« 富山県、新湊へ魚と蟹を食べに行く | トップページ | 手抜きのブログ »

2006年11月24日 (金)

美しい虹

Img_1312 日本海にかかる虹

 新湊を出ての帰途、富山、魚津を経て親不知海岸を走る北陸自動車道

 右の山側は立山連峰と鋭い頂の剱岳、、、左側は荒れた冬の日本海

 その暗い海の水平線から、巨大な七色の虹

何と美しい光景であろうか!

あの、映画「オズの魔法使い」の主題歌「虹のかなたに」の歌、メロデイーが浮かんでくる。

 アメリカへ移住した多くの人々、苦しく貧しい生活のなかで、あの虹のかなたの向こうに夢と希望を抱きながら、、、アメリカンドリームImg_1324syukusyou Img_1326syukusyou   こんな素晴らしい虹が見れるなんて、良い旅だな~                                           

Img_1307syukusyou Img_1306syukusyou

 親不知海岸を走り、糸魚川で北陸自動車道を出て、松本に通じる国道148号線を下る。Img_1335syukusyou Img_1345syukusyou

 これは、太平洋岸の御前崎から松本、糸魚川への亀裂、ホッサマグマ、塩の道と言われている。

 この塩の道、御前崎から糸魚川までを歩いて横断したいと思っている。

 糸魚川と松本の間は、JR大糸線が走っており、今年の1月、あの豪雪の時、青春18キップで静岡から糸魚川、さらに福井の東尋坊へ旅をした。

 途中、南小谷駅で除雪のため汽車が止まり、代行バスで糸魚川に向かったが、3~4mの積雪を初めて見た。Img_1348syukusyou Img_1354syukusyou                                                       

 国道は姫川に沿って、随所で険しい崖、延々と続く洞門の中を走る

 道の両側は美しい紅葉、山の中腹から上は、降ったところの雪で白い。Img_1356syukusyou Img_1361syukusyou Img_1364syukusyou

 小谷(おたり)村の道の駅で買い物、地元の味噌や林檎やいろいろ買った。

 冬に来た時は、夜で真っ暗、雪に中をバスで走った、、

 景色は全く見えず、、、、

 こんなにいいところ、、、絶対に歩こう

 青木湖の側を走り、白馬スキー場の側の道の駅でお昼の蕎麦を食べる。

 長男、次男が学生、高校生の時、汽車に一日乗って白馬スキー場へ行ったこと、長男家族が車でスキーに行ったこと、、、懐かしいところだそうである。

Img_1370syukusyou_1 Img_1371syukusyou

Img_1378syukusyou

 大町から安曇野、松本に近くなると、空の雲が切れて、前方に八ヶ岳連邦が見えてきた。

 写真のように雲の切れ目が一直線に走る

 後ろは暗くて厚い雲、前方はよく晴れた空、諏訪訪湖から見た八ヶ岳も美しい                          

 毎日、このような美しい景色を見て生活できる諏訪の人々は幸せだな!                                                                      

Img_1388syukusyou_3 Img_1385syukusyou_3 

 南アルプスを眺めながら、甲府南ICで高速道路を出て、富士の宮に向かった。

 途中、山梨側からの富士山は夕日に輝いて美しかったImg_1416

 富士宮ICで東名高速に入り、静岡日本平サービスエリヤで夕食

 もう外は真っ暗、夕方5時ともなると、日が落ちて暗い

 昨夜の新湊の民宿のご馳走、最後に食べきれずにプラ容器にパックした美味しい五目炊き込みご飯、

 豚汁といろいろなおかずを一品ずつたくさん取って食べた。Img_1292syukuysou

 長距離トラックの運転手さん達が食事するため、決まった定食より、このような一品おかずが歓迎されるのである。

 かくして、一泊二日の日本の秋を満喫するドライブの旅は終わった

 息子がほとんど運転してくれて楽だった。

 名所、旧跡の観光地ではなかったが、新湊の民宿のたくさんの  美味しい料理、美しい紅葉と雪をかぶった山々、日本海にかかる虹、なんと贅沢な満たされた旅であったことだろう!!皆さん よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

|

« 富山県、新湊へ魚と蟹を食べに行く | トップページ | 手抜きのブログ »

コメント

久々のDavidYooです。
虹、すごいですね!
前記事のカニも、ものすごい!!

ところで、
小谷は、
「おたり」と読みます。
自分も、白馬に家族と行ったことがあるので、偶然知ってました。
ご参考まで。

投稿: DavidYoo | 2006年11月25日 (土) 22時47分

DavidYooさま
そうそう 小谷はコタニではなく、コタリでもなく、オタリでした。
さっそく訂正しました。 ありがとうございます。
今回の旅は、すごい、すごい、美味しい、綺麗、の感激の連続でした!

投稿: ナベショー | 2006年11月25日 (土) 22時57分

季節がちょっとだけ先を歩んでいますね。
白馬や小谷村あたりはスキーで行きました。
諏訪の友人宅に泊めていただいたときにトイレにも暖房があったことにすごく驚いたのを覚えています。
諏訪大社の荘厳さもいいですよ~
 
富士山が見えるところで育ったのに、今は見られないので、こういう富士山を見るとうれしくなります

投稿: とまと | 2006年11月26日 (日) 12時51分

とまとさま
みなさん スキーでこの辺はよく来られたのですね!
まだ雪の無いゲレンデがたくさん見えました。
諏訪は中央自動車道の諏訪サービスエリアから見る諏訪湖しか知らないので、ゆっくり見学する機会を持ちたいです。

投稿: ナベショー | 2006年11月26日 (日) 14時41分

『虹の彼方に』は好きな曲(歌)ですが、《オズの魔法使い》の主題歌ですね。
アメリカン・ドリーム、希望を詠うのですが、《オズの魔法使い》の冒頭は大きな竜巻に襲われた女の子の町から・・・。
数年前に千葉の竜巻で、知人が被害に逢いました。悲惨でした。『虹の彼方に』彼らの老後は消えました。
いま、夫婦で頑張ってアパート生活ですが、ご主人は以来、心臓が・・・。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年11月26日 (日) 21時11分

息子さんの運転、大名旅行でしたね。

富山県は、若い頃の縄張り興味深く読ませてもらいました。
もう少しすると、氷見の寒鰤、越中宮崎のたら汁と思い出してもよだれが出ます。

投稿: オラケタル | 2006年11月26日 (日) 21時46分

ばら色さま
虹の彼方に、、、たとえ現実は苦難の連続であろうとも、虹の彼方の幸せを願って、希望をいだいて生きていきたい
千葉のお友達、、お気の毒でしたね。

投稿: ナベショー | 2006年11月26日 (日) 22時25分

オラケタルさま
12月になり、青春18キップが発売されたら、車ではなく汽車で富山へ寒ぶりとたら汁食べにいこうかな。
富士から甲府、松本、糸魚川、氷見、、、

投稿: ナベショー | 2006年11月26日 (日) 22時29分

ナベショーさま、
地理オンチなのですが、大王わさび園には、行かれましたか?
川のほとりに佇む水車小屋は、
まさに絵のようで、すっかり心を奪われて動けなくなり、見とれておりましたら、
近くにいた方が、これは、黒澤監督が映画の為に
建てたのだと、教えてくれました。

投稿: こつ | 2006年11月26日 (日) 22時47分

こつさま
大王わさび園 ネットで検索してみました。
長野県安曇野市、、、、すぐ近くを車で走ってきた、、残念です。
すっごく夢のように美しいところ、絵のようですね
是非行ってみたいと思います。

投稿: ナベショー | 2006年11月26日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12818305

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい虹:

« 富山県、新湊へ魚と蟹を食べに行く | トップページ | 手抜きのブログ »