« アメリカ人は何故お茶を飲まずにコーヒーを飲むのか! | トップページ | 知床の羅臼産開きホッケ »

2006年10月29日 (日)

お茶の世界史 アヘン戦争は何故起こったか?

Img_0431syukusyou ユウガギク(柚香菊)

 柚子の香りがするというが、、、

 庭に植えておくと、地下茎で増えて、どんどん固まりとなって増えていく。

 たくさんの白い花を咲かせる。

 春には新芽をヨメナと同じように摘んで、茹でて和え物にして食べると美味しいよ

 もう少しカメラを離して撮ると、こんな感じ、、、                             

 Img_0433 秋らしくて、好きな花、、庭の柿木の下に植えたら増えて白い花と赤い次郎柿の実とが調和して美しい。

 今日もお茶にまつわる歴史の話を一つ、、、、

 アヘン戦争は何故起こったか?

 イギリス国内での茶の大衆市場が拡大、消費が増大したため、中国から茶を輸入していた東インド会社の中国貿易への依存が高まる。

 その結果、イギリス政府にとって銀流出という大きな問題が発生する。

 イギリスが中国から輸入する茶の見返り品として適当なものがないため、決裁手段としての銀が大量に中国に流出したのである。

 深刻な銀不足に対し、いまさら茶の輸入を抑えるわけにもいかず、、、、

 そこで、植民地のインドでケシを大規模かつ大量に栽培、アヘンを生産し、中国に輸出したのである。

 その結果、中国人はアヘン中毒になり、精神も肉体もむしばまれ、廃人同然となり、国内は荒廃していく。

 その貿易の決裁手段は銀である。

 今度はアヘンの輸入量の増大により、中国から大量の銀が流出し始めた。

 中国(清)政府は、困り果てて国内のアヘンの取り締まりを強化し、アヘンを没収し始める。

 それに対するイギリスの報復がアヘン戦争(1839~1842年)である。

 清国は戦争に負けて、イギリス他、西洋列強のほしいままに侵略され、やがて日本も侵略に加わり、日清戦争、日中戦争、第二次世界大戦にいたるのである。

 イギリス人のお茶好きが、その後の近世の世界史をつくったのである。

 高校の世界史では、お茶と第二次世界大戦の関連性について、ちゃんと教えているのかね~

 北朝鮮の政府自らが麻薬を製造し、偽ドルを作り、、、

 一昔前のイギリスの悪事のほうがもっと酷いと思うが、、、

 紅玉林檎、、時期はずれになって一山○○円、小麦粉捏ねて、アップルパイを妻が作った。Img_0679 Img_0684        

 アップルパイに ナベショーの手作り紅茶  日本人と中国人はストレートで紅茶を飲むが、イギリス人は必ずミルクと砂糖を入れて飲む。 

 しかし、ミルクの中に紅茶を入れるのか、紅茶の中にミルクを入れるのか、砂糖は何時、、イギリス人は大真面目で延々と議論する。

 結論が出なくて、遂に英国王立協会より正式な紅茶の入れ方が発表されるに到るのである。Img_0710

モンタはカメラを向けると目をつぶる、、、

フラッシュがまぶしいらしい。

だから、なかなか目を開けた写真をとるチャンスがない。

 皆さん よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« アメリカ人は何故お茶を飲まずにコーヒーを飲むのか! | トップページ | 知床の羅臼産開きホッケ »

コメント

ナベショー様は、紅茶も作られたのですね。
同じ茶葉からとはいえ、発酵などの工程が違いますよね。何でもなさるのね。
イギリスのティータイムは、本当に厳格ですね。時間ばかりか、茶葉の量、湯の温度、ポットのサイズや茶碗に入れる時のポットの高さまで。しかも、ミルクもたっぷりで、スコーンも必需。
茶葉の量は、入れるカップの数+ポット分と、きつく教わりました。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月30日 (月) 08時04分

ばら色さま
紅茶に適した品種はインド、アッサム種、日本の代表種ヤブキタとは異なりますが、ヤブキタでも美味しい紅茶が簡単に出来ますよ。
今、メチルカテキンをたくさん含むため花粉アレルギーに効くという「紅ふうき」というお茶の品種も。もともと、日本で紅茶用に開発されたものです。

投稿: ナベショー | 2006年10月30日 (月) 09時28分

またまた・・・もてもて・・うんちく・・・いただきました~!

アヘン戦争とお茶と銀・・・・戦争って、ほとんどが宗教がらみと
思っていましたが・・・お茶がこんなにからんでいるとは~!

でも、学校でもこう言う教えかたしてくれたら・・・もっと勉強したのに・・・と思います。

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年10月30日 (月) 15時54分

ナベショーさま、
この花の名前、柚香菊というのですか、柚子の香りがするのですか~、(@-@)
知りませんでした!、庭にいつの間にか花を咲かせ、どんどん増えていたかと思ったら、いつの間にか、消えていました。
今度、見かけたら香りを楽しんでみます。(^-^)

アヘン戦争のお話、とっても、興味深く読ませていただきました。
勉強になりました!、
いつも、ありがとうございます、m(_ _)m

投稿: こつ | 2006年10月31日 (火) 08時58分

まぐろさま
学校がこんな歴史の教え方してたら、どんどん話が脱線してとても受験の範囲を教えきれない。
歴史は学校卒業してからじっくりと楽しむもの、、、、と言うことがわかったのは45歳過ぎてからか、、、

投稿: ナベショー | 2006年10月31日 (火) 13時23分

こつさま
柚子の香り、、、花を手で揉んで嗅いでみたけど、柚子の香りはしませんでした。  良い香りなんですよ、、、でも柚子ではないな~
何故 こんな名前つけたのかな?

投稿: ナベショー | 2006年10月31日 (火) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12482513

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の世界史 アヘン戦争は何故起こったか?:

« アメリカ人は何故お茶を飲まずにコーヒーを飲むのか! | トップページ | 知床の羅臼産開きホッケ »