« 青春18の旅 岡崎城 | トップページ | 青春18キップの旅 豊橋から東京へ »

2007年1月16日 (火)

青春18キップの旅 水窪町の猪鍋

Img_3718syukusyou東海道線  岡崎から豊橋へ

 豊橋で乗り換えて飯田線に乗り、約2時間半

 佐久間ダムで有名な中部天竜、佐久間駅を少し過ぎて水窪駅でおりる

 岡崎13:10→豊橋13:30 13:43→

 水窪15:53

 途中、油谷温泉、美しい渓谷や佐久間ダムの発電所の関連施設などをながめながらの汽車の旅、

Img_3689syukusyou Img_3691syukusyou

 次々視界に現れる澄んだ流れの渓谷や山々、、、

 それらの景色に全く退屈することは無く、本を読む暇もなし

 乗客は車両に我々だけのよう、、、

 やがて、高い斜面に作られた水窪駅につくImg_3696syukusyou

 下に流れる川と吊橋、林業の町、霧の立ち込める深い山々、、、

 愛知県と長野県、静岡県の3県の境の位置する山深い水窪町は市町村合併により浜松市になる

 宿泊する予定の民宿に電話して、車で迎えに来てもらう。

 民宿「もちづき」は駅から約5Km、塩の道と呼ばれる国道152号線の静岡県と長野県の境,青崩峠の麓、Img_3705syukusyou

 72歳のご主人と68歳の奥さん二人で民宿をやってられるが

 料理も掃除も全てご主人、、、

 部屋はすでに炬燵が暖かく、布団も湯たんぽで暖められていた

 夕食は猪肉の鍋

 猪はつい先日、ご主人が仲間の猟師達と鉄砲でし止めたもの

Img_3700syukusyou Img_3701syukusyou

 最近は、猟師も老齢化して、猪狩の人数が集まらなくて、、、と。

 本当は5~6人の猟師でチームを組むのだが、今年は3人しか集まらず、、、

 でも、幸いにも目の前に猪が現れ、ビックリして背を返したところをし止めた。

 猪は人が入り込めないような繁った薮の中に昼間は潜んでいる

 それを猟犬が見つけて追い出す、、

 犬に追われ、幾く筋かの谷や斜面を逃げ登っくる猪を、数箇所で待ち構えている猟師が鉄砲で撃つ

 話を聞いてるうちに、最初の猪肉は平らげて、さらにもう一皿お代わり

 猪鍋はで醤油、砂糖で味付けたたっぷりの出汁に大根とネギを煮て、薄く切った肉をさっと煮て食べる

 なかなか素朴で野生的な料理である。

 ご主人は、お爺さん、お父さんの代に木材関係の仕事で、静岡からこの水窪に来て、水窪に住みようになった。

 水窪で生まれ育って、営林署でず~と森林関係の仕事をし、定年になってからは、お茶と椎茸と森林の世話、そして民宿、、、

 母屋の裏に35Kgの製茶工場があり、村の人達から持ち込まれた生葉、5月には製茶をする。

 35Kgの製茶機械で朝の5時から夕の8時頃まで、一日で数百Kgの生葉を製茶するとのこと、、、すっごい。Img_3702

 ナベショーも同じサイズの製茶機で製茶してるので、どんどん 話が弾む

 吟醸酒も冷でコップに二杯、、、

 ホカホカと暖まり、楽しい夕食だった。

 この民宿の前を走る国道152号線は、日本列島、本州の裂け目といわれる大地構帯(ホッサマグナ)、御前崎から日本海の富山糸魚川まで通ずる谷である

 太平洋や日本海の海辺から塩を内陸、信州へ運んだ「塩の道」と呼ばれる

 武田信玄が、甲州より大軍を率いて、この道を下って三河に攻め込み、上洛途中で病死したのも、この街道である。

 ナベショーは御前崎、浜松から、この「塩の道」を岡谷、松本に出て、さらに日本海の糸魚川まで歩く計画を温めている。

 一日 約30Km歩いて、宿泊は民宿、温泉、時には野宿、、約10日から2週間はかかるであろう。

 本当は、昨年の秋に実行する予定だったが、木から落ちて腰椎骨折のため、出来なかった。

 今年は何とかやってみたい。

人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 青春18の旅 岡崎城 | トップページ | 青春18キップの旅 豊橋から東京へ »

コメント

ナベショーさん、「青春」「18」キップとは、カッコ内の2つともムリがありますよ(笑)。それにしても、お元気で何よりです。
フォッサマグナツアーを企画されてると?それも恐れ入りました。いっそのこと、中央構造線含め、日本中の断層を全て歩破してみてはいかがでしょうか?東北、四国といった強敵も待っていますね。

ミツバチハッチの近況も教えてください。

では。

投稿: セロキの王様 | 2007年1月18日 (木) 22時46分

セロキの王様さん
そうか、、二つとも無理があるのに、あつかましくも気持ちと体力だけでもね!
なるほど、、日本の中央構造線の歩破に成功したら、日本中の断層全てを、、、さらにアフリカなど世界の有名な断層を、、、
おお! シニアーライフの壮大なるテーマになるな~!!
、、、と直ぐ有頂天になってその気になるから、あまり乗せないでくださ~い
ミツバチハッチはただ今冬眠中
暖かい日だけ、飛び回り、、、、今日は早くも咲いた庭の菜の花の蜜を集めてました。

投稿: ナベショー | 2007年1月19日 (金) 17時10分

お久しぶりです。
「もちづき」は女房の幼馴染のうちです。「もちづき」を数百メートル水窪駅に向かって下ったところが実家です。
いつも話をしていた様に田舎でしょう。
猿や鹿が家の上を飛び回っています。
前の川では山女がつれます。
野草も取れて、なべさんにはあっっているかな!

投稿: フジタ | 2007年1月20日 (土) 00時27分

フジタさま
奥様のご出身地へ行ってきました。
宿泊した民宿「もちづき」が奥様の幼馴染のお家とは、ほんとに奇遇ですね。
浜松のお寿司屋に嫁がれた娘さん、、が奥様の幼馴染の方かな、、
お話を伺ってたように田舎ですが、美しいところです。
是非、国道152号は車でなく、歩きたいところだし、水窪ダムから、さらに有名な黒法師岳を登りと思っています。
奥様によろしく

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 09時43分

私は16日に、取り寄せで“猪”を鍋で食べました。
一時期は「イノブタ」がブームになりましたが、混血ではない野生の猪が美味しいですね。
狩猟で得たものが美味しいのは、鴨で経験済みですので、丹沢や秩父の民宿に頼んでいますが、最近は人気が高くなって、なかなか順番が来ません。
直接に行ったほうが早いのでしょうが・・・今回は、秋田県の猪でした。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年1月20日 (土) 19時45分

ばら色さま
この藤枝のナベショーの近所、お茶畑、周辺もたくさんの猪が荒らしまくっています。年々ひどくなる、、
ナベショーのお茶畑の畝も掘り返されていますよ。
猟師さんが高齢化して、猪を撃つ人が少なくなったので、どうしょうも無いですね。
まあ、でも、すっごく美味しい!、、というほどでもなく、旅の宿で話しに種に野生的な肉を味わう程度で良いとするか、、、と思っています。

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13563883

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18キップの旅 水窪町の猪鍋:

« 青春18の旅 岡崎城 | トップページ | 青春18キップの旅 豊橋から東京へ »