« 冬の庭 | トップページ | 大根料理(2)和風ポトスと烏賊大根 »

2007年1月22日 (月)

グチの干物と大根料理

Img_3888syukuysou 木瓜(ボケ)

 年末頃から咲く寒木瓜もあれば、今から咲くの、春になって咲くのもある。

 しかし、八重のより、このような一重の花が美しい

 八重は一重の花の雄しべが花弁に変化したものであるから、花が咲いた後に実をつけない

 リンゴによく似た実、酸っぱいけれど果樹酒にすると美味しい

 グチを干物にしたら、美味しそうなのができたImg_3931syukusyou Img_3948syukusyou

 塩水に浸した後、日光にあてて乾燥することにより、水分が蒸発して、味が濃厚になると共に、たんぱく質がアミノ酸に変化する

 また、塩分を含むため腐敗菌の増殖を防ぐ

 一枚、一枚、ラップして冷凍庫で凍らせて保存、

食べるときは凍ったままガスレンジで焼く

 干物にする前の生魚が、水分が多くて崩れ易いのに比較して、何としっかり身が引き締まり、上品な美味しさであろうか!

 塩焼き、ムニエルも美味しかったが、干物はさらに美味しい!

 高級かまぼこの原料故である

 昨日、大根を電熱オーブンで焼いたのが美味しかったので、今日は本格的に調理した。Img_3943syukusyou_2

 畑で採りたての青くび大根と聖護院大根

 スーパーに並んでいる青首大根はもっと太いが、化学肥料で成長しすぎ、

 水分が多くて甘みが少ない

 この大根は密度が高く、身が引き締まり、かりっと歯ごたえ、甘くてこのまま丸ごとかじっても美味しく食べられる

 さて、これらを厚さ2センチくらいに輪切りにして塩を両面にさっと振り、

 電熱ヒーターのオーブントースター、230~240度で焼いたImg_3953syukusyou

 爪楊枝が軽く刺さる程度に柔らかくなり、表面が乾き、ほんの少し焦げ目が付くぐらいが良い。

 これは、お皿に盛りつけてガーリックバターソースを上にかける

 ナイフで適当に切り分けて各自の小皿にとっていただいた。

 ガーリックバターソースは、ニンニクのすりおろしとバター、醤油、味醂を適当に混ぜて、小鍋で加熱、溶融して作る

 ガーリックバターソースと大根の甘みが調和して、言葉に言い表せないほどの美味しさである

 大根の辛みも苦味もない、、、、こんなに大根って甘かったのだろうか!

 青くび大根も、聖護院大根もそれぞれの個性を主張し、いづれも優劣つけがたい美味しさ!

 また、茹でて通常のふろふき大根にして和風の味でいただくImg_3957syukusyou             

 先日買ってきた岡崎の八丁味噌を味醂でといた甘タレをかけた

 ナイフで切り分け、各自の小皿へ、、

 青くび大根も、聖護院大根も柔らかく、ホクホクして甘い

 電熱オーブンて焼いたのとは、また美味しが異なる

 八丁味噌タレとよく合う

 大根ってこんなに美味しいものなんだ!!

 自分の畑で有機肥料を主体にして、育てた大根だから美味しいのか、、

 調理方法やタレ、ソースが美味しいからなのか、、?Img_3937

 ついでに八丁味噌での豆腐と油揚げのお味噌汁、、

 羅臼昆布と鰹節の濃厚なる合わせ出汁に木綿豆腐、、

 こういう美味しい味噌汁が食べたかったのだ!

 他の味噌ではこのお味は出せない、、

 なんだか、八丁味噌の美味しさの虜になりそう、、、

 今夕の料理は、ヘルシーで低カロリーでしょう!

 お味噌汁の他は、大根と干物一匹を義母と妻と3人で分けて食べたのですから、、、Img_3813syukusyou

 モンタはテレビの上が好き

 きちんと正座してかしこまったモンタ

 たまには、寝てる姿ばかりでなく、こういう凛々しい格好しないと、愛想つかされるよ!

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 冬の庭 | トップページ | 大根料理(2)和風ポトスと烏賊大根 »

コメント

おはようございます。

木瓜の花のなんとも言えない美しさ、
バックもすてきな色ですね~。
素人が撮ってもこうはいきませんものね!

サカナの干物、大根料理、味噌汁、
どれもこれもおふくろの味で最高ですね。

投稿: なぎさ | 2007年1月23日 (火) 06時04分

グチ、高級蒲鉾の材料にもなりますね。
アマダイのことをグチって言いますが、これもアマダイかしら?。
昨日は私もグリルで大根と葱を焼き、柚子味噌で食べました。
焼き野菜は美味しいことを再確認です。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年1月23日 (火) 08時59分

はじめまして。
牛筋つながりで飛んでまいりました。
グチの干物、最高においしいですよね。
我が家では主人が釣り好きなこともあってよく干物は作ります。
焼き大根の食べ方はじめて知りました。他の野菜は焼いて食べることありますが、大根はなかった~早速試して見なくては・・・

投稿: あおいとり | 2007年1月23日 (火) 10時06分

なぎささま
木瓜の花 綺麗に撮れました
でも、これは、こういう風に写るマクロレンズのためでして、ナベショーのカメラの腕前のせいではないのであります。
でも、お褒めにあずかり、嬉しいです。
おふくろの味、、良い言葉ですね!
でも、今や、多くの家庭で、「スーパー惣菜の味」 になってしまいましたね

投稿: ナベショー | 2007年1月23日 (火) 10時18分

グチの干し物・・美味しそう~!自家製が一番。
かないません!

ナベショーさん、前の記事のコメントの件ですが・・

美味しいものを知り尽くされた買物の仕方・・・尊敬いたします。
食材にお金をかければきりがないですが、本当に美味しいものは

ナベショーさんの様に作る料理だと思いますよ~!

これからも楽しみにしてます~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年1月23日 (火) 10時22分

ばら色さま
「グチ」は「イシモチ」とも言いますが、アマダイのことを「グチ」と言うのは知りませんでした。
「アマダイ」は高級魚ですが「グチ」は安い低級魚です。
安い魚は、小骨が多いとか、グロテスクとか、、それなりに理由がありますが、実は美味しいので大歓迎です。
焼き大根、、、上にかけるソース次第でいろんな楽しみ方がありますね。

投稿: ナベショー | 2007年1月23日 (火) 10時24分

あおいとりさま
ようこそ!
カレーに牛筋を、、あおいとりさまもやってられましたか、
生活の知恵、、かな!
釣ってこられた新鮮で、実は食べ切れないほどの大漁の魚、、干物にするのが一番、家庭で作る干物、、丁度塩梅の塩加減、、美味しいですね。
大根、、たくさんの畑の大根をみると、何とか美味しい食べ方は無いかっと悩んでしまいます。

投稿: ナベショー | 2007年1月23日 (火) 10時37分

まぐろ君さま
会社時代に、「現場で危険を事前に察知する感性とは?」って話題になりました。
「野に咲く道端の花を見て、素朴に美しいと感じこと」と同じ、、
食にも通じるかもしれませんね。
ナベショーは、普通より少し鈍感な味覚ゆえに、何を食べても美味しいと感じる幸せな人であります。

投稿: ナベショー | 2007年1月23日 (火) 10時45分

勘違いしていました。
アマダイは、グチではなく、グジでした。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年1月23日 (火) 15時23分

ばら色さま
グチとグジ、、紛らわしい名前ですね。
名前は似てるけど、値段は雲泥の差!

投稿: ナベショー | 2007年1月23日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13621652

この記事へのトラックバック一覧です: グチの干物と大根料理:

« 冬の庭 | トップページ | 大根料理(2)和風ポトスと烏賊大根 »