« 青春18キップの旅 豊橋から東京へ | トップページ | 野菜畑 玉ネギの追肥 »

2007年1月18日 (木)

新幹線を作った男 

Img_3762syukusyou とっても可愛い猫ちゃん

 名前、、、カタカナの可愛い名前、、ゴメンナサイ!思い出せない!

 泊めていただいた東京の素敵なマンション、、、、

 ず~と部屋の中でおりこうさんしてると、、、

 うちのモンタは外へ出る癖がついてしまったので、もう、元に戻すのは難しいねえ、、

 表情がやさしくて可愛いImg_3759syukusyou Img_3760syukusyou!   きっと、大事にやさしく可愛がられているのだろうな!

 猫を飼うようになってから、モンタ以外の猫ちゃんの表情もじっくり観察するようになった

 みな表情が異なるし、可愛くて楽しい顔をしてる

 すっかりお世話になり、10時過ぎにお暇をして東京駅へ

 青春18キップは使い切ってしまったので、帰りは新幹線で静岡へ 

 一番前の一号車両へ 

 Img_3766syukusyou 18.19番ホームの端っこに赤レンガのモニュメントが建っている

 鉄道ファンならご存知の方も多いでしょう

 東海道新幹線 建設を推進した、時の国鉄総裁「十河信二」のリリーフと自筆の書碑「一花開天下春」である。

 日本の技術で台湾にも新幹線が開通し、日本の新幹線車両は中国でも製造が開始された。

 いまや、名実ともに世界の新幹線となったのである

 「新幹線をつくった男 島 秀雄物語」(小学館 高橋団吉著)から、引用させていただきながら記す

 広軌車両による高速鉄道は 東海道新幹線建設時の国鉄技師長の島 秀雄,の父、安次郎が満鉄にて実現しようとした弾丸列車計画、

 戦況の悪化で果てし得なかった夢を息子の島 秀雄が継ぐ

 島 秀雄は有名な機関車 デコイチ の開発者でもある

 戦後、失業した流体力学専門の航空技術者達を中心に広軌高速鉄道の開発を推進したのである

 島等技術陣が算出した3000億円の建設予算を1900億円に減らして、国会を通す

 世界銀行からの借金、赤字ローカル線建設を蹴って、政治家から猛反対のなかでの推進、

 十河総裁は国鉄内部からさえも多くの反対にあいながら、四面楚歌の中で計画を推し進めるが、死者160名、負傷者325名という大惨事の三河島事故、

 新幹線建設の工事費が2926億円に膨れあがり、、さらに最終的に工事費874億円の不足が明るみにでて、ついに十河総裁は総裁辞任に追い込まれる。

 十河総裁追い落とし派により、名目上は新幹線予算不足の責任をとって、、、という理由で 、

 技術を分担した島 秀雄も十河の後を追って辞表を提出

 新幹線はすでに99%完成していた

 昭和39年10月1日早朝の新幹線の晴れやかな開通式典、テープカット!

 ひかり1号が新大阪へ向けてホームを滑り出す

 明治以来、心ある鉄道人たちにとって悲願の広軌新幹線が、ついに開業

 しかし、 この晴れの舞台に島 秀雄も、十河信二の姿も無かった。

 招待リストの名簿には無かったのである。

 誰もが気づいていながら、、、、Img_3763syukusyou Img_3765syukusyou 時の総裁、石田禮助には言えなかった

 東海道新幹線の採算性と安全性への疑義と大反対を押し切って開業した新幹線、順調な滑り出しと大成功!

 十河総裁追い落としを図って、石田の後に国鉄総裁になった磯崎が、総裁在任中に建てたのが、この19番ホーム最南端の碑である

 島 秀雄が文化功労者として顕彰されたのは、開業後7年の昭和46年のことだった。Img_3771syukusyou Img_3768syukusyou Img_3772syukusyou

 この碑の裏側はホームの端っこ、鉄柵との隙間が狭くて入り込めない。

 かろうじてカメラを持つ手を伸ばして裏側の文字を撮った

 新幹線 開業    1964 10 552.Km

 新大阪ー岡山  岡山ー博多  それぞれの日付と開業距離

の数字が読み取れる

 ホームから見える位置であればいいのだが、一般人には一見何の碑かわからない

 これも、十河の業績に対する何らかの碑を建てざるを得なかった磯崎総裁の複雑な心境の故なのだろうか?

 鉄道の将来を見通して、純粋に新幹線の夢をかけ実現した十河信二と島 秀雄

 それらさえも政治と政争の具に利用して争う政治家達や高級官僚、、、

 このホーム最南端に建つ地味な碑、新幹線実現の物語は永久に語り継がれるであろう

  人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 青春18キップの旅 豊橋から東京へ | トップページ | 野菜畑 玉ネギの追肥 »

コメント

派閥を作って、互いに相手を引き摺り下ろそうと画策するものあり、それを封じるため強力な指導力?をつけてワンマンになるものありでまさにドラマですね。
部外者の私には鶴田浩二の「傷だらけの人生」ので出しを地で行っています。
関係者がいなくなってから、歴史が証明すると言われるが、その歴史学者もどちらかに偏った目で見るとまた評価が違ってくることがよくありますね。

しかし、新幹線という事実は厳然として存在していますし、歴史に残るものです。

投稿: オラケタル | 2007年1月19日 (金) 20時50分

オラケタルさま
後の世に伝えられる歴史は、時代の勝者、権力者が自分を美化し正当化するために書かれたものが多いので、故意に事実を曲げられていなくとも、都合の悪いことは伏せられていることが多いですね。
歴史は常にその時代が作る、、、
新幹線も安全性と採算性で後々もお荷物の大失敗だったら、十河、島は
大罪人と歴史が評価したことでしょう。
新幹線建設の予算不足問題は、時の大蔵大臣田中角栄が人肌脱いで収拾、目処をつけたが、田中角栄は持ち前の鋭い勘で広軌鉄道の将来性を見抜いて、この貸しを後の新潟新幹線建設で国鉄に返させたと、、、
ほんとに、ドラマより面白いですね。

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 09時13分

新幹線の話~勉強になりました~ありがとうございます~

青春18切符・・活用されてますね~!
マグロ君も学生時代を思い出してしまいました~!

猪・・・毎年食べます~!
和歌山の叔父が、鉄砲撃ちで・・送ってくれるんです~

美味しいですよね~!マグロ家は、焼き肉にしますよ~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年1月20日 (土) 10時48分

いつも楽しく拝見してます。
今日はブログあけたらおなじみにのミューちゃんのデカ写真が飛び込んできてびっくり。
この次東京におでかけの折お時間があれば声かけてください。あと1年半ほどはweek dayは仕事ですが・・・・

投稿: 白猫 | 2007年1月20日 (土) 11時03分

まぐろ君さま
今や青春18キップの利用者の40%が中高年定年退職者、、
JRの素晴らしいヒット商品、ネーミングも最高です。
おじさんが猟師、猪、、毎年食べられるなんて、、いいですね!
今は何処でも、猪はたくさん増えて、農作物に被害を与えてるんだけど、猟をする人が少なくて猪を退治できないのですね~
イノブタの肉が多いと聞くけど、ナベショーも久しぶりに野生の本物の猪肉の、素朴な猟師料理を食べることが出来ました。

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 14時51分

白猫さま
いつもご支援ありがとうございます。
そうそう ミュ~チャンでした。
こんな可愛い猫ちゃんだと、誰しも「我が家の猫こそ世界一可愛い猫!」と言いますね。
後一年半で定年退職、、待ち遠しいですね!
足腰、腕の筋肉、、鍛えておいてくださいね!

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 14時56分

まだ咳が・・・・
黒豆と熊笹をせんじて飲むといいよって、近所の奥様が・・
ぴたりととまる!と回りの方が絶賛だったのですが・・
まだ飲み始めて2晩とも咳で目覚め氷でのどを冷やしながら寝ています・・・効かない(>__<)

投稿: ふうか | 2007年1月20日 (土) 19時50分

ふうかさま
夜中に咳が出て止まらない時、うつ伏せに寝て、枕を胸から喉、顎の下に置き、胸を若干圧迫して、顔を横向けて、両手で枕を抱えて、ス~、、、ハ~、、、と静かにゆっくり深呼吸しながら呼吸を整えていると、何時の間に咳が止まり、眠りにつきます。
ナベショーも昔、仕事で使い続けた薬品のアレルギーで喉を痛め、当時も今も時々、気管支炎をこじらすと夜、夜明けに咳が止まらなくなり、、口の中が唾でいっぱい、テイッシュでゴミ箱がいっぱいになります。
酷い時は12月から3月末まで毎夜、、、
その時の経験から編み出した咳を止める方法です。
駄目元でお試しを、、、
気候が変わり、体力がつけば、必ず治ります、、、

投稿: ナベショー | 2007年1月20日 (土) 21時31分

ひさびさのブログめぐりをして最後にもう一度・・
と思ってきてみました
m(__)mありがとうございます
寝るのがこわいくらいだったのですが・・コメント声を出して復唱し頭に叩き込んで・・これからお休みします
秘策伝授ありがとうございます
それにやっぱりモンタ君を見てからお休みしないとね・・
そして今夜のこの幸せそうなお顔・・・・いやされま~~すm(__)m

投稿: ふうか | 2007年1月20日 (土) 23時20分

あれ~可愛いネコちゃんですね。これはYさんが飼っているのですか?Yさんにもそのような心があったとは・・・・・

投稿: はちゃめちゃなOさん | 2007年1月22日 (月) 12時45分

ふうかさま
咳は、夜だけでなく昼間も、出始めるとしばらく止まらないので辛いですね。
柚子の砂糖シロップ漬けを熱湯で熱く薄めて飲むといいですよ。
しばらく治るのに時間がかかるかもしれませんね。
美味しいもの食べて、体力つけて、、、
医者にはかかっていますか?

投稿: ナベショー | 2007年1月22日 (月) 14時05分

はちゃめちゃなOさん
退職されて同時に、今までの罪滅ぼしだったのか、頭を丸められたくらいですから、人並のやさしい心も少しはお持ちだったんでしょうね

投稿: ナベショー | 2007年1月22日 (月) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13571829

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線を作った男 :

« 青春18キップの旅 豊橋から東京へ | トップページ | 野菜畑 玉ネギの追肥 »