« 今川家の軍師雪斎と花倉の乱 | トップページ | ロングウオーキング(2)ダイラボッチの伝説 ビク石から帰途へ »

2007年2月 3日 (土)

ロングウオーキング(1) 平家落ち武者の里、青羽根集落を越えて

Img_4683syukusyou アオキ(青木)

 庭の隅、日陰にアオキが植えられていることが多い

 年中、緑の葉、緑の茎、青々して、冬には赤い実をつける

 葉は白い紋の入った品種もある

 この写真は山を歩いてるときに見つけた

 あまりの美しさ、やさしい色、やさしいおっぱいのような形、、、、真っ赤になった実よりも、これくらいの色のほうがいいね!

 妻が、明日はカウンセリング講座の最終回で終わった後にお茶会だから遅くなるよ、、と。

 それではと、おにぎり2個と蜜柑4個、お茶を持って、一番の冷え込んだ朝、7時に出発した。

 ロングロングウオーキングである。

Img_4579syukusyou 今年、一番の冷え込み、野道の草は霜で真っ白! 

 一時間後 8:02の歩数  6357歩 

 一歩の距離は80センチ したがって 5Km/hrs の速度

 このペースで歩くことにする

 時々、車で走る道、朝比奈川に沿って国道を遡り、青羽根の峠

を越えて、瀬戸谷に出る予定である。Img_4588syukusyou Img_4592syukusyou Img_4602syukusyou

 村良という地名、、、よく見ると ムララ と読ます

 なんとやさしい地名! その隣の町は兎島(ウサギシマ)、もし一つ隣は桂島、、、良い名前だな!

 第二東名道路の工事もかなり進んで、平行する片側下り線の建設に入っている。

 なんというしゃれたバス停、これは凄いね!

2時間歩いて、9:00には竹のロケットを打ち上げる朝比奈龍勢櫓と玉露の里に着いた。(歩数 12441)Img_4604syukusyou Img_4610syukusyou

 左側は模型のミニチュア

 右が本物の櫓

 まだ、ロケットの打ち上げは見たことない

 TVで毎年やってるが、長い竹竿の先の火薬から白煙上げて、大空たかく龍の如く昇っていく

 昔、戦国時代ののろしが、豊作を願う行事に変わったという。

 Img_4615syukusyou_1 Img_4624syukusyou_1            

 この岡部町は宇治と並んで日本の有数の玉露生産地である。 

 ここには 玉露の里 という観光施設があり、美しい日本庭園のある瓢月亭と言う茶室でお茶をいただくことができる(写真をクリックしてアップで御覧ください)

 玉露は煎茶と異なり、長く伸びた枝から伸びた柔らかい茶葉に筵などかけて日光を遮断する栽培法である

 葉の中に旨さの成分、テアニンというアミノ酸が増加する

 どんどん歩き11時には青羽根という高い山の中腹にある集落に着いた(歩数 Img_4645syukusyou 23464)Img_4659

 ここは富士川の合戦で敗れた平家の落ち武者のすむ集落である

 この大きな石の横の穴には10人くらいが隠れ潜むことが出来る

 追っ手から逃れて平家の落ち武者が隠れた穴というImg_4653syukusyou Img_4655syukusyou     ここに住み着いた落ち武者達の子孫は、そのの後も結束強く、現在も集落を維持している

 大井神社には、その由来と大きな杉の木があった。

 やがて、山頂へのハイキングコース、富士山の展望が開けて美しいImg_4665syukusyou Img_4669syukusyou           

 山頂は広場になっていて、春には一面ワラビが生える

 ここで昼食をとった

 12:00

 歩数 25849

 ここからは下り道、広大な茶園の中の農道を歩くImg_4675syukuysou Img_4680syukusyou  眼下には一之瀬の集落が一望できるImg_4692syukuysou

 Img_4679syukuysou 一之瀬へ下って、瀬戸川にそって県道を歩くよりは、山の尾根道を、瀬戸川の対岸にある高根山の展望も美しい。

下らずに、尾根道をビク石、市民の森へ歩いくことにした。

 時間は、なお12時半ころである(続き)

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

|

« 今川家の軍師雪斎と花倉の乱 | トップページ | ロングウオーキング(2)ダイラボッチの伝説 ビク石から帰途へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13785680

この記事へのトラックバック一覧です: ロングウオーキング(1) 平家落ち武者の里、青羽根集落を越えて:

« 今川家の軍師雪斎と花倉の乱 | トップページ | ロングウオーキング(2)ダイラボッチの伝説 ビク石から帰途へ »