« 次女は再びロスへ | トップページ | 青春18の旅 岡崎城 »

2007年1月16日 (火)

青春18の旅 岡崎の「純情きらり」を訪ねて

Img_3661syukusyou「 純情きらり」の八丁味噌樽

 NHK TV 朝の連続ドラマ「純情きらり」はもう既に終わって久しい

 しかしドラマの余韻はまだまだ脳裏の奥にこびりついて離れない

 家族や周囲の多くの人々に希望や生きる力を与え続けて、桜子自身は病で死んでしまう、、、

 ほのかな期待かなわず辛い結末、、、

 人に感動を与えるドラマの定石とは言え、

 残念だったよ、、、、

 桜子が子供の時に落ちたという岡崎 山長の八丁味噌樽である

 青春18期キップも1月20日まで、、

 今まで通り過ぎていた岡崎と豊橋から信州岡谷への飯田線 水窪へ旅した。

 1月16日(火)

 西焼津 6:53 → 豊橋 8:32 8:35→岡崎8:58

 妻はいつの間にか5時に起きて準備万端

 ナベショーは6時に目が覚める、、、、

 旅行用の服装に着替えて、トイレへ行って、モンタの2日分のカリカリと水を与え、

 顔を洗って、髪を整え、カバンの中に、カメラ、バッテリー、携帯、JP時間表、本、着替え、洗面用具、

 旅先の資料、折り畳み傘、以上をすばやく詰めて、、、

 おう、そうそう、、青春18キップと財布とハンカチ、テイッシュ、を忘れずに、、

 青春18キップが無い! 何処だ?何処だ?

 今に及んで何言ってるの?

 アッ! あった!あった!!

 お父さん! しっかりしてよ!

 これだけの作業を起床後の僅か30分で終えて6時半に車で駅へ、、

 もう少し、早く起こしてくれれば、こんなにバタバタ、アタフタしなくても良かったのに、、、

 駅前の有料駐車場の二日分1000円払って、駅のホームへ階段下りると同時に6時53分の東海道線の電車、、、、 

 何と間に合った!

  ナベショーはお金の入った封筒、とメモ帳、ボールペンを確認、、、、あれ! 無い!

 何処だ何処だとポケットを探す 

 ポケットはズボンに4っ、上着に7つ、コートに6つ、、、いざ探そうとすると、出てこない

 ああ あった!

 ちゃんと決まったポケットに入れて置かないからよ! と叱られる

 さっそく、車中で朝のお弁当、、、窓際に置いたお茶を妻がこぼして大慌て!

 それ、見ろ、、自分だってしっかりしろよ!

 お互いの高ぶった気持ちが納まって平静になった頃には、もう浜松

 豊橋で快速に乗り継いで岡崎に  

 岡崎に下車するのは初めてである

 「純情きらり」のロケ地を見学Img_3667syukusyou Img_3669syukusyou                       

 岡崎には、「まるや八丁味噌」と「カクキュー八丁味噌」の二軒の数百年操業している老舗の会社がある。

 「純情きらり」のロケをした工場である。

 いづれも工場内を見学させてくれる。

 八丁という名前は岡崎城から八丁(約900m)の距離にあるところから来たそうである

 米麹を使わず、直接に蒸した大豆と酵母から大豆麹を作り、蒸した大豆と塩と水を配合して、桶に入れて、その上にたくさんの石を積み上げて重しして、2年間発酵熟成したのが、八丁味噌である。 Img_3654syukusyou_1

 岡崎の街の通りには、出演した俳優さん、女優さん達の手形が配置され、手形をめぐって街を散策するようになっている。

 これは、スタート地点の室井 滋さんの手形である 

 宮崎あおいさん、塩見三省さん、福士誠治さん、戸田恵子さん、寺島しのぶさん、、、

 塩見三省さんは、ナベショーに好きな俳優さんの一人である

Img_3670syukusyou Img_3672syukusyou_3                  

 塩見三省さんは丹波綾部の出身、ナベショーの父親と塩見三省さんのお母さんは従妹同士という間柄と聞いている、、

 塩見三省さんのあのがっちりした体格と渋い顔立ちは、丹波のナベショー一族の典型的な顔である、、

 残念ながら、ナベショーは母方似であるため、前田 吟さん風の顔立ちである。

 街を歩きながら間もなく岡崎城へ

人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 次女は再びロスへ | トップページ | 青春18の旅 岡崎城 »

コメント

ナベショーさんは「塩見三省君」のファンですか。
私は彼と高校時代3年間、同じ教室で机を並べて学びました。1教室49人で11組までありました。それが今で言う「団塊の世代」の青春でした。
足の踏み場も無い教室で学び、喋べり、お弁当を食べ・・カンニングして??

 彼が何で役者になったんだろう??
私は彼がブラウン管に現れたときからズーとファンです。

 でも三ちゃんは舞台が好きな劇団役者なんですよ! 

 

投稿: sakura | 2007年1月18日 (木) 23時32分

sakuraおばさま
こんにちは!
高校時代から、塩見三省さんとそんなにお親しかったとは、、、!!
いつもドラマの主役の二枚目の俳優さんも良いですが、味のある演技でドラマをじっくりと引き立てる脇役の実力性格俳優さん、つまり塩見三省さんや前田 吟さんのような方が好きですね。
ナベショーも主役というより、脇役人生でしたから、、、


投稿: ナベショー | 2007年1月19日 (金) 16時56分

おひさしぶりで~す!
ふつう、旅の支度というものは、前日の夜までにしておくものだと
おもうのですが~?

わたくしも1泊2日ですが長崎まで行ってきました。

投稿: なぎさ | 2007年1月20日 (土) 08時56分

なぎささま
なぎさ様も一泊二日、ご旅行でしたか!
愛しいオットさまとご一緒に?
そう、、旅は前の晩から準備しておくものですよね~
もう若くはないんだから、、、
お年寄りが数日前から準備して、カバンに詰めて、当日は数時間前から身支度整え、出かけるだけになって待ってる姿、、、なんだかわかるような気がしました。

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13560614

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18の旅 岡崎の「純情きらり」を訪ねて:

« 次女は再びロスへ | トップページ | 青春18の旅 岡崎城 »