料理の数々。本当においしそうで見入ってしまいました。1本を自分でさばいてのお料理、さすがです・・・。私はといえば、まだまだ小さい魚がやっとで、しかもお刺身は盛り付けたら貧相になってしまうレベルです。ここしばらくは、秋刀魚をちょこっと下処理レベルで停滞。うーん、こんなんではいけない!とナベショー様を見ていて思いました!また、気持ち新たにがんばります(^-^)。また、いろいろ教えてくださいませ。

PS 「小諸懐古園」行かれたのですね!実は、子供の頃は小諸に住んでました。きっと何も無い町で驚かれたことでしょう・・・。懐古園では、毎年写生大会で絵を描いてました。懐かしいです^^。

投稿: riezon | 2006年9月15日 (金) 22時03分

riezon さま
魚の料理、、見栄えは悪くても、家で食べるので気にすることないですね。
ナベショーも自己流、魚屋さんがやってるの見て覚えました。
だんだん一本おろすコツがわかってきますよ
数をこなすこと、継続こそ力なり、、
小諸に住んでいられたのですか
町の中まで歩けなかったのですが、静かな美しいところですね
懐古園、、とても良かった

投稿: ナベショー | 2006年9月16日 (土) 09時40分

今日のモンタくん凛々しい(*^_^*)
春に暇に任せて、ふうかんちの、畑の隅の一本のお茶の木をつんでみました
お茶になったので(笑)うれしくて増やそうかと、4~5本挿し木して、この間まで無事に育ってたのに・・・植え替えた途端、枯れてしまいました(涙)勉強にと、お茶のカテゴリーず~~~と読ませていただいたけど、4月にまでいったらモンタ君の写真がなくなったので・・・帰ってきました
もう一度挿し木挑戦しようかな~~~o(^-^)o
でも来年まではどうにもならないでしょうね・・・

投稿: ふうか | 2006年9月16日 (土) 13時09分

ア、ナベショー様も「あったり前田のクラッカー」ですか。
自分で作ると、鮭が厚くて贅沢・・・絶対に美味しいわけです。
最近、ベランダに蝿を細身にしたくらい(1.5センチくらい)の黒い蜂が沢山飛んできます。お尻にはしっかり針があるの。
刺すかしらね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月16日 (土) 15時02分

ふうかさま
モンタは外へ出ると、いつもきりっとした凛々しい顔をするんです。家のなかではフナヤ~です。
お茶の挿し木はプロでないと難しいそうです。
今から出ている良く伸びた新しい枝で挿し木苗をつくるそうですが、ナベショーは経験ありません。
近くの山に、放置された古い茶樹が見つかれば、春に新芽を摘むことも出来ますね。自分で作ったお茶は美味しいですね。
ナベショーは、家では中国風に、醗酵させて釜炒り茶を作ります

投稿: ナベショー | 2006年9月16日 (土) 18時52分

ばら色さま
駅弁の鮭寿司なんか、透けて見えそうな薄い身、、これではね~!
脂のしっかり入った5mm以上ある部厚い身、、美味しいです。
黒い細長い蜂、、たぶん大丈夫だと思います。
脅かさなければ、、、、
怖いのはスズメバチ、刺されたらショック死することも、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月16日 (土) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/11907648

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭料理(5):

« 鮭料理(4) | トップページ | 鮭料理 (6 最終回) »