« 大きな飛魚を買ってきた! | トップページ | ダイエットのためのケチ料理 »

2007年2月28日 (水)

蜜蜂は元気に冬越したかな?

Img_5718syukusyou

西洋オダマキ

この花は、ほんとに絵になる!

今日、先日買ったオダマキ、クリスマスローズなどの花を庭に植えた。Img_1544

穏やかな暖かい日和、冬越ししていた蜜蜂の箱の蓋を4ヶ月ぶりに開けた。

朝夕の寒さはなお厳しいので、巣門は1/3に狭めてある

今年は暖冬だったので、過ごしやすかったであろう。

二月の初めから暖かい日の照る午前中は、梅の花、菜の花、ミモザなどに、

かなりの数の蜜蜂が群がってた。

蜜蜂の世話するときは、それなりの準備と装備をするImg_1547 Img_1548

まず、頭から網のついた帽子を被り、しっかりと紐をかけて、顔と頭を保護する

足は靴下でズボンの裾を覆って、足の中に蜂が侵入しないようにする

 ふいごのついた煙を発生させる容器、、新聞紙を丸めて詰めて、火をつける、Img_1546Img_1549 

 最初に、フウフウと風を送って箱の上の周辺にいる蜂達にそ~と静かに煙をあてる。

 蜂は煙が嫌いなので、箱の中に潜り込む

 手は素手、、、、、、

 ゴム手袋をする人もいるが、私の養蜂のA先生は素手で蜂を扱うように指導した

 人にとって普通の扱いが、小さな蜂にとっては致命傷になるような乱暴な扱いである場合もある

 そのとき、蜂は飼い主の手を刺す

 刺した蜂の尾っぽから、針がもげるので、蜂は死ぬ

 命を犠牲にした蜂の痛みを我がこととして感じるために素手で作業をするのである。

 さて、どきどきと胸の動機を覚えながら、コンコンと叩いて作業開始の合図を送ってから、静かに蓋を開けるImg_1538

 両手で巣脾枠を引き上げる両サイド付近に煙をそっと吹きかける

 冬越しのため、6枚の巣脾枠、、給餌箱と新聞紙で覆った枠を詰めて、空間を少なくしてある。

 冬の間、空間が多いと蜂は凍え死ぬ

 僅かな空間の中で、鉢たちは球状に密集して互いに暖まる。

 暖まると外側に移動し、外側の冷えた蜂が暖かい内部に潜り込む、、 互いに暖を取りながら全体の体温の下がるのを防いでいる。

 こうして、秋に満杯に溜め込んだ蜂蜜を食べながら、羽を小刻みに動かし、その運動エネルギーによる体温で巣箱の中を暖かくする

 だから、蜂蜜の貯蔵が少ないと、冬の途中で凍死、全滅 することもあるImg_1539 Img_1543         

 6枚の巣脾枠のうち、両サイドの二枚が貯蜜エリア、中の4枚が女王蜂の産卵、養育エリアである

 だから、女王蜂は中のほうの巣脾枠にいるが、動きが速いのと、働き蜂に囲まれてるので、見つけるのは困難なこともある。

次々と、注意深く、巣脾枠を両手で静かに引き上げて、すばやく両面を観察する

 枠の黄色い部分は、蜂蜜が満杯に詰まって、こぼれないように黄色い蓋がしてある

 昨年の秋に溜めた蜜は食べつくして、この春から採集した梅や菜の花の蜜だろうか?Img_1542_1 Img_1541

 いたいた! 女王蜂が!

 ついつい興奮し、蜂の動きも速く、ピンボケ写真になってしまった

 女王蜂の周りには、召使の働き蜂達が、同心円状にかしずいて世話している

 そして、女王を産卵する場所へ導く

 女王蜂は、生涯たった一回の交尾で、寿命4~5年間に一日1500個程度の卵を産み続ける 冬の間を除いて、、、

 もう、すでに産卵が始まり、卵や成長途中の幼虫が多数詰まってる

 サナギになって、蓋をした孵化寸前のも多数ある

 多くの働き蜂が忙しく花粉や蜜を与えて、養育している 

 昨秋から越冬した働き蜂は、春の花蜜を集め、新たな働き蜂を育てて、その役割を終えて死んでいく。

 春からの新しい働き蜂は花がいっせいに咲く時期なので、働きすぎて寿命約40日である

 40日の生涯、一匹の働き蜂が集める蜜、、1~1.5Gr スプーン1杯である

 さあ~ 今年も蜜蜂達とのお付き合いが再び始まった。Img_1559

 昨年秋、幾たびかのアクシデントに会い、全滅したもう一つの群れの箱を開けて、巣脾枠を洗って日に干した。

 瞬く間に、隣の蜜蜂が群れてきて、残っていた蜜を奪うように獲って行った。

 

 今日のお昼は、飛魚のすり身に牛蒡、人参、大和芋、ネギ、お酒などを練りこんで、Img_5699syukusyou Img_5701syukusyou_3  さつま揚げとつみれ汁   まるで夕食のご馳走だ!

 夕食は妻の義姉から、先日いただいた柚子を使った牡蠣料理Img_5726syukusyou 

 柚子を輪切りにして、中味を取り出し、その中に、牡蠣と西京白味噌を柚子酢と味醂で溶いたのを詰めて、

 上に柚子皮の刻んだのを置いて、オーブントースターで焼く

 もちろん、柚子ごと全部いただく

 柚子の香りと白味噌、牡蠣が調和して、美味しい

 今のシーズンの牡蠣は大きく育ってるので、柚子皮の中に入りきらず、二分したが、12月頃だと、牡蠣も小さいので丁度一個の牡蠣が入るImg_5731syukusyou Img_5728syukusyou                                              

 お酒と醤油で煮たハマグリの身と煮汁、牛蒡と人参、シメジ茸、羅臼昆布出汁での炊き込みご飯

 ニシンのお腹からたっぷり出てきた数の子と白子、、、お酒と醤油、砂糖、生生姜で煮る

 夕食もちょっとご馳走だった!

 ああ、、書き忘れるとこだった、、、、

 今日は昼も夜も妻の料理でござりまするImg_1534 Img_1525

 モンタは、何故に朝のTV体操のとき、テレビの上に飛び上がって寝そべるのだろうか?

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 大きな飛魚を買ってきた! | トップページ | ダイエットのためのケチ料理 »

コメント

柚子の中に牡蠣を入れて西京味噌で調味・・・なんと美味しそう。
焼いている間にもオーブンから食欲をそそる香りが部屋中に漂いそうですね。
早速作ってみましょう。
蜜蜂、春本番ですね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年3月 1日 (木) 09時21分

ばら色さま
この牡蠣と柚子料理は、昔、丹波の田舎から柚子を送ってもらったとき、このような牡蠣料理を京都の料亭で食べたよ、、、という話から、こんなもんなんかな~っとイメージを想像して作ってる料理です。
果たして本物に何処まで似てるか?
柚子を器しにて、中に詰めて調理する料理は、いろいろアレンジできると思います。

投稿: ナベショー | 2007年3月 1日 (木) 10時34分

素手で作業し、命がげの蜂の傷みを知る・・・・
なかなかできることではありません。

ナベショーさんにとっては、蜜蜂も家族の一員なんですね~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年3月 1日 (木) 16時24分

すごい!
観ているだけで鳥肌が…
私は殺虫剤1本でオオスズメバチを3匹退治したことが!

そうそう、この手が華麗に魚を捌くのかぁ。。と見とれましたわ(*^_^*)

投稿: でつ | 2007年3月 1日 (木) 19時10分

マグロ君さま
昨秋に、全滅した群れ、、この可愛い蜜蜂が突然反抗し、手に向かってきて刺すようになったのです。
ナベショーの世話が未熟なため、群れの生存に危機を感じてナーバスになっていたらしい。
子供の問題は、全て親に原因あり、、、、なんですって!

投稿: ナベショー | 2007年3月 1日 (木) 19時44分

でつさま
すごい すごい!
オオスズメバチを退治するなんて!
昔、30年以上前、箕面の勝尾寺で遠足の幼稚園児達を襲った数百匹のスズメバチ、、園長先生が蜂の群れの前で仁王立ち、身代わりになって刺されて亡くなった事件がありました。
特異体質の人は一回目に刺された時は大丈夫ですが、二回目に刺される時は抗体が出来ていて、過剰反応で死亡する人もいるのでご注意!
魚を鮮やかに捌く手、、、普通のじいじいの手でした!

投稿: ナベショー | 2007年3月 1日 (木) 19時54分

 この柚子釜、本当に美味しそうです。牡蠣のサイズによっては半分に切らなければ柚子釜に入らないとのこと、ということは、本柚では無くて小さめの花柚でしょうか。皮の表面は滑らかなのでやっぱり本柚に見えますが。それにしても半分に切らないと入らない牡蠣なんて、巨大サイズ?でしょうね。 私の柚子の木にも、早く柚子が実ってほしいものです。

投稿: はなあかり | 2007年3月 2日 (金) 02時56分

はなあかりさま
そのとおりです。
これは大きい本柚子ではなく、小さい花柚子です。
大きい本柚子だと、大きすぎてオーブンで内部まで火が通らないのです。
これから3月末までの牡蠣は大きく太って巨大サイズ、いちばん美味しいときです。
牡蠣フライなんかにすると最高ですよ。
私も庭に本柚子を数年前に植えましたが、昨年始めて花が一個咲きました。
実が生るのは、まだまだ先ですね。

投稿: ナベショー | 2007年3月 2日 (金) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな飛魚を買ってきた! | トップページ | ダイエットのためのケチ料理 »