« 舞鶴から敦賀、長浜を経て、、 | トップページ | 羅臼昆布で野菜の煮物 »

2006年10月16日 (月)

ツワブキの花

Img_0438 ツワブキ

 秋も深まり、花らしい花が咲かなくなった頃にこのツワブキの黄色い花が登場するn

 主に海辺に分布するが、蕗に似た大きな葉っぱは、光沢のある緑色をしている。

 ツヤブキが訛ってツワブキになったらしい。

 春に出てくる柔らかい太い茎は、さっと茹でて皮を剥いて煮物にしたり、佃煮のキャラブキにする。

 香りも風味も蕗と全く同じである。

 小さく柔らかい葉は茎と一緒に衣を着けて天婦羅にすると美味しい。

 普通の蕗が早春にフキノトウが出てきて、それから花が咲くのに比べ、ツワブキの花は秋である。

 花が咲き終わるとタンポポのような白い落下傘をつけた種が出来て、風で周囲に飛び、そこから芽が出てどんどん増える。

  広島の瀬戸内海の海辺で一株持って帰って,庭に植えたのが、増えて増えて、、、ギボウシと並んでツワブキは庭のアンダーグランドとして、緑と花を楽しませてくてれる。

 晩秋に、紅葉した葉も散った頃、木々の足元は黄色の花で埋まる。

 やがて冬が来て、花の後に出来た白い綿帽子が風に乗って飛んでいく、、、 

 秋晴れの青い空に蜜蜂は越冬のための花蜜を求めて、忙しそうに飛びかっている

 気温が下がるまでに十分な蜜の蓄えが出来ないと、蜜蜂は冬の寒さの中で飢え死にしてしまう。

 蓄えの蜂蜜が少なくなると、弱い蜂から先に死んで、強い元気な蜂が餌を独占して最後まで生き残るのではない。

 群れ全部の蜂が、少ない餌の蜜を最後の一滴に到るまで公平に分かち合う、、、、

 だから、蜂の群れ全部が同時に弱って一緒に死んでしまう、、、

 今日、蜂の箱を開けてみた。

 未だ女王蜂は盛んに産卵を続けている。

 卵と幼虫、サナギでいっぱいだった

 でも蜜の貯蔵は必ずしも十分ではないので、砂糖1Kgを溶かして与えた。

 でっかい恐ろしいスズメバチも4匹、捕獲器に入っていた。

 毎日、監視を怠ること無かれ!

 芽を出したImg_0448 畑の大根は次第に大きく成長してきた。Img_0446 白菜の苗も大きくなってきた。 

これから、成長にしたがって間引いて、追肥を与え、青虫を退治してやらねばならない。

 今日の料理Img_0429 Img_0461  牡蠣と野菜の中華風炒め 牡蠣を醤油と味醂に浸し、片栗粉をまぶして中華鍋で軽く焼き、ピーマン、ホーレンソウなどの野菜を炒めて中華風に味を整えて皿に盛り、牡蠣を焼いたのを上に乗せる。

 他の一皿はカマスのムニエルである

 Img_0467 モンタと一緒にお風呂に入って、シャンプーで綺麗に洗ってやった

 一生懸命に舌で舐めて、体中の毛を整えている

 皆さん よろしければ、クリックお願いします。 ポチン→ 人気blogランキングブログランキング

|

« 舞鶴から敦賀、長浜を経て、、 | トップページ | 羅臼昆布で野菜の煮物 »

コメント

ナベショーさん、ご無沙汰しております。

天然羅臼昆布のほうは、お料理のお役に立っているでしょうか。
ナベショーさんのブログはいつも美味しそうなお料理が並んでいて、羅臼昆布も少しでもお役にたっていてくれれば嬉しいです。

お話は変わりますが、先日昆布の値決め交渉が終わりましたので、HPに価格表をのせておきました。
ナベショーさんにお知らせしなければいけないのは天然走り1等級のお値段ですが、前年度取引された値段の据え置きと決まりました。
そのためHPでのお値段も下げました。

お互い商用ブログではないので、詳しいことは近いうちにメールでご連絡しますね。
少し多く頂いたようです。
余談ですが1等級以外は殆んどが値上がりし今回は満足いく値決めとなりました。(1等級はもともと値が張り業者も据え置きが限度なんです)

手作りのHPも6割り程度出来上がり途中ですがアップしてみました。
これからも「知床からよろしく!」と「ナベショーのシニアーライフ」からのご紹介とHPでお申し付けくだされば、残り僅かとなりましたがHP価格よりお安くしていこうと思います。

ナベショーさんがブログでご紹介してくれたのを見たときはビックリしました。
感激です、ご紹介ほんとうにありがとうございました。
私のほうもブログ出来る限り更新していきますのでこれからもどうぞ宜しくお願いします。

追伸:スズメバチに気を付けてくだされ、ナベショーさんはプロなので心配ないですね。

投稿: たけし | 2006年10月17日 (火) 09時45分

今朝、散歩の途中、お茶の花が咲いてるのを近所の垣根あたりで見つけました
今でしたっけ?・・・と、おもって我が家の一本だけのお茶の木見ましたが丸坊主に近い枝に硬そうな葉ッぱがへばりつくのみです・・・
でもお茶の木の花はかわいいですね
そうそう、昨夜は主人が食後のうたた寝の後、むすめの帰宅を待つ間、一緒に、深夜にかけて、栗の鬼皮むきを手伝ってくれました
今朝お砂糖を入れて、煮ました
とてもおいしく出来ましたよ
またアップしますねo(^-^)o

投稿: ふうか | 2006年10月17日 (火) 11時00分

畑の成長段階の野菜って、可愛くて柔らかそうで・・・畑に縁の無い私は、野菜の子供たちを見る機会も少なく、写真に心熱く見入っています。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月17日 (火) 13時58分

たけしさま
羅臼昆布、活躍してますよ
毎朝のお味噌汁、おすまし汁、野菜の煮物、おでん、お寿司ご飯、昆布佃煮、、、、今までこんなに美味しく、柔らかく、濃厚なお出汁が出るとは思いませんでした。
たけしさまのブログを見てなかったら、料亭の料理人さん以外の、我々一般の消費者には、こんな立派な昆布の存在すらわからなかったでしょう。
ましてや、毎日の家庭料理で味わえるなんて!!!!
そうそう、ナベショーの妹が、羅臼昆布が欲しくてたけし様にメールでお願いするって言ってましたよ。
売り切れる前に、少し残しておいてください。
ところで、たけし様のHP どんなタイトルですか?
URL 教えていただければ幸いです。
スズメバチは怖いです、3~4センチはある、偵察に来た最初の一匹を殺さなかったら、数十匹、数百匹で押し寄せてくるそうです、、、、クワバラクワバラ

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 18時19分

ふうかさま
お茶の花 可愛くて綺麗ですね
ちょっと椿や山茶花ににてますね。
そう、今の時期なんです。
でもね、お茶農家にとって、茶畑の茶樹が花をつけることは、良くない状況なんですよ。
茶樹が弱ったり、十分な世話が出来てないと、お茶の木は生存本能が働いて蕾をたくさんつけて花を咲かせるんです。
栗の渋皮煮ですね。
美味しい暖かいお茶を飲みながら、一ついただく、、幸せな気持ちになります。

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 18時29分

ばら色さま
野菜は種を蒔いて、芽が出て、混んで来るに従い、どんどん間引いて
20~30センチ間隔にして、追肥して土寄せして、草をとり、、
ほんとに楽しいですよ
間引きを、鰹節をかけたり、いためたり、茹でておひたしの胡麻和えにしたり、、、これが美味しいのです。
ばら色さまも、近くに貸し農園があればいいですね。

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 18時35分

かますのムニエル・・・・・・・・・・?
初めてです! 料理の引き出しが多いですね~!

今が旬のカマスですから、美味しいでしょうね~!

「かますの焼き食い、米一升」と言われるくらいですから・・・!

(ムニエルですが)ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年10月17日 (火) 18時35分

ナベショーさま、
ミツバチって、分け合うのですか・・・
何か、涙が出そうになってしまいました・・・、(:-:)

投稿: こつ | 2006年10月17日 (火) 19時03分

まぐろ君さま
カマスは美味しい魚ですね。
妻が安かったとたくさん買ってきたので、全部背開きにして、薄く塩して干物にしょうとしたんですが、数枚をムニエルにしたらなかなか美味しかったです。
今朝は干物を焼いて食べました。
上品な美味しさですね。
毎度 ポチッ ありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 20時08分

こつさま
蜜蜂、、、そうなんです 
数万匹の蜜蜂が、最後の一滴まで蜜を分けあうのです、、、、
また、きれい好きで巣箱の中を汚さないように、寿命が来ると巣箱から遠く離れた外へ行って死ぬのです。
いろいろ教えられます、、

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 20時14分

たけしさま
たけし様の通販のHP、見つけました。
ブログの中にありました。

投稿: ナベショー | 2006年10月17日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12309095

この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキの花:

« 舞鶴から敦賀、長浜を経て、、 | トップページ | 羅臼昆布で野菜の煮物 »