« 今日は暖かい 畑の仕事! | トップページ | デコポンジュースで鶏肉料理! »

2007年2月17日 (土)

「芋たこなんきん」 家族の食卓

Img_5272syukusyou 水仙

 12月頃から咲き始めた日本水仙も、ほぼ盛りを過ぎかけたかな、、、と思ってたら、

 最近、別の場所の地面から新たに緑の葉が出てきた

 それほど12月から咲いてるのに比べると背丈は高くない

 でも、咲き始めた花は、それほど異なるとは思えない

 今日は夕方から雨になり、小雨の中でしゃがんで膝を地についてやっと一枚の写真を撮ることが出来た。

 今日は浜松市の次男の家を訪問、

 畑の野菜、白菜、水菜、聖護院大根、ほうれん草、ネギ、人参、をお土産に

 妻が職場でず~と一緒だったKさんの弟さんがやっている浜松のお寿司屋さんへ!

 お昼に美味しいお寿司を次男夫婦と一緒に食べた

 二人のマンションへ寄った

 ナベショーが嫁さんにレシピーを教えた可愛いクッキー、バレンタインデイーの「貴婦人のキス」とアールグレーの紅茶をいただく

 毎朝、NHK TV連続ドラマ 「芋たこなんきん」を見てる

 ドラマでは、食べるシーが多い

 家族が一緒の食卓に着き、食事をする、、

 また夫婦で一緒に飲み,食いする、、

 しかし、その食卓の場こそが、親が子供達、家族一人、一人の心の状態、外で出来事、、

 などの微妙な変化を察知し、感じ取り、悩みを聞き、受け止めていく

 子供たちに、このようにしなさい、、とは決して言わない

 そして、子供達は、食卓での親との交流、対話を通して、外での悩みや困難を乗り越え、自分で決断して次の歩みを始める

 親は子供と友に喜び、悲しみ、後押ししてあげる、

 自分だったら、このような状況に置かれたとき、どのような言葉を子供達にかけてやっただろうか、、と考えてしまう。 

 親として、子供への、言葉のかけ方、、、ほんとに教えられるドラマである

 問題を起した子供に家での家族の食事の絵を描かすと、その子が何ゆえに問題児となったか、絵は正確に語っているそうである

 非常に厳しい環境下にある子供が、明日を生きる力の原動力は家庭における家族の食卓であること、

 このドラマは、いまの社会において家族の食卓がいかに大切であるか、、というメッセージを発しているように思える

 社会の効率、経済性、便利さ、家族の食卓のご馳走さえも、、、お金で何で買える、

 そのしっぺ返し、効率、便利さゆえに失ったもの、、もうその取り返しのつかない負のツケが家庭を襲っているように思えてしまう。

 次男夫婦と、魚の下ろし方、お刺身にするときの皮の剥ぎ方が話題になった。

 半年前、出刃包丁と柳刃の刺身包丁を彼らに贈った。

 先日、金目鯛やハマチの小さいのを買って挑戦したが、上手に料理出来なかったそうだ

 今度は、実際に一緒に料理して手ほどきしなくちゃ、、、

 帰りは、ほんとに雨になった

 途中、公民館によるImg_5256syukusyou_1 Img_5259syukusyou_1

 公民館での作品展が明日なので、妻が古着のリホーム作品を展示会場に届けに行った

 ナベショーの古い浴衣で作った作品の半天を展示する(左側)

 一つの着物からチョッキ、帽子、手提げ袋、、、などになっている作品もあった

 この半天着て、我が家の調理場に立ち、料理を作って、お客さんに食べていただく、、ってえのも良いね~

 他にも、古布で作った吊るし雛の作品が美しくて可愛かったImg_5251syukusyouImg_5260syukusyou  Img_5254syukusyou Img_5255syukusyou_1

 明日も一日雨のようである

 ジャガイモの植え付けしたいが、チョット無理だね~

 今夕の料理 Img_5288syukusyou_1 Img_5290syukusyou_1 Img_5289syukusyou

 赤魚の煮つけ

  白菜と豆腐が美味しい、赤魚は冷凍物の切り身だけど、安くて美味しいので、よく料理に使う

  大根と昆布の煮物

  水菜、、昨日収穫した5株、全部、お漬物に漬けた

 古漬けにならぬうちにどんどん食べよう、、

 広島菜漬けが好きなので、こういうお漬物も大好きであるImg_5282syukusyou_1 Img_5286syukusyou

 最近、連日連夜、モンタの恋人(猫)が玄関にやってきて、切ない声をあげる

 モンタに似てる可愛いノラだよ!

 なんとお行儀が良いこと! 

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 今日は暖かい 畑の仕事! | トップページ | デコポンジュースで鶏肉料理! »

コメント

芋たこ南京はわたしもときどきみています。
田辺聖子の「カモカシリーズ」には、子どもが成長した後からのものしかないようなので(あるのかもしれないが読んでいないので、、)ドラマは知らない世界のことですが、小説の時点からカモカのオッちゃんは私のなりたい男のひとつでした。

投稿: オラケタル | 2007年2月18日 (日) 08時05分

カモカのおっちゃん、、いいですね~!
彼の表情、口数は少ないが時を得た言葉、ユーモア、動じないリンとした毅然だる態度、家族や周囲の人へのやさしさ、、、、
魅力ある理想の男性像です。

投稿: ナベショー | 2007年2月18日 (日) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13945318

この記事へのトラックバック一覧です: 「芋たこなんきん」 家族の食卓:

« 今日は暖かい 畑の仕事! | トップページ | デコポンジュースで鶏肉料理! »