« 魚、魚、、ヌルヌル生魚 | トップページ | 蜜蜂の越冬体制 可哀想な雄蜂 »

2006年11月 8日 (水)

野菜が大きくなってきた!

Img_0643syukusyou ピラカンサ

 5~6月頃に白い花をいっぱいつけ、秋から冬には、このような赤い実がこぼれるようにつける。

 しかし、木の枝には鋭い長い針がたくさん出ている

 また、どんどん新しい枝を延ばしていくため、どんどん剪定しなければならない

 もう、剪定する時、剪定した枝を始末する時は、痛くてたいへんである

こうして、見事なこぼれるような赤い実がみられるのも、そう長くはない

 間もなく、12月に入ると、ヒヨトリの群れが押し寄せて、数日で実を全部食べ尽くしてしまう

 木の下には、種や糞がたくさん落ちて散らかるのである。Img_0639syukusyou_1

 昨日の強い風、、北海道では竜巻のため死者が出て大きな被害が出ている。 

 畑のブロッコリーが風のために傾いた

 竹の支えをして、紐で縛った。

 

キャベツや白菜が、どんどん大きく成長して、すこし中で巻きはじめたImg_0634syukusyou Img_0635syukusyou よしよし!        

  九条ネギや聖護院大根も順調に育っているImg_0641syukusyou Img_0637syukusyou                         

 春菊、チンゲン菜、水菜、人参、小蕪 はどんどん間引きが収穫できる

 急に寒くなってきたので、はじめてセーターを着た。

 ナベショーの野菜作り 2年目 昨年よりは少し上手になってきたぞ!

 今日の夕食の料理はおでん  妻がドンス鍋にいっぱい作ったImg_0855

 羅臼昆布 一枚を使った

 昆布だけで、美味しい濃厚なお出汁が出る

 後はお醤油を入れすぎないように注意、少し入れるだけでおでんの味がいとも簡単容易に決まった。

 味を濃くするか、薄味にするか、、醤油と味醂で調節するだけ、、

 中味は牛筋、コンニャク、クロハンペン、昆布、大根、厚揚げ、竹輪、はんぺん、ゆで卵、、、、賑やかなおでんとなった。

 羅臼昆布を知らなかった以前は、化学調味料の「出汁の素」、花鰹、鯖の削り節などでやってたが、なかなか思うような美味しい味が決まらなくて苦労していたのが嘘のようである。Img_0858

 モンタが食事してる時は、いくら話しかけても無視、、

 全くこちらを振り向かない

  皆さん よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 魚、魚、、ヌルヌル生魚 | トップページ | 蜜蜂の越冬体制 可哀想な雄蜂 »

コメント

はじめまして。
何気に立ち寄りました。
モンタくんが二十数年前に飼っていたネコにそっくりで懐かしさを感じました。
また、立ち寄らせてください。

投稿: ロッシー | 2006年11月 9日 (木) 01時14分

これから“おでん”の季節ですね。
静岡のおでんには、トマトが入っていると聞きましたが、おでんのトマトは食べたことがおありですか?。
ふつうのトマトでしょうか、それとも品種が違う?。
興味深々なのです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年11月 9日 (木) 07時36分

ロッシーさま
おはようございます
モンタからもご挨拶!
モンタにそっくりだったなんて嬉しいですね
これからも是非、どうぞ!

投稿: ナベショー | 2006年11月 9日 (木) 09時00分

ばら色さま
え~ トマトをおでんに、、????
きっと、ばら色様は軽い冗談でかつがれたんですよ~
静岡おでんは 鰯のクロハンペンと鰹節の粉を振り掛ける、、、のが特徴と聞いてるけど、、トマトはね~
静岡県人、地元の人に聞いてみますがね~

投稿: ナベショー | 2006年11月 9日 (木) 09時04分

こんにちは
菜園、いいですね。
私は大根の葉が大好きです。
ごま油で炒めて砂糖醤油で味を調えて鰹節とゴマを和えて。。。
葉つき大根はなかなか手に入りません。
自分で栽培しようにも土地もなし
羨ましいです(^^)
おでん、じゃがいもとともにサツマイモもなかなかいけますよ♪

投稿: とまと | 2006年11月 9日 (木) 15時26分

とまとさま
大根の葉 そうなんです
ごま油で炒め、醤油、砂糖、鰹節、胡麻、、美味しいですね!
大根の収穫が始まると毎日食卓に並びますよ
おでんは芋類も美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2006年11月 9日 (木) 19時40分

ばら色さま
静岡おでんにトマト、、、
そんなの聞いたことないよ、、、って!
ばら色様はかつがれたのですよ、、
でも、トマト丸ごとおでんに、、、やってみようかな?

投稿: ナベショー | 2006年11月 9日 (木) 19時43分

その後、ネットで調べたら、掛川あたりに“トマトおでん”があるらしいの。
『サカタの種』には、おでん用トマトの種があるとか・・・ますます興味が。
おでん用トマトって何処に売っているのでしょうね。
こうなると、怖いもの見たさの心理かも。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年11月 9日 (木) 20時49分

こんばんは
とまとのおでんは東京の有名なおでんやさんが出しているとテレビでみたことがあります。
(私はやってませんが)
さつまいももそこでやってました。
おでんを食べる時にバターを少々取り皿に入れるっていう小技は
別の番組でしたか。。。コクがありましたが、別の食べ物になったような気がしました。

投稿: とまと | 2006年11月 9日 (木) 23時10分

トマトおでんというのは、どうも最近のいろんな変わり種の創作おでんの一つのようですね。
オーソドックスな静岡おでんとは、別物だと思います。
しかし、たっぷりの羅臼昆布出汁でおでんを作るようになってから、やはり本物のおでんの美味しさがわかってきたような気がします。
昆布出汁の美味しさを味わいたいときは、はんぺんや竹輪などの練り製品はいろんな増量剤や化学調味料が混ぜられてる場合があるので、使わないほうがいいようですね。

投稿: ナベショー | 2006年11月 9日 (木) 23時23分

"トマトおでん”私も自分で食べたことはありませんが、食べた知人によると「おいしい」のだそうです。私が勤めていた頃、1年前のおでん販売促進のカタログには、当たり前のように?!トマトがのりました^^;。品種があるのは知りませんでしたが、普通のトマトでも問題ないみたいです。(聞きかじりですみません)。
「クロハンペン」初めて聞きました。世の中には知らないことがいっぱいですね!

投稿: riezon | 2006年11月10日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/12609262

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜が大きくなってきた!:

« 魚、魚、、ヌルヌル生魚 | トップページ | 蜜蜂の越冬体制 可哀想な雄蜂 »