« お正月も4日目 | トップページ | アメリカ、ロスの御寿司 »

2007年1月 5日 (金)

一番見晴らしの良いところ

Img_3228syukusyou_1 寒さくら

 12月頃からず~と咲き続けている

 寒さのためか、開花してから散らないようだ

 一重の地味な花だけど、美しい

 自宅から徒歩で約一時間、400mくらいの高さの山がある。

 山と言っても、全山が蜜柑とお茶畑、軽トラが走れるように、立派な農道が頂上まで走っている

 ここへは、良く歩きに登るが、頂上からは360度見渡せて、おそらく藤枝で最も見晴らしの良いところだと思う

 東には富士山が、東南の眼下の茶園の下には今川義元と兄と戦った花倉城跡と第二東名の花倉工事地区

が一望である                                                  

Img_3236 Img_3237syukusyou                           

 北方向は南アルプス深南部と呼ばれる1500~2000m級の険しい山並みが続くImg_3248syukusyou

 この写真には知る人ぞ知る大無間、小無間山の山並みの全貌、

 特徴ある雄大な姿を何処からでも見分けることが出来る。

 その向こうには真っ白な南アルプスの山々が顔を見せている。

 新幹線の静岡付近からでもよく見える。

 まあ~、一度でも登った人は、再度登ることをためらうほどのしんどい山、

 2~300mくらいの逆落としの急勾配のアップダウンを5回繰り返してやっと小無間山、さらに大無間山まで足を延ばそうとすると日帰り登山は無理である。

 もし、足の骨を折ったら、誰かが助けに来てくれるまで絶対に動くことが出来ない。Img_3249 Img_3250syukusyou

 西から南西にかけては大井川、牧の原台地から、御前崎の海まで伸びる地平線 

 手前の町々は藤枝市、大井川町、島田市の市街地である

南の方向は駿河湾、 伊豆半島である。 

 焼津の町が一望である。

 この焼津、大井川町 藤枝、、岡部町の2市2町の合併か、焼津、大井川と藤枝、岡部のそれぞれ1市1町の合併かでもめている。

 藤枝市がサッカーのワールドカップの時に建設したサッカーグランドの膨大な借金、赤字を抱えたくないのが、焼津、大井川町の反対理由である。

 しかし、こうして山の上から眺めると、2市2町は大井川から日本坂トンネルのある高草山との間、

 境界線も無く一体の町である。

 次女と魚を見に行った

 本マグロのトロの部分のアラ、一パック250円  

 これ、スプーンで身を削いで、包丁で叩き、ネギを混ぜると美味しいよ!、、、と娘!

 かくして、お昼の食事は本マグロのネギトロの手巻き寿司になったImg_3203syukusyou Img_3207syukusyou Img_3208syuksuyou

 ネギトロには、芥子味噌の豆板醤(トウバンジャン)、味噌、ごま油が混ぜてある

 単純なネギ、醤油だけのネギトロも、、

 野菜の白菜とブロッコリーには柚子ポン酢とマヨネーズがかけてある

 海苔の上に少量のご飯をのせ、ネギトロ、野菜を置いてくるりと巻く

 野菜は何でもいいのだが、アメリカのロスで大人気、ネギトロの手巻き寿司

 おまけ、、、、マグロのアラの身を削いだ筋と残りに半端を塩焼きに、、、Img_3204syukusyou

 彩りは良くないが、美味しいんだね~ これが!

 本マグロ、トロのアラは、それほど出てこないし、出ても直ぐ誰かが買ってしまうので、タイミングが良くないと買えない

 今日の3人分のお昼の材料のお買い物 250円

 畑から採ってきたありあわせの野菜

 朝はあの羅臼の真ホッケの開き、夜は牡蠣と烏賊、蓮根、薩摩芋のフライ、、、Img_1321 Img_1325         

羅臼の開き真ホッケは娘に食べさすために一枚だけ置いてあった

 ホッケの干物の好きな人は多いが、このホッケの旨さは格別である。

 朝、昼、夜、、これだけ食べるのを楽しんでたら、少しくらいのウオーキングもダイエットには全く効果なしですね~

Img_3213syukusyou Img_3264syukusyou                      

モンタ、、、世の中には、こんな可愛い猫ちゃんもいるんだよ

まあ、モンタも可愛いけどね!

気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« お正月も4日目 | トップページ | アメリカ、ロスの御寿司 »

コメント

東京・八王子に「桜保存林」と言うのがあり、スゴイ数の多種類の桜が季節ごとに見られます。
黄色の桜、緑の桜、薔薇のように大きな桜・・・そして、寒桜も数種あります。
あの・・・我が家から近いところに“文化と運動の公園”がありますが、その前にかかる歩道橋から富士山が真ん前にド~ンと見えます。
冬は晴れてさえいれば見える確立が高いのですが、残念ながら数日荒れ模様の天気予報。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年1月 6日 (土) 08時45分

こらぁ!
もんたちゃん  可愛いってば!  ナベショウ(ごめん!)より
可愛いってば!!!

投稿: mari | 2007年1月 6日 (土) 15時08分

こんにちは。

素晴らしい眺めですね。

静岡県中部、ん十年前の小学校の修学旅行で行って以来いつも通過するばかりで申し訳ない限りです。

投稿: ぞう | 2007年1月 6日 (土) 17時23分

おめでとうございます。
本年もまたよろしくお願いいたします。

新聞に小川国男という作家のこと書いてありました。
藤枝在住とありました。
あっちこっちと散歩してらっしゃるそうですよ。

ひょっとしてお知り合いでは?

投稿: なぎさ | 2007年1月 6日 (土) 21時15分

ばら色さま
昔は大気が汚れていましたが、今は東京の大気もきれいになって富士山が何時でも見えるようになりましたね。
昔はお正月三が日の車の少ない時以外は、なかなか見えませんでした。
関東からの富士山は山梨側ですので、かなり下のほうまで雪で真っ白ですね。

投稿: ナベショー | 2007年1月 6日 (土) 22時20分

mariさま
うん! モンタもなかなか可愛い顔してるね!
横の猫ちゃんは女の子みたいだね

投稿: ナベショー | 2007年1月 6日 (土) 22時24分

ぞうさま
愛知県の隣ですから、時々は東に方へも足を伸ばしてみてください。
定年後のお楽しみかな、、

投稿: ナベショー | 2007年1月 6日 (土) 22時26分

なぎささま
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
作家の小川国男氏は確かに藤枝在住、、でも残念ながら、小川国男氏のこと、、ほとんど知らないのです。
時々、市民講座などでも、講演などされてるようですので、一度聞きにいこうと思います。

投稿: ナベショー | 2007年1月 6日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13348844

この記事へのトラックバック一覧です: 一番見晴らしの良いところ:

« お正月も4日目 | トップページ | アメリカ、ロスの御寿司 »