« 青春18キップの旅 水窪町の猪鍋 | トップページ | 新幹線を作った男  »

2007年1月17日 (水)

青春18キップの旅 豊橋から東京へ

Img_3732syukusyou 水窪 8:54→豊橋10:54

 民宿「もちづき」、美味しい朝食をいただき、いろんな話に花が咲き、最後にお茶工場を見せてもらって、水窪駅までご主人に車で送ってもらった。

 途中、住む人のいない空き家がチラホラ

 息子さんは岡崎のトヨタ自動車の工場勤務、娘さんは浜松の御寿司屋に嫁ぎ、帰ってこないだろうが、我々が死んだら、この辺もどうなることやら、、、、

 過疎化した農山村が抱える深刻な問題であるImg_3720_1

 浜松市に広域合併されたのは、そうしないと、高齢者ばかりになって町自身が立ち行かなくなるという問題がある。

 昨日も気づいたことであるが、JR飯田線の運転手、業務員、、皆非常に若い、、、、

 みんな20歳代の若者である

 JRの社員、団塊の世代の大量退職に備えての、若返りを図っているのであろうか?

 それとも、過疎化した地域振興のために地元の若者を優先的に採用、定着させようとしているのか、、

 いづれにしても、超氷河期と言われた就職難の時代に、可愛い笑顔 、真面目そうな顔をした若者達がJRできびきびした態度で勤務しているのをみるのは嬉しいことである。

 そんなことを考えていたら、列車は豊橋駅に着いた。

 豊橋駅で途中下車し、荷物をコインロッカーに預けた。

 駅を起点としてメイン道路を市電が走っている

 広島にも市電が走っていたが、チン! ゴ~と走るのは、懐かしくもくあり、のどかで気持ちが安らぐ。

 市電に乗り、市役所前で降りる。Img_3734syukusyou_1                      

 昭和6年 建築のロマネスク様式の美しい建物、豊橋市公会堂である

 静岡市役所、大阪市役所、、、皆、このような美しい建物である

 しかし、最近の建てられる近代高層建築の建物には、このような厳かな美しさが無いように思う

 この公会堂の横には美しいカトリック教会が、また、すぐ近くにはハリスト正教会の華麗な教会がある

Img_3739syukusyou_2 Img_3735  

 お城のある公園内を散策し、再び市電に乗り、豊橋駅に戻って、昼食のお弁当を買って汽車に乗った

 西焼津で途中下車、妻は自宅に帰り、ナベショーはさらに東京へ向かう

 豊橋12:27→浜松13:00 13:02→西焼津13:57 14:07→静岡14:24 14:27→熱海15:49 16:00→新橋17:29

 会社時代のライフワークとして構築した事業、今回大幅な設備増強が決まったため、かっての若い部下だった、現事業部長のNさん、部長のFさん、課長のMさん、Oさん、ご苦労さまと労をねぎらい、お祝いの宴をしてあげよう、、、と、ナベショーと同じく優雅に遊んでいるパートナーだったYさんの発案!

 久々の銀座のお店、6人集まった!

 途中入社で面接した一見おとなしそうだったM君、新卒で入ってきて仲人もしたハチャメチャなO君、皆立派な課長さん、世界中飛び回り、事業を受け継いで立派に発展させてくれている

 いろんんな話題、話で盛り上がる

 「え~ あの商品にも使ってるの? すごいな~ !」

 30年前から開発してきた古い商品、新しい商品、担当者の世代も変わる、、

 時代が変わって、最新の用途に採用されて、大きく飛躍する、、

 残念ながらやむなく整理するのも出てくる、、

 かって苦労して誕生させた可愛い製品、その価値が見出され、また予想もしなかったような大きなチャンス が到来する

 日の目を見る日が必ず来ると信じて、マーケッテイングを続けてきた彼等

 それを忍耐強く、待って許してくれてきた経営者達、、

 さらに、二次会、Yさんとよく行った店、10年来の顔なじみ、ブログの読者でもあるIMさんのいるお店、久しぶり、、、、

 とうとう23時頃まで飲んで、お開き

 美味しいお酒だった

 Y さんのマンションに泊めていただいた

 人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 青春18キップの旅 水窪町の猪鍋 | トップページ | 新幹線を作った男  »

コメント

おはようございます
お嬢さんが旅立ったと思ったら
今度はナベショーさんが旅に出ているではありませんか!
あまりのパワーにこちらが圧倒されました。
さすが、ナベショーさん、いろいろなところで人とのふれあいを楽しんでいらっしゃる。
私にはない力です

JRは募集したら人材は集まりますよね。
好きで好きでたまらない人が多い分野ですものね。
先輩で一度採用試験に落ちたのに、やっぱり諦めきれない、と人事に出向いて見事採用された人がいたなぁ。。。
思い出しました。

投稿: でつ | 2007年1月19日 (金) 06時44分

でつさま
いえいえ、子供の多動症ってありましたね!
じっとしてることが出来なくて動き回る子供のこと、、
きっとナベショーは老年性多動症候群なんです!
小さい頃は、一人で遊ぶことのほうが多く、内向てきな孤独を愛する少年だったんです。
今も本質的には変わっていないと思います。
今は就職、、たいへんみたいですね。

投稿: ナベショー | 2007年1月19日 (金) 17時39分

こんばんは。

僕の亡き両親の実家も飯田線沿線でした。

その後家をどうするかでひと悶着ありましたが、結局昨年家を売却しました。
いろいろなことを考えた上での結論でした。

夢を語ればきりがない、しかし現実を直視したら、なるべき結論だと考えています。

投稿: ぞう | 2007年1月19日 (金) 21時46分

ぞうさま
親亡き後の田舎の家、、、、どうするか、、、
ナベショーも丹波の田舎の家を社会福祉法人の学園に貸していますが、
いずれは寄付しようかな、、、と思っています。
過疎化する田舎を見るのは悲しいですが、妻や子供の故郷は静岡になっていますし、、、

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13566484

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18キップの旅 豊橋から東京へ:

« 青春18キップの旅 水窪町の猪鍋 | トップページ | 新幹線を作った男  »