« 携帯電話、やっぱり水には、、 | トップページ | 自然薯を収穫 »

2006年11月15日 (水)

冨士山周辺で一番高い毛無山

Img_0904syukusyou 毛無山頂からの冨士山

 毛無山は冨士山の西側、朝霧高原を挟んだ反対側の麓から、垂直にそびえる1946mの山、、、、

 マア、あまり大きい声で毛無山、ケナシサンってしゃべると、気分を悪くする人もいるだろうな

 朝、7時半出発、、通勤帯時間にぶつかり、東名焼津インターに入るのに苦労する

 冨士インターで降りて、朝霧高原の麓、登山口についたのは9時半頃、、

 既に、麓は標高850mくらい、、標高差約1100mの直登に近い、Img_0809syukusyou

 急勾配の大きな石の道を石や木の枝につかまりながら、ヨイショ、、と掛け声かけながら身体を持ち上げるように登る

 はじめて登ったときは足の腿が途中で痙攣を起こした。

 紅葉は800~1000m付近の渓谷まで降りてきており、誠に美しい、、 天気は良かったが、だんだん雲が多くなり、気温も下がってきた

 山の中腹付近は、ほとんど木の葉が落ちているので、木の枝の間から、富士山の美しい姿を見ることが出来る。Img_0819syukusyou_2 Img_0911syukusyou_1  Img_0823syukusyou Img_0835syukusyou                                                  

 途中、山腹を落ちる美しい滝、大きな石だらけのロープの登山道Img_0828syukkusyou_1 Img_0824syukusyou_1                                                      

 なかなかたいへんな山である

 ただ、足を前に出し、身体の体重を前に移動、、

 足を石の上に乗せて、手で上の石を持ち、身体を上へヨイショと持ち上げる、、

 そうしながら、少しづつ高度をかせいで登る

 1200m付近からは、紅葉も終わってしまい、木々の枝の間から富士山をながめながらひたすら登る、登る、、、

 12時過ぎにやっと1900m付近の尾根道にたどり着く

 ここには、南アルプスがよく見える大きな岩の展望台がある。Img_0851syukusyou Img_0858syukusyou                

 左の写真の尖がった山は北岳か、右の写真の山は赤石岳かな?

 遂に1946mの山頂に着く、、気温は約10度、ガスが出てきて、富士山は全く見えない。Img_0869syukusyou

 魔法瓶の湯を注いでカップ麺、朝のご飯でのおにぎり、、そうこうしてるうちに、ガス、雲が晴れてきて眼前に富士山が見えてきた。 Img_0887syukusyou                           

 ブログの最初にアップしたのが、雲が晴れてやっと見えてきた富士山の全景色

 これは、頂上付近のアップ写真

 雲は一見じっとしてるが、実は非常に激しく動く、

 数分、数十秒でどんどん移動し、先ほどまで見えなかったのに、突然見えるようになり、またその逆もある

 汗に濡れているため、着こんでも、寒くなる。

 13時半ごろ頂上を後にして、麓に15時半ごろ下山した。

 登山口近くには、麓金山精錬所の跡があるImg_0811syukusyou Img_0812syukusyou                                  

 麓に下りると、天気がすっかり回復し、ガスや雲は全くない、、

 麓には東京農大冨士農場がある、 そこから、夕日に照らされた冨士山の写真を撮った。Img_0915syukusyou

Img_0922syukusyou Img_0927syukusyou Img_0929syukusyou

 300mmの望遠ズームでアップして撮ると、頂上付近の山小屋まで確認できる

 こうして見ると、富士山の山肌も侵食が進んでいるのだな~

クリックして拡大して御覧ください。

 麓の「朝霧グリーンパーク」で温泉に入り、さらに「まかいの牧場」でソーセージ、ベーコンブロック、チーズ、パン、ケーキ、ワイン等を買い、農場レストランで夕食を食べて帰途についた。

 19時過ぎに着いたがモンタがお待ち兼ね、、、玄関のドアを開けても外へ出て行かない、、

 抱っこしてヨシヨシ、ナゼナゼしてやると、暗い外へ出て行った。

 皆さん よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 携帯電話、やっぱり水には、、 | トップページ | 自然薯を収穫 »

コメント

おはようございます。
山の冷気が伝わってくるようです。
すがすがしく身がひきしまる感じです。

投稿: ロッシー | 2006年11月16日 (木) 09時28分

登山に・・美食に・・・農作、蜂蜜つくりと・・・
多趣味で、自然と季節に・・敏感にすごされてますね~!

うらやましい!   

マグロ君も・・・いつかそうなれるよう・・・がんばります~!
ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年11月16日 (木) 11時35分

ナベショーさんすっかり腰はよくなった様子。登山もへっちゃらなんて
まだまだ体力ありますね。
最近はあちこちで定年退職後の農業体験なんか募集したりしているので、ナベショーさんに続く人はどんどん出てくるんでしょうね。
そうゆう私も退職したら、ナベショーさんの家で住み込み農業体験
申し込もうかしら?そのときはよろしくね。最近のモンちゃんきりりとして男前やね。
今日の写真がないのが寂しい。

投稿: 白猫 | 2006年11月16日 (木) 13時02分

ロッシーさま
やはり山頂は寒いです、、、
ゾクゾクと身体が冷えてくるので、長居は出来ません。
毎年、お正月の頃、登るのですよ、
頂上の尾根道は雪が積もり、眼前には下から上まで真っ白な冨士、木々の枝は樹氷でキラキラと、、、

投稿: ナベショー | 2006年11月16日 (木) 13時36分

マグロ君さま
後、約30年くらいの辛抱ですよ。
今から少しづつ趣味の引き出しをたくさん作って暖めてください。
食べることと料理を基本キーワードにして、どんどん枝を育てる、、、

投稿: ナベショー | 2006年11月16日 (木) 13時40分

白猫さま
田舎で畑付きの空き家を借りれば、最小の初期投資(鍬、鎌、ツルハシ、)で簡単に農業を始められますよ。
最大の課題は体力、、、、、
ナベショー家で合宿、体験実習で鍛えますから、、
まずはお腹の周りの脂肪が筋肉にかわらないとね~
それから、ミミズと青虫、、は大丈夫?

投稿: ナベショー | 2006年11月16日 (木) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12701832

この記事へのトラックバック一覧です: 冨士山周辺で一番高い毛無山:

« 携帯電話、やっぱり水には、、 | トップページ | 自然薯を収穫 »