« 細川藤孝の城、田辺城 | トップページ | ツワブキの花 »

2006年10月14日 (土)

舞鶴から敦賀、長浜を経て、、

Img_0377_1 東舞鶴の赤レンガの倉庫群

 10月14日(土)、西舞鶴から東舞鶴に移動し、9時38分の汽車まで、時間があったので、駅から海へ向かっての大通りを歩き、海岸に出た。

 昨日、妹夫婦に車で案内してもらったところを歩いてみた。

 舞鶴にはこのような赤レンガの倉庫が、今なお残っている。

 その一つは赤レンガ博物館として、世界中の古代からの史跡のレンガを集めて展示している。

 すぐ近くの海を見渡せる小高い丘に登ったImg_0373_1。 Img_0384_1                         

 舞鶴は旧海軍の軍港あり、今は海上自衛隊の基地として、多くの自衛艦やイージス艦も配備されている。

 また海上保安庁の巡視艇も配置されている Img_0369_1               

 北朝鮮の核問題による国連の制裁決議により、日本海は当分の間、緊張状態が続く。

 ナベショーは奨学年の時、肺結核にかかって、東舞鶴の国立病院へ母に連れられて診察に行った。

 冬の冷たいみぞれの降る寒い日に駅から真っ直ぐ一直線の広い大通りを母と歩いた。

 そうそう、何とかいうアーケード街があって母が魚を買ったっけ、、

 ヤシマという名前がフッと記憶の中に浮かんだ。Img_0392 おお!アーケードを見上げると Img_0390_1                   

 何! 八島という名前ではないか! 50年以上前のたった一回おとづれたところの名前

 いままで一度だって、思い出しことはなかったであろう、、

 それが、今 ふっと50年ぶりに記憶の中に蘇るとは、、、、

 人間の記憶って不思議なものであるImg_0394    一直線の通りを駅にもどり小浜線9:38の敦賀行き列車に乗った。

 小浜線は、若狭湾にそって舞鶴から福井県の小浜、三方、美浜、を経て敦賀へいたる、

 これらの若狭湾の入り江や半島には、関西電力の原子力発電所がたくさんあり、京阪神へ電力を送る高圧送電線の鉄塔が並ぶ

 この丹後半島から若狭湾にいたる海岸沿いの町々には、朝鮮の言葉と思われるような名前の地名やお寺の名前がたくさんある。

おそらく、中国や朝鮮半島から舟で渡ってきた渡来人達は、海が静かならば、九州博多へ、少し流されると出雲へ,さらに流されると丹後半島から若狭湾に上陸したと想像される。Img_0399 Img_0403

 もっと流されれば,能登半島である。

 若狭湾に上陸したならば、山越えれば琵琶湖、直ぐに京都、奈良、大阪、大和である。

 大和政権、邪馬台国論争が盛んだけれど、多くの渡来人は博多、瀬戸内海ルート以外の若狭湾、琵琶湖ルートで来た可能性も大きいのではと思う。

 敦賀の駅で途中下車、駅前の大手スーパーの食品売り場へ飛び込んだ、

 沖キスとエテカレイの干物を買うためである。

 ところが何と! 売っていないのである。

 何処ででも買えるようなものしか並んでいない。

 こりゃ、どういうこっちゃ!!!

 別の海産物屋でやっと沖キスの干物を見つけて買った。

  これらの干物は舞鶴以西の鳥取、島根しか一般には流通してないのであろうか?

 敦賀12:07発長浜行きに乗り、13:51に長浜に着いた。

 土曜日であることと、NHKのTV大河ドラマ、功名が辻の山之内一豊展を開催してるためなのか、

 駅の構内も街も多くの観光客で大混雑であったImg_0410_1 Img_0419_1

 長浜城と黒壁ガラス館、曳山博物館など見学したが、長浜の町は一豊、千代物語一色、人、人、人、、、、いささかうんざりした気分 Img_0416_1 Img_0415_1

そうそう駅に引き上げて米原行きの汽車に乗った。

 米原駅15:09発大垣行き、大垣から新快速で浜松へ、西焼津には18:43に着いた。

 大魔神と信楽焼きの狸をお土産に、、と言うのは冗談 

 これで今回の3日間の汽車の旅は終わり 

皆さん ポチン よろしければ、クリックお願いします。 → 人気blogランキングブログランキング 

|

« 細川藤孝の城、田辺城 | トップページ | ツワブキの花 »

コメント

まぁ、何とか“沖キス”の干物だけでも買えて良かったですね。
チャンスって、一度見送ると、なかなか同じようには訪れないのかしら。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月15日 (日) 16時58分

寒い冬だったら一日前でも舞鶴で買ったと思うけれど、、、日本海の敦賀に無いとは予想外でした、、、
こんなに美味しい魚が、、、
大手スーパーは、本社のバイヤーが一括でまとめて大量の購買仕入れをやるから、産地産消で地元の美味しい食材を店頭に置くことをしないのでしょうね。
藤枝の近くのスーパーのマックスバリューがそれが原因で、地元のスーパーとの競争に負けて撤退しました。

投稿: ナベショー | 2006年10月15日 (日) 22時42分

敦賀駅前の大手スーパ。彦根に本拠があるので物流ルートが違うのでしょう。
現在は、長浜が熱いですが、来週からは敦賀も熱くなりそうです。新快速が敦賀まで延長されますから。

投稿: ぞう | 2006年10月16日 (月) 05時18分

ぞうさま
新快速、敦賀まで延長になるとずいぶん便利になりますね。
ところで、米原と大垣、岐阜の間、何故 新快速ではなく各停なのでしょうか?

投稿: ナベショー | 2006年10月16日 (月) 07時18分

ナベショーさんのブログは、歴史も勉強になりますね~!

細川藤孝・・・、昔、ゲームの中に出てきました~!
すいませんレベル低くて・・・!

しかし、魚のこともよくご存知で・・・!沖キスって、
ニギスの事ですよね~!マグロ君も北陸に行くと食べますよ~!
最近は関東の魚売場でも見かけるようになりました・・・!
干物ですが・・!ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年10月16日 (月) 09時56分

まぐろ君さま
学校の時の歴史は暗記ばかりで嫌いだったけど、40歳くらいを過ぎてから好きになりました。
表日本ではニギス、山陰、日本海側では単にキス、あるいは沖キスっていうのですね。
でも、高級魚ではなく、庶民の親しみやすい魚、生も干物も美味しい魚ですね。

投稿: ナベショー | 2006年10月16日 (月) 13時48分

ナベショーさん、おはようございます。
ご質問への個人的意見です。
以前は、大垣ー豊橋間快速運転でしたが、各駅停車を岐阜折り返しにした時に快速運転区間が岐阜ー豊橋になりました。
岐阜ー豊橋は名鉄電車が一部区間を除き並行して走っているので、名鉄の利用者を取り込もうという作戦です。
大垣ー米原は、駅間も長く本数も少ないので快速運転は無理でしょう。米原ー名古屋の距離は、豊橋ー名古屋とあまり変わらないのですが新幹線を使って欲しいというのが本音だと思います。

投稿: ぞう | 2006年10月18日 (水) 03時59分

ぞうさま
新幹線や名鉄との競合など、いろいろな事情があるんですね
なるほど!

投稿: ナベショー | 2006年10月18日 (水) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12293215

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴から敦賀、長浜を経て、、:

« 細川藤孝の城、田辺城 | トップページ | ツワブキの花 »