« ロングウオーキング(1) 平家落ち武者の里、青羽根集落を越えて | トップページ | フキノトウ入りラーメンと台ヌキカツ丼 »

2007年2月 3日 (土)

ロングウオーキング(2)ダイラボッチの伝説 ビク石から帰途へ

Img_4722syukuysou 紅梅

 梅は、このような木全体を離れてみるのが美しいね。

 さて、青羽根集落を越えて、ビク石へ向かって歩くウオーキング

 眼下の瀬戸川沿いの景色、対岸の高根山、広大な茶園、、飽くことなく満足させてくれる

 よく整備された自動車道路にも関わらず、人一人、車一台も出会わない。

 Img_4696syukuysou_2 Img_4700syukusyou_3 Img_4704syukusyou

 市民の森には、昆虫の池などもあり、よく整備されている

 さらに、どんどん歩いて「ビク石」山頂に着いた

 この山頂には巨大な石がごろごろと露出している。

 「ダイラボッチ」という巨人の民話、伝説を知っていますか?

 巨人ダイラボッチはお腹が空いて、村に食べ物を探しにやってきた

 村人が困って神様にお願いしたら、神様はダイラボッチに村人を驚かした罰をお与えになった。

 それは、西国から石を運んで東国の高い山をつくる仕事である。

 ダイラボッチは縄で編んだ籠(ビク)に石を入れて運ぶ途中に一休み、そこで石をこぼしてしまった。

 こぼした石が、このビク石山の石である

 朝比奈川の対岸にある山の頂に、大きな広い窪地がある

 それはダイラボウと呼ばれている

 ダイラボッチの足跡である。

 西国の土や石を掘った後の穴に水が貯まって琵琶湖となり、

 運んで作った東国の高い山は富士山となる。

 この藤枝市のビク石は、ビクで運んだ石なので、ビク石、、、なのである。

 このようなダイラボッチに関わるよく似た民話は、日本各地にあるそうです。

 さて、このビク石から麓の上大沢へ14時30分に下山した。 (歩数 38791)Img_4714syukusyou_1 Img_4721syukusyou

 ところどころ、人の住まぬ廃屋が目立つ

 どんどん、歩いて下大沢に15時着

(歩数 41029)

 さらに、バスの通る県道を歩き、自宅に着いたのは16時30分 歩数 49703 であった。

 さすがに、最後の一時間半かかって8000歩、、、痛い足を引きずる様な思いで、もう直ぐ、もう直ぐと言い聞かせながら重い足を引きづった。Img_1416_1 Img_1417 Img_1419

 自宅について、ほっとして、風呂に入ってシャワーして、、、

 そうだ,! 歩数計の写真撮っておかなくっちゃ!

  歩行時間 7時~16時30分  9時間半

  歩数    49717

  距離    39.77Km

  消費カロリー    2000 Kcal

  消費重量      128  Gr   たった128Gr !!!

  約40Km ちょっときつかったかな~

  夕飯は冷蔵庫の残り材料でImg_1423 Img_1421 しめ鯖寿司 それに野菜、根菜の煮ごみ汁       

Img_1391 当日は足が痛くて、引きずってたが、翌朝は完全に回復

 普通の歩行はOK

 浜松から富山糸魚川までの本州 大地構帯横断の実行のため、そろそろ足を慣らしておかねばならない

 久々のロングウオーキングだったが、この十数年、まだ足は衰えてはいないことがわかった。

 モンタは連れて行かないよ!

 エッ! 今日は節分?

 どうもナベショーは、こういう行事や習慣に疎いというか、どうでもよくって、というわけでもないが、、、

 結婚記念日も忘れるし、4人の子供の誕生日、いまだにちゃんと覚えて間違いなく言えないし、、

 いったい、、どういう父親だ!

 いや、単に頭が悪いというだけで、、

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ロングウオーキング(1) 平家落ち武者の里、青羽根集落を越えて | トップページ | フキノトウ入りラーメンと台ヌキカツ丼 »

コメント

 39.77kmは凄いです。約10里ですから、昔の旅人もナベショー様の健脚振りには舌を巻くでしょうね。
 私が今でも行きたいと思い出す場所に大日峠から勘行峰辺りにかけてのルートがあります。いつも安倍川沿いに車を走らせ、途中から井川方面への山越えルートに左折。確か大日峠?に差し掛かり、そこを降りれば井川ダムに通じますが、私は尾根伝いに右方向に向かいました。きっといらしたことはおありと思いますが。眼下には井川湖、遠景は南アルプス、絶景です。林の中も歩き回りました。でもいくらナベショー様でも藤枝から徒歩では無理ですから、くれぐれも。

投稿: はなあかり | 2007年2月 5日 (月) 00時30分

おはようございます
すごい!!
すご過ぎます。
妹の高校では40キロ強歩がありましたが、自転車で登校するも下校時自転車に乗る気力もなく、押して歩くのがやっと、といった光景でした。(という私も妹を車で迎えに行かされたのですが)
やはり、ナベショーさんは健脚ですねぇ。。。
今日は直った炊飯器を取りに梅田まで。
うーん、重たい(^^ゞ

投稿: でつ | 2007年2月 5日 (月) 05時45分

はなあかりさま
わたしも安倍川沿い梅が島線を左に折れて井川方面にいくコースはよく走ります。
登りきった富士見峠、大日峠から右に折れると勘行峰、県民の森、さらに歩くと2000mの山伏岳、、眼下に井川湖、眼前に大無間岳と雪で真っ白な南アルプス、、静岡方面は雪で輝く身延山地のなだらかな尾根、誰もが感動する景色ですね。
自宅から岡部の朝比奈川を上り、さらに峠を越えて藁科川の上流に出て、富沢から大間経由で大日峠、下って井川湖に到るルート、一泊二日で民宿利用で歩きたいと思っています。
来週あたり、、歩いてみようかな!

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 09時16分

でつさま
毎年、11月にある神戸六甲山全山縦走大会って知ってますか?
早朝、須磨浦公園を出発して菊水山、麻耶山、六甲山、JR宝塚駅に到る
全長56Km、登り高さ3000m、、、、数万人が参加し、完走を目指す、、、関西の多くのウオーカーの目標なんですね。
ナベショーは10年前、参加しまして、夜7時頃宝塚、何とか完歩しましたが、後一週間足が痛くて引きずりました。
もう二度とこのコースは歩きたくない、、、、
やはり、カメラもって撮影しながら、道草しながら歩くのが一番です。

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 09時30分

こんにちは,
藤枝ってこんなところなんだ...と毎日目から鱗が落ちています.
18年も住んでいたのに,
びく石も遠足などで何度か行ったのに,
知らないことばかり~(@@;)
実家は駅南の田沼なので,山の方は遠足とか竹の子掘りしか
行ったことがありません.
あとは子供が生まれてからびく石牧場,グラススキー場に行ったくらい…
きのうNHK大河の最後に花倉城が出ましたね.
ナベショーさまのブログで読んだお話を
知ったかぶって家族に話したら素直に感心されてしまったので,
「いや~ナベショーさんのブログで読んだんだけどね」と
白状しました…

投稿: みんつ | 2007年2月 5日 (月) 13時31分

約5万歩・・・想像すら出来ません。
1里(4km)歩いても「もう死ぬ、タクシー!」ってへばってるのですもの。
でも、それだけ歩いて消費カロリー128kcal?。
痩せたくて歩いてもそれは大変なことなのね。
最近ちょっと目方が増えそうな気配なので要注意です。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月 5日 (月) 13時53分

PS・ごめんなさい。
消費カロリーは2000kcalでした。
私の約一日分(私はもうちょっと多いかな?)です。
でも、ナベショ-様の1/10も歩けません。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月 5日 (月) 14時00分

ダイラボッチ・・・聞き覚えはありましたが・・・、
すっきり!今日も勉強になりました!

これからも色々教えてください!

鯖お好きですね!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年2月 5日 (月) 14時47分

みんつさま
車で走るのではなく、歩いてみると、今まで知らなかったいろんな史跡や美しいところをいっぱい発見できます。
花倉城や今川家ゆかりのお寺などは、最近知って調べたところです。
まさか、勉強仕立てのほやほやをブログに書いた直後に、NHK大河ドラマでやろうとは、驚きでした。
花倉の乱のこと、最後まで知ったかぶりしてたら良かったのに、、、
よく知ってるね~?
藤枝に18年も住んでたんだもの、当然よ~!  って。

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 17時23分

ばら色さま
2000Kcal、、一日絶食したのと同じか、、、、
昨年 毎食カロリー計算して1400~1500Kcalにコントロールして、10000万歩歩いたら、一週間に1Kgずつダイエットできました。
ばら色様 2000Kcalはチョット多いような気がしますが、、、
慣れてくると、長距離歩けるようになりますよ。

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 17時33分

マグロ君さま
日本昔ばなしに出てくる巨人のお話、、、マグロ君さまも、子供の頃に絵本で読まれたのでは、、、
鯖、、先日安かったのを数本買って、しめ鯖にしてあったので、、、

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 17時41分

この大男の名前は、地方により「ダイダラボッチ」「ダイラボッチ」「ダイラボウ」などと呼ばれているようです。
いづれにしろ、よく似た地名、よく似た名前のよく似た民話が日本全国にあるのは興味深いですね。

投稿: ナベショー | 2007年2月 5日 (月) 21時48分

ダイラボッチの足の大きさからするとどのくらいの背丈になるんでしょうね。文数に直すとどんな草鞋が必要なんだろうと思ったことがあります。
近年、すぐ側まで道路を延ばし、木を切り倒して味わいがなくなりました。

投稿: オラケタル | 2007年2月 6日 (火) 15時29分

オラケタルさま
足跡の長さは、少なくとも100mくらいありましたから、25センチの足で170センチの背丈として換算すると680mの身長になりますね~
ならば、ビク石の山に腰掛けて一休み、、というのもわかりますね。
ほんとに、静岡の山道はいたるところで林道により寸断され残念です。

投稿: ナベショー | 2007年2月 6日 (火) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13789077

この記事へのトラックバック一覧です: ロングウオーキング(2)ダイラボッチの伝説 ビク石から帰途へ:

« ロングウオーキング(1) 平家落ち武者の里、青羽根集落を越えて | トップページ | フキノトウ入りラーメンと台ヌキカツ丼 »