« 蜜蜂の越冬準備 | トップページ | 明日から再び汽車の旅 »

2006年10月10日 (火)

コルキカム(イヌサフラン)

Img_0158_2  コルキカム(イヌサフラン 百合科)   

 ニョキ、ニョキと伸びて、ピンクの花が咲いた。

 彼岸花のように花が咲いた後に、葉が出てくるので、彼岸花の種類かと思えば、百合科の花

 イヌサフランという別名のごとく、サフランやクロッカスの花に似ている。

 ずいぶん昔から庭に球根を植えっぱなし、、

 でも毎年、この季節になると思い出したように突然、地面から顔を出して花が咲く

 今、花だけが咲き、花が終わった後の晩秋から冬にかけて他の草が枯れてしまったところに、地面から葉が出てくる

 寒風の中で、葉が冬の弱い日光を独り占めして成長して、地下の球根の中に栄養分を蓄える。

 春になり他の植物が生長し、生い茂って強い夏の太陽を遮って、涼しい日陰の中で球根は夏眠する。

 これらの植物の知恵である。

 畑に種を蒔いた大根や小蕪、水菜など、いっせいに芽を出し、白菜やキャベツの苗も、見違えるほど大きくなってきた。Img_0140_1                      

 ピーマンの木が一本、、なおも大きく立派な実を毎日生り続ける。

 大根や小蕪、チンゲン菜、などの小さな苗がびっしりと生えて大きくなる。

 これらを成長に合わせて間引いていく

 かいわれ大根のような小さいのは、そのままドレッシングをかけてサラダで食べたり、味噌汁の浮かしにする。

 もう少し大きくなると茹でて胡麻和えや炒め物、、、毎日の食卓を楽しませてくれる。Img_0172 Img_0168  

 ロシア産のタバラ蟹の爪と胴の部分のみの冷凍が安かった。

 500円で一袋買って、写真のはその半分 茹でて包丁で切れ目を入れ、中の身を取り出し三倍酢で食べる

 最初は箸でほじってたが、そのうち手で身をほじくりだす

 確かに、面倒だから安いのであろう。

 このまま味噌汁にしても美味しい。

 このほぐした身で蟹餃子、蟹サラダ、蟹玉スープで楽しめる

 蟹のちらし寿司にもなるぞ!Img_0059_1

 鉄道の日記念キップの未使用がまだ残っているので、

 今週末にかけて、一人でどこかへ旅しようかな、、、、

 気候が良いので、モンタも外へ出ると気持ちよさそうである。

 モンタからも 特に皆さま ポチン クリックよろしくお願い申し上げます。

 おかげさまで、再び順位が上昇してまいりました。 → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 蜜蜂の越冬準備 | トップページ | 明日から再び汽車の旅 »

コメント

蟹の節肉・爪肉・・・本当は一番美味しい部所なんですものね。それが一袋¥500で、半分量がこんなに?。
蟹は面倒な思いをしながら、黙々と食べるもの、だからより美味しい。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月11日 (水) 07時37分

ばら色さま
蟹すきの鍋を囲むと一目瞭然!
最初の10分間で、蟹の足の殻を山と積み上げる人、なおも1~2個目の爪と格闘してる人、、、
割り勘負けしないためにも、蟹を上手にすばやく、美しく食べる訓練は必要ですね。

投稿: ナベショー | 2006年10月11日 (水) 12時56分

ブログのランク、20位を切り、16~17位ですね。
他人事とは思えず、嬉しいことです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月11日 (水) 21時17分

ばら色さま
皆様のご支援のおかげで17位、今までの最高です

投稿: ナベショー | 2006年10月11日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12229074

この記事へのトラックバック一覧です: コルキカム(イヌサフラン):

« 蜜蜂の越冬準備 | トップページ | 明日から再び汽車の旅 »