« 松茸のすき焼き | トップページ | スズメバチからの防御 »

2006年10月20日 (金)

カメラの修理が終わった

Img_0292syukusyou 蕎麦の花

 最近はちょっとした畑、田畑に蕎麦の花を見かける。

 趣味で蕎麦粉を打って、蕎麦をやる人もいる。

 蕎麦を食べに行き、仲間の一人が蕎麦に入れ込んでいる人だと、延々と旨い蕎麦に関するウンチクに耳を傾けねばならない。

 蕎麦の花は白いが、このような赤いのが混じっているのもある。

 休耕田で栽培されている場合、畑一面が真っ白、あるいはピンク色である。

 今日はやっと故障したカメラの修理が完了して戻ってきた。Img_0535

 簡単な修理だったので3000円くらいで済んだ。

 バッテリーの入る蓋ユニットの故障のため、電源が入らなかったようである。

 コンパクトデジカメをこの2週間使ってみたが、慣れないためか、やはり使いにくく、良い写真はなかなか撮れなかった。

 一眼レフのイオスキッスデジタルのほうが、安定して十分構図を考慮しながら、シャッターを押せる。

 コンパクトカメラにもマクロ機能はついてるが、花を撮るには、やはり一眼レフのマクロレンズを使わないと無理である。

 今日は松茸の最後の一本を天婦羅とお吸い物にした。Img_0525 Img_0528

 天婦羅は松茸のほかに蓮根、薩摩芋、カボチャ、人参、、、、

 しっかりした歯応えがあり、香りもしっかりして美味しかった。

 お吸い物は羅臼昆布のお出汁に甘鯛と松茸、、、

 お酒と薄口醤油を少し入れるだけで、良いお味になる。

 甘鯛からの上品な甘さと松茸の香りが羅臼昆布の旨さと調和して、実に美味しいお吸い物となる。

 甘鯛は福一流通センターで小ぶりのが一匹300円で売っていた。

 松茸が入らなくとも、甘鯛のお吸い物は美味しい。

 これで、松茸の贅沢料理は全部終わり!

 松茸ご飯、焼松茸、すき焼き、天婦羅、甘鯛とのお吸い物、、堪能した。 Img_0523

 すやすやと眠るモンタ

 ほんとにぐっすり眠ってる、、、、

 皆さん よろしければ、クリックお願いします。 ポチン→ 人気blogランキングブログランキング

|

« 松茸のすき焼き | トップページ | スズメバチからの防御 »

コメント

いろいろな松茸料理、堪能された様子が伺えます。
岩手産の松茸でも、味わえたことを幸せに思いながら、今夜は椎茸を焼きました。
先日、沼津の“興津鯛(甘鯛)干物”を食べましたが、美味しかった。
静岡の沖は、美味しい魚が集まりますね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月20日 (金) 21時27分

おはようございます。
半月の修理期間長く感じられたことと思います。
パソコン、デジカメ、便利な各種電気機器。しかし、電源が正常に供給できないと安定動作しません。エネルギーの源です。
自分でパソコンを組み立てるようになって電源の品質と安定供給の重要さをあらためて肌で感じています。

投稿: ぞう | 2006年10月21日 (土) 04時43分

ばら色さま
いつも行く福一流通センターは焼津や御前崎の揚がりたての地の魚の他に、北海道、日本海、東北、全国の魚が集まります。
JR静岡駅のデパート、パルシェの食品売り場は福一に劣らず、いやそれ以上の多くの種類の新しい魚が安く並んでいますよ。
ナベショーは新しくて安いのしか買わないけれど、、、

投稿: ナベショー | 2006年10月21日 (土) 09時29分

ぞうさま
簡単な故障でほっとしています。
数万円の修理代請求されたらどうするか、、悩んでました。
電気が流れないと、、、電子機器はどうしょうもない。
しかし、ぞうさまはパソコンなど機械のハードにも強く、中国語など語学もお得意、、尊敬します。
アナログ人間ナベショーの不得手分野ばかり、、、、です。

投稿: ナベショー | 2006年10月21日 (土) 09時35分

 ナベショーの「松茸」談議!よくも皆さまお付き合いしてくださって有難うございます。
 丹波松茸も最近は香りがなくこんなんだったら「エリンギと松茸のお吸い物のもと」でご飯を炊いたって充分松茸ご飯です。
 ぜひお試しください。
でもナベショーに届けたのは最高の丹波松茸です。お値段??
いくら激安価格でも「ハワイツワー」にはかなりの?おつりがきます。
 霧深くススキがそよぐ丹波の里は美味しいものが一杯です。
そうそうもう少しすると「松葉蟹」「アンコウ」「牡丹海老」
京都ブランドの野菜「水菜」「蕪」「聖護院大根」も美味しいですよ。
これからもナベショーの「シニアライフの美味しん坊」をご期待ください。そして付き合ってやってください。
「ナベショーの女版!」サクラからでした!!
 
 

投稿: SAKURAちゃん | 2006年10月21日 (土) 21時24分

さくささま
50年ぶりの丹波の松茸、堪能させていただき、ありがとうございました。
しっかりと、松茸の香り、美味しさはこの舌が覚えておりましたよ!
これだけたくさんの種類の松茸料理、しかも最高の羅臼昆布で料理してもらって、松茸さんもさぞ幸せだったでしょうね。

投稿: ナベショー | 2006年10月21日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12355334

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの修理が終わった:

« 松茸のすき焼き | トップページ | スズメバチからの防御 »