« ウオーキングの勧め(1) 手ぶらじゃ帰らぬ | トップページ | 菜の花と蛍烏賊の酢味噌和え »

2007年2月10日 (土)

フキノトウの料理

Img_4967syukusyou_1 この黄色い花木は何でしたっけ?

ハワイの娘が、庭に植えていった、、

雑木林の里山風庭園に似つかわしくないというナベショーを無視して、、、

 その周辺だけはイングリッシュガーデン風の庭にして、この木を植えていった

 まあ大きくなって、それなりに周囲と調和して、様になってきた

 黄色いこぼれるような花が美しい!

 ミツバチの箱の近く、、蜂の蜜源になるだろう

 家の近く、何時ものウオーキングコースImg_4978syukusyou Img_4975syukjusyou Img_4977syukusyou Img_4979syukusyou

 山すその細い道、古い農家が点在する

 梅ノ木や蜜柑の大きな木を見るのが楽しい

 昔の兎追いしかの山、小鮒釣りし,かの川、、、、

金色のうろこのカワバタモロコの生息地として小川そのものが保存されて、昔の面影を残すImg_4985syukusyou Img_4992

 昔、ナベショーの家を建てる前、敷地はこのような小川のほとりであった

 庭から魚釣りが出来るぞ、、と期待した

 でも、大雨が降ると、氾濫して、床上浸水するような湿地帯

 その後、小川は深く掘り下げられて、整備され、氾濫はなくなったが、これでいいのだろうか?

 僅かに数百mほどの小川がそのまま保存され。カワバタモロコ、鮒,鯉、なまず、雷魚など、多くの川魚が生息する。

 昨日、採って来たフキノトウの料理Img_4995syukusyou_1                      

 単なる天婦羅では芸がない

 フキノトウとスルメ烏賊、百合根のかき揚げ

 スルメ烏賊は油の中で爆ぜないように皮を取り、年寄りが食べやすいように小さくきった

 百合根も薄い輪片を外す、、

 フキノトウは小さく刻んだ

 卵、小麦粉、氷水をかき回さぬように溶いて、材料を混ぜ、お玉しゃくしですくって、油の中に入れて、じっくりと揚げる

 鰹、羅臼昆布出汁の汁で食べた

 百合根の甘さ、フキノトウの香りとほろ苦さ、烏賊とが調和して、上品で美味しいかき揚げ天婦羅であった!

 百合根とフキノトウに、烏賊、貝柱、海老、、などを組み合わせるといいのではないか!

 ほんとに美味しいよ!Img_5004syukusyou Img_4998syukusyou

 大阪風お好み焼きに刻みネギの代わりに刻んだフキノトウをたっぷり!

 これは美味しい!

 めっちゃ旨い!

 フキノトウがない季節なら、フキの葉っぱを刻んで入れてもいいな~

 フキノトウを入れた八丁味噌タレ、、ふろふき大根も美味しいよ!

 NHK TV で団塊の世代 特集やってたな~

 労働人口が減るから、70歳まで働かせる?

 たくさんの税金、年金保険料を払って来たんだ  60歳定年まで働きゃ 十分だよ!

 人、それぞれなんだから、、、、まだ元気な60~70歳までに、人生楽しまなきゃ、何時楽しむ、、、Img_5007syukusyou

 毎日、ごろごろして遊んでるのは、モンタもナベショーも同じか!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ウオーキングの勧め(1) 手ぶらじゃ帰らぬ | トップページ | 菜の花と蛍烏賊の酢味噌和え »

コメント

ミモザかな?
ギンレイアカシア?(和名)
和名はうるおぼえですが・・・
ミモザは大好きな花ですm(__)m
ころころの黄色の花房がつく・・・

投稿: ふうか | 2007年2月10日 (土) 21時58分

ミモダですか??
それにしても今の時期にもう咲いているんですかねェ??
 山茶花の花に「メジロ」が早朝からやってきます。1ヶ月早い季節の訪れですね。
 ふきのとう・・丹波の里にも沢山上がりはじめました。
少し重曹を入れて茹で水にさらし細かく刻んで醤油・味醂・酒・味噌でじっくり煮あげると美味しいです。熱々ご飯に乗っけて!!
一度お試しあれ!!

投稿: sakura | 2007年2月10日 (土) 22時11分

ふうかさま、sakuraさま
ミモザ、、この頃、覚えていたはずの花の名前が思い出せず、図鑑で、ネットで、といっても名前がわからないと検索出来ないし、、、ついつい皆様に教えてもらう羽目になり、ありがとうございます。
数日前、昨日まで、まだ蕾だったのに、今日、ついに木全体が開花しました。
嬉しくて、さっそく写真に撮ってアップしました。
我が庭は、梅、水仙、菜の花、椿しか咲いてないのです。
少しずつ賑やかになってきます。
フキノトウ、、、こんど山からたくさん採ってきます。

投稿: ナベショー | 2007年2月10日 (土) 22時36分

皆さま
ココログフリーが大量の集中スカム問題のため、皆さまのブログへコメントを差し上げようと試みていますが、困難のようです。
早く解決すればと思いますが、ナベショーの力ではどうしょうもありません。
皆さまはいかがですか?

投稿: ナベショー | 2007年2月10日 (土) 23時26分

 ミモザ(Acacia)は、何種類かこちらにもありますが、私はこの種類が一番好きです。こちらでは冬の間は温室やサンルームでの管理が安心です。ナベショー様のところではお庭で咲いているなんて、やはり温暖な場所なのですね。
 10年ほど前に県立美術館(静岡)の駐車場の崖下斜面に、黄色い花の咲いているかなりのサイズの木があり、どなたかがミモザだといっておりました。早春に咲く黄色い花は、やはりミモザだったのだとおもいます。
 南フランスはミモザで有名です。ミモザ祭りのようなものもあるようですよ。ナベショー様、南仏風コーナーもエンジョイなさってください。

投稿: はなあかり | 2007年2月11日 (日) 01時17分

こんばんは。

昨日、電車の中で読んだ本に「生態系の時間」という項目がありました。日本の川の護岸工事も長期視点で見直されて元の姿に復元される。人間にとっては困難が発生するが、自然の理にかなっている、ドイツ等では実行され始めているようですが、日本ではどうなるのでしょうか?

小川の写真でふと思い出しました。

投稿: ぞう | 2007年2月11日 (日) 02時26分

ミモザ、近所の公園に大木があります。
いまから花を観に行ってきますね。
綺麗に咲いていたら、写真撮って来ます。
ピントがずれなきゃいいなぁ(いつも、ボケた写真ばかりだから)。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月11日 (日) 09時23分

はなあかりさま
ミモザってそんなによく知られた花だったのですね。
ミモザの周りは南フランス風のコーナーに!
冬から早春に咲く花って、黄色い色が多いと思います。
蝋梅、ミモザ、マンサク、トサミズキ、、、

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 09時29分

ぞうさま
子供の頃は雨が降って増水すると、小川の網を仕掛けて鮒を獲り、手で魚をつかみ、石の間に潜んで顔だけ出してる鰻を釣り、、、、
自然災害が起こらないような形で、川を昔のように戻せたらいいですね。

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 09時36分

ばら色さま
静岡の我が家は昨日に咲き始めました。
東京もきっと咲き始めてますよ!
ピントはカメラが自動的にあわせてくれるんだけどねえ、、、
深呼吸して息をしづかに吐き出しながら、最後のほうでしづかにシャッターを押す、、、

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 09時39分

ミモザの花、期待してデジカメの他、携帯(念のために写して置くと、こっちの方がマシなことが多々あるの)も持って、勇んで・・・。
残念、ここの花はまだでした。
蕾も「あと半月は咲きません」って感じに、頑固に莟んだまま。
通りがかりのご夫婦も「今月末でしょうね、いつも梅と桜の端境に咲きますよ」とのこと。
公園の、やっと盛りになってきた梅が終わる頃、また行って見ます。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月11日 (日) 14時32分

Acaciaはオーストラリアの国花で現地ではWattle treeと呼ばれています。
日本人駐在員はこの花粉症にやられる人が多かった。ボクもワトルの花粉症で、ことし我が家のデカいアカシアが枯れてしまい、がっかりするやら、ホッとするやら・・。

投稿: Alex | 2007年2月11日 (日) 15時38分

こんにちは
ミモザ…ですね、私もそう思いました。
ミモザサラダあぁ、食べたい。

投稿: でつ | 2007年2月11日 (日) 17時50分

ばら色さま
開花まで後半月、、残念でしたね。
やはり、静岡は暖かいのですね~

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 19時00分

Alexさま
オーストラリア原産、イギリスへは南フランスから移った、、、
皆さまから、ずいぶんと教えていただきました。
有名な花なんですね。
ナベショー何にも知らなかった、、、
私も30年来の花粉アレルギー、やばいかな?

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 19時09分

でつさま
ミモザ、、みんな知ってて知らなかったのはナベショー一人
お恥ずかしい!
当然だよね!
花、ガーデニングに詳しい方ばかりなんだから、、、
ところで、ミモザサラダ???
ええ、この花 食べられるのですか?
ああ、、また恥ずかしい!!!

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 19時13分

ミモザサラダ。
茹で卵(特に黄身部)を微塵切り、もしくは笊で裏漉し。
ポテトや野菜、そんなサラダにトッピング。
見た目がミモザの花のよう・・・よく作ります。
ホウレン草のお浸しに、卵黄の笊濾し・・・オカカをトッピングするより美味しくて美しい。
ミモザサラダ、ならぬミモザホウレン草浸し(?)をお験し下さい。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月11日 (日) 20時09分

ばら色さま
ああ、、、やっぱり!
聞くのじゃなかったよ  トホホ!

投稿: ナベショー | 2007年2月11日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13860547

この記事へのトラックバック一覧です: フキノトウの料理:

« ウオーキングの勧め(1) 手ぶらじゃ帰らぬ | トップページ | 菜の花と蛍烏賊の酢味噌和え »