« 昔ながらのお餅つき | トップページ | 今年最後の日 »

2006年12月30日 (土)

丹波の黒豆

Img_3029syukusyou_1 菜の花

 昨日は風の強い寒い日だったが、今日は風も無く穏やかな暖かい 一日だった

 庭の菜の花、、一株だけ花が咲いた

 春になれば満開、蜜蜂が花に群がる

 年末 30日、後一日を残すのみ、、、

 朝、妻は義母の世話で時間が取れないので、JAの朝市へ蓮根を買いに行く。

 もうすでに大勢の人で混雑、、昨日売り切れだった蓮根を買った。

 昨朝は9時頃行ったら、今頃きても遅いよ、、明日は8時からだから、7時45分ごろおいで!

 蓮田から蓮根を掘り出すのは、たいへんな作業なので、朝市に出荷できる量は限られてるそうである。

 直径7~8センチの4本連なった立派な蓮根が数十本並んでいる。

 一本 1200円 絶対安いと思う

Img_3051syukusyou_1

 スーパーだったら、いくらするのだろうか?

 こんなに太い蓮根、、煮物、天婦羅、、美味しいだろうな~

 今日は午前中は家の前で、妻とナベショーの2台の車を洗ってワックス塗って早お昼となった。

 午後は、妻が冷蔵庫の大掃除をして、ナベショーが換気扇の掃除、

 ナベショーの蜂蜜やジャム、佃煮を屋外の倉庫に移して、ナベショーの専用冷蔵庫もお正月のお料理用にあける。

 昨夜から妻が作っていた丹波の黒豆が煮あがった。

 黒豆は丹波綾部の妹から送ってきたものImg_2934syukusyou Img_2933 、、、小豆はお餅、お赤飯用であるImg_3045syukusyou

 煮る前の見事な大きい丹波の黒豆を写真で見て欲しかったのに、

 時、既に遅し、、、鍋の中

 、今日、煮上った出来上がりの黒豆を見てください。 

 最後に柚子を入れて良い香り!

 皮もむけず、艶も良く、大きく、柔らかい、、さすが本場の丹波の黒豆である。

 いつもは亡母が作っていた土井 勝さんのレシピーで黒豆を煮ていたが、

 今回は黒豆の小包に同封されていた兵庫県篠山の小田垣商店のレシピーで作った。

 土井 勝 さんの黒豆より味が薄め、甘さを押さえた上品な味であった。

 お正月料理のほとんどは妻が作るが、毎年、昆布巻きと数の子、海鼠の酢物だけはナベショーが作ることになっている。

 今日は夜になってから、羅臼昆布で身欠きニシンを巻いて、昆布巻きをコトコトと煮てる最中である。Img_2953

 みんな、それぞれ忙しく、モンタの面倒、、、ほったらかしだね~

 今朝、カリカリもらったかしら、、、?

 人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 昔ながらのお餅つき | トップページ | 今年最後の日 »

コメント

 美味しそうな御節のお支度が滞りなくすすんでいますね。黒豆といえど出来上がるまで二日はかかりますから、品数多いと時間がかかりますよね。でもご夫妻で役割分担なされば楽しくことが運びます。理想的です。それから黒豆に柚子を入れるのは良いアイディアですよね。自宅の庭に残してきた柚子の木が恋しくてなりません。本柚子でした。  
 七年ほど前になりますが、日本から届いたという貴重な柚子を友人からいただいことがあります。それの種を蒔きました。二本育てていますが果たして実がなるでしょうか。桃栗三年柿八年柚子の・・・十八年?とかいいますね。でも柚子は九年で花盛り、ともいいます。これはどちらが真実でしょうか。
 ご家族お揃いで、どうか佳き新年をお迎えになられますように!

投稿: はなあかり | 2006年12月31日 (日) 04時07分

今年はナベショーさんからたくさんのことを教えていただきました、ありがとうございました。

我が家の黒豆も小田垣商店のレシピです。
圧力鍋で作るのでそれほど時間はかかりませんが。。
昨日は餅をつきました。
パンや機器についているもちつき機能で1升分。

もち米を浸すのも「浸す」機能があるので楽チン

来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

投稿: とまと | 2006年12月31日 (日) 08時51分

私はこの数年、暮れにおせちを作りません。
娘が嫁ぎ、入退院を繰り返すようになってからは、正月料理を作るのは家族全員が集まる3日にしました。
元日は夫婦だけなので、おせちは取り寄せです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月31日 (日) 09時01分

PS・ナベショー様のブログにお邪魔しては、いろいろなお話が伺えて(退職後の夫の“しつけ方”も)有意義な年になりました。
ありがとうございました。
どうぞ、佳いお年をお迎えくださいませ。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年12月31日 (日) 09時06分

羅臼昆布もナベショーさんのお正月料理のお役に立てるのですね♪

今年ナベショー様にはたいへんお世話になりました。
ブログ開設当初からいつも温かいコメントやこちらでは教養溢れる素晴らしいブログ記事とありがとうございます。

また、HP開設当初にもいろいろと多大な配慮をいただき感謝しております。
ナベショーさんを通じたくさんの素晴らしいブロガーのみなさまとも知り合えました。

本年同様に来年もどうかよろしくお願いします。
良いお年をおむかえください。

投稿: たけし | 2006年12月31日 (日) 12時47分

はなあかりさま
柚子は種から育てると何年かかるのでしょう?
大分のある村で、柚子の村にしょうという町興しのアイデアで、村中に柚子の苗をたくさん植えた。十数年経ち、大きくなった木は柚子ではなく刺だらけのカラタチだった、、、何処でどう間違えたのか、、、
という笑えない話があります。
実がなるのが楽しみですね。
よきお年をお迎えください。

投稿: ナベショー | 2006年12月31日 (日) 14時22分

とまとさま
とまと家も小田垣商店の黒豆ですか!
ほんとに立派な黒豆ですね。
お餅も黒豆も簡単に便利に出来るようになりましたね。
よきお年をお迎えください。

投稿: ナベショー | 2006年12月31日 (日) 14時24分

ばら色さま
お正月はご夫婦だけの静かなお正月、3日はみんな集まり賑やかですね。
来年の課題は退職されたご主人の料理教育ですかね~
来年もどうぞよろしく!

投稿: ナベショー | 2006年12月31日 (日) 14時29分

たけしさま
たけし様のおかげで、羅臼昆布をはじめ羅臼の魚介類と出会うことが出来て、おいしい料理を楽しむことが出来ました。
ブログの皆さんも、とても喜んでいられるようでよかったですね。
また、たけしさまのブログでたくさんの元気もいただいてありがとうございます。
よいお年を!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ナベショー | 2006年12月31日 (日) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13267370

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波の黒豆:

« 昔ながらのお餅つき | トップページ | 今年最後の日 »