« お茶の世界史 オランダが衰退したのは? | トップページ | 秋に桜が、、 »

2006年11月 2日 (木)

真鱈 一匹で寄せ鍋を!

Img_0488syukusyou セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)

 ふわふわと風に舞う蝶の姿に似ていることからの名前

 美しく優雅な花、近くによって複雑な花ビラを良く見ると、あらためてその優雅さを認識、、、

 朝夕はさすがに涼しくなり、T-シャツだけで、、、、というわけにいかぬ

 今日も畑、雨が降らぬうちにと、石灰と化成肥料を元肥として蒔いて、再度 耕した。

 これで数日放置し、連休明けに、玉ネギの苗を植える予定である。

 本来、二畝分の幅だけど、植える面積を可能な限りに多く確保するため、幅が2倍の一畝にした、

 300本くらいは植わるかな~

 午後、魚を買いにい行った。 

 やはり、午前中の朝に行かないと、魚も数が少なくなっている。

 それでも、小さめの生の真鱈一匹600円、もちろん白子も卵も入っていないのだろうImg_0776Img_0779 

 白子が入った大きいのになると、数千円もする。

 涼しくなってきたので、鱈の鍋料理にでもしよう。

 二枚、三枚におろして、ぶつ切りにする。

 頭も2等分に切り分ける。Img_0784

ヤヤッ! 口の中から針が出てきた

真鱈と言うのは網ではなく、釣り針で一匹づつ採る漁法なのだろう。

 これからは、土鍋で魚の寄せ鍋か水炊鍋がいいね

 羅臼昆布を入れて美味しい出汁、、醤油とお酒」、少量の塩で味付け、、、ネギとキノコと春菊、豆腐、糸コンニャク、、

 鍋料理は野菜をたくさん食べるからいいねえ・

 後の残ったスープにご飯入れて雑炊、、 

Img_0781 Img_0782

 鍋の底のほうから、鱈の身を引き上げようとするが、身が崩れてしまって、ほとんど引っかからない。

 煮るまえに、鱈の切り身を少々塩して、身を引き締めておいたほうがいいのかな?

 とにかく、よく暖まったし、何より明日の朝作るオジアが美味しいに違いない。Img_0785

モンタ  毎朝 4時過ぎに起こしにくるから、ナベショーは夜9時過ぎには眠くなってしまうよ

皆さん よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« お茶の世界史 オランダが衰退したのは? | トップページ | 秋に桜が、、 »

コメント

ヤッホー!  たまねぎ、植えましたよー。
なんと1、000本(くらい 数えるのって意外と難しいものですね。)

たまねぎの種を蒔いていたら首尾よく発芽しました。タネ代は
1、020円也。(3ふくろ、2種類)

苗代みたいにタネをまきましたから、土を買ったのが1,000円くらい。去年は一本5円也の苗を800本、買いましたから4,000円の出費でした。


肥料は豚糞ではなくて、豆腐のおからと木のチップとEM菌をまぜまぜしたもの。こちらは一向に雨が降りませんので、朝夕水をかけています。かわゆいな~!!

投稿: なぎさ | 2006年11月 2日 (木) 22時27分

ナベショーさんすごい・・・有言実行!
そのスピード・・・尊敬いたします。

1尾600円は安いですね~!次回は白子入りで・・・
もうすぐ、旬になりますから~!

マダラの記事・・・TBしてみます~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2006年11月 3日 (金) 11時39分

なぎささま
なんと1000本も!!
たしか、昨年は800本植えて収穫されたはず、、
玉ネギの苗、、昨日ホームセンターで見たら、50本で365円だった。
と言うことは、1000本ならば7300円、、、
こりゃ~、種からでないとたいへんだ!!
豆腐のおからと木のチップの肥料、、ナベショーの豚糞堆肥より美味しそう、、

投稿: ナベショー | 2006年11月 3日 (金) 16時54分

マグロ君さま
白子入りのでっかい真鱈、、、美味しいだろうな~
こんど衝動買いするか、、、、
鍋料理だけでなく、切り身をムニエルにしたり、子供用のクリームシチュウに入れたり、、、いろいろな料理に使えるしね
TB、ありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2006年11月 3日 (金) 17時03分

来年は是非、種を蒔いてみてくださいね。
うちでは、米茄子も成績良かったんですよ。今でもまだ元気で数個が日ごとに大きくなっています。

乾燥してるのがなすのためにはいいのかも知れません、もういつ傘をさしたのか忘れたくらい、雨が降りませんねー。

投稿: なぎさ | 2006年11月 3日 (金) 21時53分

なぎささま
未だ、畑の面積が少なくて、種蒔いて育てる苗床のスペースが無いんです。
腰も治ったので、この冬仕事にさらに畑を拡張して、来年は種からやってみますよ。
今、元気に生り続けてるのはピーマン、、茄子は白菜など秋野菜のため残念ながら引っこ抜いてしまった。
茄子、ピーマンは涼しくなると元気が出て、生り続けるんですね。

投稿: ナベショー | 2006年11月 3日 (金) 22時07分

若い鱈(小さい鱈)はどうしても煮崩れます。
ともすると、何を煮たのか分からなくなるのです。
塩をしても、多分同じことでしょう。
真鱈は、体長60センチ、腹径15センチ以上の大人のならないと、身がしっかりしないようです。
鍋にしないで、塩焼きかバター焼きが無難かも。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年11月 3日 (金) 22時39分

ばら色さま
やはり若い真鱈でしたか、、
白子も卵も入ってなかった、、、安いはずだ!
全く身が原型をとどめていませんでした。

投稿: ナベショー | 2006年11月 4日 (土) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12529311

この記事へのトラックバック一覧です: 真鱈 一匹で寄せ鍋を!:

« お茶の世界史 オランダが衰退したのは? | トップページ | 秋に桜が、、 »