« 花粉症には「べにふうき」 | トップページ | デコポンジュースを作った »

2007年2月13日 (火)

超安価な料理 「トンコマキャベツ」

Img_5122syukusyou_1 パンジーとビオラ、、、二つの花の違いを知らなかった、、、

 しかし、パンジーが大きくて、ビオラが小さい花であった 

 ビオラのほうが、小さいけれど、ピシっと咲いて、花の種類もたくさんある

 いづれも、よく眺めればユウモアのある顔をしている

 パンジーは花が大きいだけに花びらが乱れてしまいやすい

 さて、これはどちらだったっけ?

 最近、パンジーやビオラなどスミレの仲間の花が、全国的に花壇やプランタンで栽培されるようになり、スミレの葉を食草とする蝶「ツマグロヒョウモン」が全国的に観察されるようになった。Img_8644syukusyou_1

 もともと、東南アジア原産の蝶で、日本では関西以西に昔から見られた蝶であった。(ナベショーの子供の頃から、、)

 最近、関東地方でも見られるようになったのは、地球温暖化の影響であると権威者達は仰ってるが、ナベショーはそのようには思わない。

 最近の園芸、ガーデニングブームのため、スミレ科のパンジーやビオラが全国的に庭先や花壇で多く栽培されるようになったからである、、、、、っというのがナベショー説である。

 なんでもかんでも地球温暖化で説明する大学の先生、、、ちょっと安易過ぎるのはありませんか?

 庭やベランダに植えてるパンジーやビオラ、、、小さな虫がその葉を食べてたら、育てて見てください。

 成長して大きくなり、やがてサナギになって、美しい蝶に孵化しますよ!

 「魚柄の料理帖 人生楽しく食べること」(光文社文庫 魚柄仁之助 著)という本がある。

 その本の冒頭に紹介されてるのが「トンコマキャベツ」、、、若さゆえまずしく、、という副題までついている

 魚柄氏が20歳代の時、貧しい生活の中で、100Gr 50円の豚コマ切れ肉とキャベツでよく作った美味しい料理

 本の冒頭に書くというのは、やはり特別の思い入れのある料理なのであろう

 超安い材料で美味しい料理なら、ナベショーも負けないよ!

 これは何としても再現して、その美味しさを検証しなくてはならない。

 豚コマ切れ肉 100Gr 少々塩を振って、よく揉んで、お酒お玉1/2加えて、よく絡めておく。

 中華鍋にサラダオイルを少々入れて、ニンニクを刻んでよく炒める

 キャベツを適当にざく切りして加えてよく炒めて、しんなりさせて火を弱める

 先の酒で絡めた豚コマ切れ肉に片栗粉をテイースプーン山盛り一杯を振りかけて、

 全体をよく混ぜて、どろどろになったら、キャベツの上に、ほぐしながら並べて、お酒お玉1/2をかけて、

 中火にして中華鍋に蓋をする。Img_5098syukusyou

 30秒で蓋を取り、フライパン返しで上下逆にして弱火で、時々焦げないように底を動かし、水分とアルコール分が抜けてきたら醤油を少々振りかけて出来上がり

 ラー油と七味唐辛子をかけていただく、、

 酢やポン酢でいただく人もいる

 実はこの料理、キャベツがとっても甘くて美味しくて、豚コマよりも人気がある

 著者の魚柄氏と同居人が若き頃に、やみつきになるほどトンコマキャベツを食べたのも、よく理解できるよ!

 ナベショー家もやみつきになりそう、、、、キャベツはたくさん畑にあるし、

 先日、山で拾ってきた蜜柑(デコポン)が美味しくて、美味しくて、、、Img_1448syukusyou

 今日、再び、今度は4駆のRAV4で蜜柑山の斜面を登る

 斜面に転がしてあるのを、たくさん拾った。

 なるほど、形がいびつだったり、小さかったり、、、農協へ出荷できない半端品である

 どうするのよ!

 こんなにたくさん、、食べきれると思うの?

 捨ててあった蜜柑なんて、人様におすそ分けなんて出来ないよ!

 どうせ山の畑で腐らせるか、家で腐らせるかの違いだけど、、、、、、、と妻は言う

 ナベショー一人で意地ででも食べ尽くしてやるから、、、、、、、

 今夕の料理(妻の作品)

 牛のサーロインステーキ肉が特売で信じられないほど安かったと得意そうに、、、Img_5146syukusyou

 玉ネギはなく、ビーフシチュウのルーも一個(欠片)しかなかったので、小麦粉を加え、ブイヨンを加え、ニンニクやいろいろ加え、、、キャベツと白菜がたくさん入ったビーフシチュウ風

 牛肉は塩胡椒でレア気味にプライパンで焼いて、ご飯の上に載せて、ビーフシチュウ風を上からかけた。

 おお! これは美味しい! 

 ご飯の上に豚カツ置いてカレーをかけるのをカツカレーだから、牛ステーキシチュウだな!

 ステーキは食べやすいように切ってのせるほうが良かった。Img_5149syukusyou

 リビングルームの中を伺うモンタ!

 ボクも部屋の中に入れて欲しいよう~

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 花粉症には「べにふうき」 | トップページ | デコポンジュースを作った »

コメント

みかんを一度に沢山食べるのは大変ですが、ジュースにしちゃえばアッというまに飲んじゃいますヨ!

野や山になんでもあるものですね^^

投稿: なぎさ | 2007年2月13日 (火) 23時26分

こんばんは^^
あ~デコポン(^0^*
美味しいですよね^^
ココ何年か食べてない・・・
名前を知ったときは面白くて連呼してました(* ̄m ̄) ププッ
遠い昔ですが・・・

投稿: あむせ | 2007年2月14日 (水) 00時10分

 豚コマ、懐かしい響きです。高校から、従妹と一緒に下宿住まい、二年目からは二人で自炊というわけで、どれだけこの豚コマのお世話になったかしれません。
 お店のおじさんから、細切れは骨にくっついているお肉をこそげ落としたりしているので、本当は一番美味しいところですよなどといわれ、ひとつまみおまけしてくださったこともしばしば。
 もちろんその後の学生時代もです。野菜炒め、しょうが焼き、焼きうどん、焼きそば、なんとカレーにも豚コマ、安くて美味しいスピード料理に豚コマは欠かせませんでした。
 ところでナベショーさま、鯨のベーコンって召し上がったことお有りですか。私はあれのお世話にもなりました。

投稿: はなあかり | 2007年2月14日 (水) 05時32分

いいな、いいな、いいなぁ~デコポン
写真はパンジーかな?
最近は品種改良が進んで、小ぶりのパンジーも増えて、しかも花持ちもよいタイプと子どもが手をパーにしたくらいある大輪のものといろいろですね。
ツマグロヒョウモン、私には敵です。
あとはなめくじ。。。
蛾…トゲトゲ真っ黒の毛虫が…

投稿: でつ | 2007年2月14日 (水) 06時43分

なぎささま
今日は朝から冷たい雨、、
家でおとなしくデコポンジュース作りをやってみます。
野山に何でもあるものですね~

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 09時28分

あむせさま
デコポン 形も名前も面白いですが、お味のほうもとっても美味しいですね
チョット適度の酸味もあって丁度良い、と思うのは私だけで、妻は酸っぱいと顔をしかめます。
でもスーパーの並んでるのは、結構高いですね。

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 09時32分

はなあかりさま
高校のときから下宿、自炊生活、大学の時も自炊、よくやられましたね。
でも、料理がお好きなのは、その体験があったからでしょう。
鯨のベーコン、、、大好きでしたが、今や超高級食材、チョット手が出ません。
鯨の白い皮のところも美味しいですね。
学生時代、鯨はよく買ってステーキにしたり、味醂、醤油、生姜に漬けて小麦粉まぶして、フライパンで油で焼いて食べました。
鯨も今や高くなりました、、
豚コマ、鯨、鯖の水煮缶詰、ニシン、アジ、安くて美味しく、よくお世話になりました。

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 09時41分

でつさま
パンジーもビオラもほんとうにたくさんの種類がありますね。
でつさまのアルバムみて感心しています。
ツマグロヒョウモン、、、可愛いけどな~
ナメクジと蛾、毛虫、ムカデは大嫌い!

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 09時45分

デコポン美味しいですよね~
マグロ家にもいっぱいあります。
和歌山の叔母が贈ってくれました~!

また、ジャムとか?考えてらっしゃるんじゃ?
楽しみにしてます~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年2月14日 (水) 13時52分

マグロ君さま
和歌山の叔母さんから送ってくる、、いいですね!
この大きな箱一杯のデコポン 朝から眺めながら、思案中、、、、、、
毎日食べるとしても、一日3個~5個が限界、、妻は酸っぱいから要らないという、、、
拾ったもの、人様にはあげられん、、と言うし、、、
料理にはボク以上に酸っぱいポン酢かけるくせに理解に苦しむことを言う、、、
このまま座して待つならば、早かれ遅かれ、次々と腐っていくであろう!

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 14時11分

なつかしい、魚柄氏のお名前が・・・(ウオッカとジン、だそうです)
昔、NGOの資金集めで彼を講師に招き”、モッタイナイを取り戻そう”という講演会を企画したことを思い出しました。
公会堂を借りて、当日はたくさんの方にお越し頂き、皆様、涙を流して大笑いで、大盛況な一日でしたが、打合わせを経て当日に至るまで、魚柄氏の気難かしさには、かなり、参りました!、m(_ _)m

投稿: こつ | 2007年2月14日 (水) 15時42分

デコポン拾うた品にしては美しく美味しそうですネ酸い時は蜂蜜入れたら如何ですか(ジュースにして)ナベショーさんならジャムも出来るかも、一人楽しく想像してしまいました。

投稿: 咲子 | 2007年2月14日 (水) 15時59分

こつさま
魚柄(ウオッカ)氏、の気難しさ、、、本を読むと、想像できます。
自信家で、拘りが強く、自分の考えを曲げないし、喋り出したら人の言葉を聴かない、、、でも話しはとっても楽しい! って感じですね。
お世話係り、ご苦労さまでした。

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 18時02分

咲子さま
輪切りにして、庭の餌台において、憎っくきヒヨトリの餌にするにはもったいない!
さあ、ジュースにしようか、ジャムにしようか、

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 18時49分

ジュース、ジャム、シャーベット・・・ナベショー様の知恵と腕にかかれば、何のこれしきのデコポンでしょう。

それにしても、キャベツを潰した、大根を放棄した、デコポンも(?)なんて聞いたって、何処を歩いたら捨ててあるのやら。
都会はお金がかかることばかり。

ところで、ナベショー様が奥様のお料理を紹介なさる言葉の優しさに気付きました。
ご自分も料理される方は、作業の細かさに気持ちが届き、あったかい眼差しで、ちゃんと評価されるのですね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2007年2月14日 (水) 19時47分

ばら色さま
やはり水のあるところでないと魚は釣れないし、畑のあるところでないと野菜はない、、、
今は白菜や大根がたくさんほったらかしになってる畑が多いですよ。
東京の都内じゃ無理でしょうが、、、
ナベショーは不便でもお金のかからない田舎の生活をチョイスしました。

投稿: ナベショー | 2007年2月14日 (水) 22時55分

ナベショーさま、
魚柄氏には、何度もダメ出しをくらって、もう半べそでした・・・、
けれど、教育の荒廃したカンボジアに、寺子屋を作るべく奮闘していらしたひとりNGOの方の支援、また、そこの子供達の自立支援(鶏卵を売って、学費の足しにできるように鶏を寄付します、)の為に入場料を使う旨に、深いご理解を頂き、講演料は、幾らでも良い、と言ってくださいました・・・・・、今にして思うと、いろいろなことを教えて頂きました・・・有難かったです・・・m(_ _)m

投稿: こつ | 2007年2月15日 (木) 16時39分

こつさま
とても厳しい方のようですが、根はとっても優しい方のよう、、、
こつ様もいろんな活動に参加されてこられたのですね

投稿: ナベショー | 2007年2月15日 (木) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/13896619

この記事へのトラックバック一覧です: 超安価な料理 「トンコマキャベツ」:

« 花粉症には「べにふうき」 | トップページ | デコポンジュースを作った »